女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 2 本家三行広告 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

ついに読者がスナイパーSNSから飛び出した!
読者様の読者様による読者様のためのSM体験
怒濤の快進撃を続ける読者参加型企画、今回のレポーターはプライベートでもM女性のパートナーを持つという生粋のS男性・豊田さんです。訪ねたお店は東京・麻布のSMクラブ「Club ART」さん。お相手をしてくれたのは全身からエッチなフェロモンが滲み出している妖艶なM嬢「みちる」さんです。聞けばお仕事以外でも変態プレイに興じて痴態を演じまくっているというみちるさん。その本性がすっかり剥き出しになる最終章です!!
 | 
↑レンズの向こうに読者の視線を感じながらのオナニー。クチュクチュと淫らな音が響きます。

↑見れば二本の指がズッポリ!!

↑内部をたっぷり掻き回した後は指先でクリトリスをゆっくりとなぞり上げます。息がどんどん荒くなり、そのまま一気に絶頂へ。

↑そろそろプレイも終盤です。濃厚なキスを合図に二人の身体がもつれ合っていきました。

↑ここまでのプレイで何度もイッた後だというのに、みちるさんの身体はいまだに火照りっぱなし。

↑ここまで感じさせてくれたお礼とばかりに丁寧な口舌奉仕が始まりました。

↑豊田さんの乳首を舐め回した後は咽喉奥まで咥え込む生フェラ。

↑湿った音を高鳴らせながら裏筋も丹念に舐め上げて......。

↑玉舐め、そして肛門舐めへと移っていきます。豊田さんのペニスも限界まで張り詰めています。

↑最後は豊田さんがみちるさんの両手を拘束してイラマチオを披露。この屈辱的な体勢にみちるさんのマゾ性も大炎上!!

↑そしてこの顔です。口から溢れ出した精液がよく似合う、みちるさんはそんなタマラナイM嬢なのです。
「はぁぁぁ、イキます、イキますぅ!」

ぐったりと倒れ込んだみちるさんを抱き起こします。

「ほら、イッた顔をちゃんと見てもらいなさい」

私はみちるさんの顔をカメラに向けました。

「ああ、ごめんなさい」
「どうされてイッたの?」
「おまんことクリをいじっていただいて、イキました」

言いながら、自然にみちるさんの指は自分の股間に伸びています。

大股開きでの恥ずかしいオナニー。

「ほら、みちるの恥ずかしい姿を全部カメラで撮られているよ」

私は、ビデオカメラの液晶モニターをみちるさんの方に向けました。

「ほら、何が映ってる?」
「ああ〜。みちるの、おまんこが......」

そして、みちるさんはまたイッてしまいました。何度でも、何度でもイッてしまう敏感すぎる体なのです。

「自分ばっかり気持ちよくなってていいのかな」
「ああ、いけません。ああっ」

そう答えながらも、私が乳首をつまむとまた感じでしまい息を荒らげます。これではいつまでたっても進みませんね(笑)。

さて、そろそろみちるさんにご奉仕させましょう。

「失礼します」

まずはキスから。ねっとりとした熟女のキス。舌を濃厚にからませてきます。私のシャツをめくりあげて、乳首舐め。

そしてうれしそうに私のすっかり固くなったペニスを頬張ります。

丁寧に亀頭を舐めまわし、ジュボジュボと口の中へ出したり入れたり。

「おちんちん......ご主人様の......」

満面の笑顔で、そんなことをつぶやいたりします。

亀頭だけではなく、横も根元も。そして竿をシゴキながらも、袋や肛門へと舌を這わせます。

たっぷり、じっくりのアナル舐めは極楽です。ずっと一箇所を舐めるのではなく、広い範囲にぺろぺろと舌を這わせていくのです。

みちるさん、かなりのテクニシャンと思われます。フェラも舌遣いもかなりのものです。

あまり気持ちがいいので、このままではただのヘルスプレイになってしまいそう(笑)。なので、私はここで立ち上がり、仁王立ちフェラをさせ、さらにみちるさんの腕を持ち上げて、その口へジュボジュボとピストンさせるイラマチオに切り替えました。

みちるさんの口を強引に犯すような激しいイラマチオです。

その感触をたっぷり楽しんでから一気に放出。みちるさんの口の中にドクンドクンと流し込みました。

その精液を掌に出させようかと思ったら、なんとみちるさん、飲んでしまったようです。

いやぁ、道具をほとんど使わなかったんですが、みちるさんのM女っぷりが素晴らしく、ちゃんとSMプレイとして楽しめましたね。

道具に凝るのもいいけれど、やっぱりSMは相手の反応があってのことだなと思いました。ひたすら感じまくり、イキまくるみちるさんは最高のM女ですね。

しかし、本当に窓の向こうで見ていた人、いたかもしれませんね......。

文=豊田

熟練のテクで魅せる濃厚なフェラチオが止まらない......
白濁液をゴクリと飲み干して陶然とする凄艶なるクライマックス!!

関連リンク

取材協力東京・麻布 「Club ART」

●TEL 03-6459-4062
●エリア 麻布発〜
●営業時間 12:00〜24:00
●料金 60分 23,000円

yuki10-1-prf2.jpg
モデル=「みちる

T163・B86(C)・W60・H88 。性感帯は全身。趣味は料理、アート。
「どこまでも底なしのマゾヒストなみちるさん。 彼女の辞書に『お許し下さい』の文字はありません。 もしみちるさんがその言葉を発したなら、あなたはS冥利につきるでしょう。」(お店談)

関連記事

第8回 東京・五反田「熟成ドM塾」あかねさん
【1】>>>【2】>>>【3】

●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼ワイレア出版株式会社 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

toyoda-prof.jpg
豊田
40代半ば。プライベートでは数人のM女を調教してきたがいずれもソフトSMプレイどまり。この体験取材を通して、もっと立派なSに成長したいと思っております。好きなプレイは言葉責めとアナル責めです。
 |