ミストレスランド 1 本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【34】『獣愛貫通』 著者=TYPE.90 (ティーアイネット)
特選AVレビュー『ムッチムチギャルの騎乗杭打ちピストン 双葉ゆきな』(ドリームチケット)
M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」管理人・ゼロマスター氏インタビュー&撮影現場直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『エッチな女子校生に尻責めされるM男』(シネマジック)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年6月号
特選AVレビュー『お兄ちゃん、教えてフラフープ!妹まこはドM爆乳フラフープ!』(チェリーズれぼ)
今年も始まるフランス映画祭!カトリーヌ・ドヌーヴに、ヴァーホーヴェンに、ドワイヨンに......と大物ぞろいの中、意外とトラン・アン・ユン監督がよかった「フランス映画祭2017」直前レビュー!!
ひとりの男の光と影 Photo book『哀しき熱帯 奈加あきらの靑 Tristes Tropiques: Akira Naka's Blue』発売中!!
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第56回
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】後編
特選AVレビュー『保険屋グラマラス 西園さくや』(HMJM)
大人の女の羞恥トークイベント「艶声春画~第二回 露出と窃視~」開催!!
特選AVレビュー『極縄 桃瀬ゆり×奈加あきら』(バミューダ)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【3】
特選AVレビュー『超 やりたい放題1 藤井有彩』(PRESTIGE)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【2】
特選AVレビュー『夫の留守中に巨根に欲情する人妻 - 松うらら』(ドグマ)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【1】
特選AVレビュー『接吻のち、孕ませ。 あべみかこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『これマジ!?女体に【憑依】できる男は実在した!』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
エロギャルビキニ(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.29(大洋図書)
人妻 この世はエロドラマSP(ミリオン出版)
色狂いの団地妻(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.10(ミリオン出版)
giri giri Vol.18(大洋図書)
俺の旅 2017年7月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年7月号(ミリオン出版)
覗かれた 人妻エロスDX(ミリオン出版)
別冊投稿キングDVD 2017年7月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

ついに読者がスナイパーSNSから飛び出した!
読者様の読者様による読者様のためのSM体験
大好評の読者参加型企画、今回の体験レポートは先日に引き続き「個人的にお付き合いできるM女性を大募集中」という真性S男性・豊田さんが担当です。訪ねたお店は東京・池袋にある老舗SMクラブ『無我』さん。お相手してくれたのは三十路女性ながらロリータの香りもするエロカワM女性「ゆうか」さんです。SMには子供の頃から興味を持っていたというゆうかさん。果たしてプレイの行方は......。撮れたての動画&レポートを全3回に分けてお届けしています!!
 | 
↑ゆうかさんを全裸にして改めてボディチェック。敏感さがさらにアップしているようです。

↑そんなゆうかさんを四つん這いにさせてお尻の穴を開く豊田さん。

↑マッサージの後、指をズブズブと埋め込んでいきます。

↑「ほうら、すっぽり入っちゃった」と指をグリグリ回転。ゆうかさんの切ない声が響きます。

↑「ゆうかはお尻の穴で感じる変態です」と言わせ、アナルバイブを挿入。

↑バイブを動かされ、「ああっ、ああっ!」と声を上げるゆうかさん。

↑かなり長さのあるバイブが根元まで直腸に埋まっています。

↑続けてアナルパールを挿入。腰が卑猥に上下します。

↑お尻の肉をグイと開いて、パールを一粒ずつ肛門内部へ埋め込んでいきました。

↑「ああっ、気持ちいい!」と淫らな声でヨガリ鳴くゆうかさん。

↑ほとんどのパールが埋まりました。その端を尻尾のように生やさせたまま、肉裂をネチネチと玩弄。

↑パールを抜いた後、指を2本まとめて挿入し、入り口をさらに拡張していきます。
「それじゃあ、ゆうかのお尻で遊ばせてもらおうかな」

アナル責めが大好きな私にとって、アナルが感じるというゆうかさんは最高の奴隷です。ベッドの上で四つん這いにさせると、その引き締まったお尻を撫で回します。

「お尻の穴が丸見えだよ」
「ああ、恥ずかしいです」
「そうだね、こんなところ見られちゃうなんて恥ずかしいね。ああ、いやらしそうなお尻の穴だね」

私は左右に広げたり、指先を触れさせたりして、ゆうかさんの肛門を弄びます。

そして、ローションを塗りこみ、人差し指をゆっくりとその窄まりの中心にあてがいます。

「ほら力を抜いてごらん」
「あ、ご主人様の指が入ってきます」

ゆうかさんの窄まりは、私の指を飲み込んでいきます。そしてその締め付けの強烈さに驚かされました。

普通、肛門というものは、入り口の部分だけが締め付けるのですが、ゆうかさんの肛門は奥のほうまで締め付けてきます。締め付ける部分が広いわけです。これは肛門括約筋が発達しているということなのでしょうか。

ゆうかさんは、ごく、たまにいるアナル名器の持ち主だと私は確信しました。

「ああ、ご主人様、気持ちいいです」

私が指を中でぐりぐりと動かすと、ゆうかは甘い声を上げて反応します。締め付けだけでなく感度もいいようです。

「こんなところに指を入れられて感じるなんて、変態だぞ」
「はい、ご主人様、ゆうかは変態です」
「ゆうかはお尻の穴で感じる変態なんだな」

続いてアナルバイブを挿入します。スイッチを入れると、ゆうかさんのお尻が跳ね上がります。

「ああっ、ご主人様、気持ちよくなっても、いいですか」
「いいぞ。可愛い声を聴かせてごらん」

ブルブルと振動するアナルバイブを出し入れしていくと、ゆうかさんの声も次第に大きく、甘い物へと変わっていきます。

「あ、あ、ああっ。はぁ、はぁ......」

アナルで感じる女性を責めるのは何よりも楽しいことです

「ああ、奥まで、入れて下さい。お願いします」
「そんなにゆうかは、お尻の穴を責められるのが好きなのか」
「あっ、はい。お尻、大好きです」
「ようし、じゃあ、今度はこれを入れてやろう」

私はアナルパールを取り出しました。大きなパールが連なった責め具です。それをゆうかさんの肛門へ押し込んで行きます。パールがひとつ入る度に窄まりが大きく広がります。

「ほうら、どんどん入るよ。また一個入っちゃったよ」

私は、パールを入れたり出したりします。肛門が広がったり窄まったりするのがいい眺めです。そしてその動きの度に甘い声をあげるゆうかさんの反応もたまりません。

「お尻の穴にこんなもの入れられて嬉しいの?」
「ああ、ご主人様。いっぱい犯されてうれしいです」

この後のお楽しみのことを考えて、もう少しここを拡張しておきましょうか。人差し指と中指を同時にゆうかさんの肛門へと沈めます。男の指二本となると、かなりの太さですが、ゆうかさんの肛門はそれを飲み込んでしまいます。グイグイと締め付けてくる感触がたまりません。

ああ、これは本当にアナル名器だ。私はうっとりしてしまいます。

(続く)
動画を公開中!

肛門嬲りで激しく感じ昂ぶり、
艶腰をクイクイ動かしてマゾの快楽に酔い痴れる


関連リンク

取材協力東京・池袋「無我」

●TEL 03-3980-3774
●エリア 池袋北口
●営業時間 営業時間 10:00~27:00
●料金 60分13000円~

モデル=「ゆうか

33歳。T155 B80(B) W58 H83 。性感帯は「くり」。趣味は読書。 「 入店したばかりで何もわからないのでご主人様、いろいろ教えてください。よろしくお願いいたします」

関連記事

読者代表 豊田がイク!
toyoda07_index.JPG
第25回 東京・鶯谷「SM倶楽部ラ・マン」ともみさん

●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼株式会社大洋図書 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

toyoda-prof.jpg
豊田
都内在住の40代半ば。プライベートでも数人のM女を調教してきましたが、現在はパートナー募集中です。羞恥プレイに燃えるM女の方、お待ちしております。得意なプレイは言葉責めです。Mプレイにも一度挑戦してみたいと思いつつ、なかなか一歩踏み出せません(笑)。
 |