Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
アクセスアップ
新刊情報
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年5月号(大洋図書)
JK SPECIAL(大洋図書)
人妻(裏)撮りSP(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.7(大洋図書)
エロき農村の妻(ミリオン出版)
激撮! Vol.4(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Cinema
『ゴッド・ブレス・アメリカ』2012年7月28日 公開
『ナナとカオル 第2章』2012年9月8日 公開
『こっぴどい猫』2012年7月28日 公開
『クーリエ -過去を運ぶ男-』2012年7月7日 公開
『アタック・ザ・ブロック!』2012年6月23日 公開
「ネイビーシールズ』2012年6月22日 公開
『スープ ~生まれ変わりの物語~』2012年7月7日 公開
「20th アニバーサリー フランス映画祭 Festival du Film Français au Japon 2012」先行レビュー
『先生を流産させる会』2012年5月26日 公開
『ラブド・ワンズ』2012年6月9日 公開
『ミッドナイトFM』2012年5月56日 公開
『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』2012年5月5日 公開
『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』2012年4月28日 公開
『彼女について知ることのすべて』2012年5月19日 公開
『SR3 サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』2012年4月28日 公開
『ルート・アイリッシュ』2012年3月31日 公開
『コーマン帝国』2012年4月7日 公開
『第九軍団のワシ』2012年3月24日 公開
『容疑者、ホアキン・フェニックス』2012年4月28日 公開
『へんげ』2012年3月10日 公開
『ゾンビアス』2012年2月25日 公開
『おとなのけんか』2012年2月18日 公開
『昼下がり、ローマの恋』2012年2月18日 公開
『ヤング≒アダルト』2012年2月25日 公開
『父の初七日』2012年3月3日 公開
『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』2012年2月4日 公開
『ピナ・バウシュ 夢の教室』2012年3月3日 公開
『ハンター』2012年2月4日 公開
『預言者』2012年1月21日 公開
『ザ・フィールド』2012年2月4日 公開
『東京プレイボーイクラブ』2012年2月4日 公開
『アニマル・キングダム』2012年1月21日公開
『オジー降臨』2011年12月17日公開
『宇宙人ポール』2011年12月23日公開
『月光ノ仮面』2012年1月14日公開
『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』2011年11月26日公開
『天皇ごっこ』2011年10月29日公開
『人喰猪、公民館襲撃す!』2011年10月22日公開
『吉祥寺の朝日奈くん』2011年11月19日公開
エロバリ第二弾『姉妹狂艶』2011年10月29日公開
『ハラがコレなんで』2011年11月5日公開
『エイリアン・ビキニの侵略』2011年10月22日公開
『ウィンターズ・ボーン』2011年10月29日公開
『イースターラビットのキャンディ工場』2011年8月19日公開
『女と銃と荒野の麺屋』2011年9月17日公開
『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』2011年8月27日公開
『家族X』2011年9月24日公開
『アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜』2011年8月13日公開
『BIUTIFUL ビューティフル』2011年6月25日公開
『ミラル』2011年8月2日公開
『ムカデ人間』2011年7月2日(土)公開
『スーパー!』2011年7月30日(土)公開
『ミスター・ノーバディ』2011年4月30日(土)公開
『Three☆Points-スリー☆ポイント-』2011年5月14日(土)公開
『バビロンの陽光』2011年6月4日(土)公開
『ビー・デビル』2011年3月26日(土)公開
『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』2011年4月29日(土)公開
『台北の朝、僕は恋をする』2011年3月12日(土)公開
『ナナとカオル』2011年3月12日(土)公開
『アンチクライスト』2011年2月26日(土)公開
『君を想って海をゆく』2010年12月18日(土)公開
『トスカーナの贋作』2011年2月19日公開
『オボエテイル』2011年1月公開
『その街のこども 劇場版』2011年1月15日公開
『堀立川中売』2011年3月より京都シネマ、シネマート心斎橋で公開
『モルモット』2011年1月8日(土)〜14日(金)公開
『442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍』2010年10月23日公開
 『極悪レミー』2010年12月3日公開
Love&Eros CINEMA COLLECTION 「いつもより素敵な夜に」2010年10月30日公開
Love&Eros CINEMA COLLECTION 『愛するとき、愛されるとき』2010年10月9日公開
『スープ・オペラ』2010.10.02日公開
『ロストパラダイス・イン・トーキョー』2010.09.18日公開
『ミックマック』2010.09.18日公開
『リアル鬼ごっこ2』2010.06.5日公開
『ムラサキカガミ』2010.06.5日公開
『アイガー北壁』2010.03.20日公開
『奴隷船』2010.03.6日公開
『パレード』2010.02.20日公開
『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』2010.02.06日公開
『あがた森魚ややデラックス』 2009.10.10公開
noriben001index.jpg
『フローズン・リバー』 2010.1.30公開
noriben001index.jpg
『アサルトガールズ』 2009.12.19公開
noriben001index.jpg
『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』 2009.10.24公開
noriben001index.jpg
『のんちゃんのり弁』 2009.9.26公開
『バッド・バイオロジー 〜狂った性器ども〜』 2009.6.6公開
『精神』 2009.6.13公開
『バサラ人間』 2009.4.28公開
『櫻の園 -さくらのその-』 2008.11.8公開
『ウォー・ダンス / 響け僕らの鼓動』 2008.11.1公開
『縛詩―BAKUSHI―』 2008.10.11公開
『消えたフェルメールを探して 絵画探偵ハロルド・スミス』 2008.9.27公開
『シャカリキ!』 2008.9.6公開
『リダクテッド 真実の価値』 2008.10.25公開
『ルー・リード/ベルリン』 2008.9.27公開
『青空ポンチ』 2008.9.13公開
『sadistic mica band』 2007.10.13公開
『めがね』 2007.9.22公開
『選挙』 2007.6.9公開
『14歳』 2007.5.19公開
Book
『おと☆娘(おとニャン)VOL.8』(ミリオン出版)
『若葉の -少年期-』 (大洋図書)  原作=橘紅緒 イラスト=北畠あき乃
『パパ'sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~』(大洋図書)  著者=SHOOWA
『人間仮免中』(イースト・プレス)  著者=卯月妙子
『美少女ゲーム声優のお仕事』(ミリオン出版)
『希望論―2010年代の文化と社会』(NHKブックス No.1171)  著者=宇野常寛、濱野智史
『ティム・ガンのゴールデンルール』(宝島社)  著者=ティム・ガン
『女子をこじらせて(ポット出版) 』 著者=雨宮まみ
『えんどうくんの観察日記』(大洋図書)  著者=ハヤカワノジコ
『全米No.1ファッションアドバイザーが教える 誰でも美しくなれる10の法則 』 (宝島社) 著者=ティム・ガン/ケイト・モロニー
「いま集合的無意識を、」 著者=神林長平 (『S-Fマガジン 2011年 8月号』/早川書房 所収)
『正しい貧乏青年の食卓』(ポット出版)  著者=ライノ曽木
『STEINS;GATE─シュタインズゲート─ 円環連鎖のウロボロス(1)』 (富士見ドラゴン・ブック)  著者=海羽超史郎
tameiki_index.jpeg
『「ガンダム」の家族論 』(ワニブックスPLUS新書)  著者=富野由悠季
tameiki_index.jpeg
セックスメディア30年史欲望の革命児たち 』(ちくま新書)  著者=荻上チキ
tameiki_index.jpeg
『突然、僕は殺人犯にされた〜ネット中傷被害を受けた10年間(竹書房)』著=スマイリーキクチ
tameiki_index.jpeg
『構造の原理(アトリエサード)』 著者=林良文
tameiki_index.jpeg
『戦後エロマンガ史』(青林工藝舎)著者=米沢嘉博
tameiki_index.jpeg
『神話が考える (青土社)』 著者=福嶋亮大
tameiki_index.jpeg
『トゥー・エスプレッソ(太田出版)』著=高浜寛
tameiki_index.jpeg
『アニソンバカ一代〜アニメ&特撮ソング史上最多555曲濃縮読本(K&Bパブリッシャーズ)』著者=キムラケイサク
tameiki_index.jpeg
『Ex-formation はだか(平凡社)』 著者=原研哉+武蔵野美術大学 原研哉ゼミ
tameiki_index.jpeg
『劇画家畜人ヤプー【復刻版】(ポット出版)』著者=石ノ森章太郎 原作=沼正三
tameiki_index.jpeg
『愛の小さな歴史(株式会社インスクリプト)』港千尋=著
tameiki_index.jpeg
『絶対君主症候群 (日本文芸社)』著=イワシタ シゲユキ
tameiki_index.jpeg
『杉浦康平のデザイン』(平凡社新書) 著者=臼田捷治
tameiki_index.jpeg
『手塚治虫エロス1000ページ(INFASパブリケーションズ)』上下 著=手塚治虫
tameiki_index.jpeg
『狂人失格(太田出版)』著者=中村うさぎ
tameiki_index.jpeg
『月刊ニュータイプ 2010年3月号 The 300th ANNIVERSARY SPECIAL(角川書店)』
tameiki_index.jpeg
『シューゲイザー・ディスク・ガイド(株式会社ブルース・インターアクションズ)』
tameiki_index.jpeg
『ザ・エディット/エディット・ミュージック・ディスク・ガイド(ブルース・インターアクションズ)』 著者=エディット・カンファレンス
tameiki_index.jpeg
『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』 (ソフトバンク新書)著者=前島賢
tameiki_index.jpeg
『歌舞伎町で待ってます―風俗嬢れもんの青春物語(メタモル出版)』著者=牧瀬 茜
tameiki_index.jpeg
『RE:EV(ソニクネイション)』編集・発行=さやわか
tameiki_index.jpeg
『15×24(集英社)』 著者=新城カズマ
tameiki_index.jpeg
『禁断異系の美術館2 魔術的エロスの迷宮(書苑新社)』 著者=相馬俊樹
tameiki_index.jpeg
『VICE A FILM ISSUE(Vice Japan)』
tameiki_index.jpeg
『溜息に似た言葉〜セリフで読み解く名作(ポット出版)』著者=岩松了
『小妻容子秘画帖 豊艶の濫り(大洋図書)』著者=小妻容子
『エロスの原風景 江戸時代〜昭和50年代後半のエロ出版史(ポット出版)』著者=松沢呉一
『懺悔録〜我はいかにしてマゾヒストとなりし乎〜(ポット出版)』著者=沼正三
『マンガ論争勃発2(マイクロマガジン社)』編著=永山薫/昼間たかし
『姉と女装とエロ漫画家(富士美出版)』 著者=幾夜大黒堂
『化物語(講談社)』 著者=西尾維新
『切腹之書 第二号(しまや出版)』 製作=早乙女宏美
『レッド(講談社)』 著者=山本直樹
『月光橋はつこい銀座(幻冬舎)』 著者=イシデ電
『灰色猫のフィルム(集英社)』 著者=天埜裕文
『いつまでもデブと思うなよ(新潮社)』 著者=岡田斗司夫
『儚い羊たちの祝宴(新潮社)』 著者=米澤穂信
『パンドラvol.2 SIDE-B(講談社)』
『銭ゲバ(幻冬舎)』 著者=ジョージ秋山
『真理先生(青林工藝舎)』 著者=根本敬
『ディスコ探偵水曜日(新潮社)』 著者=舞城王太郎
『素っ頓狂な花(小学館)』著者=武嶌波
『Hang Reviewers High(ミニコミ)』 著者=ソメル
『ガラスの仮面 /43(白泉社)』 著者=美内すずえ
『定本 宮本から君へ /1(太田出版)』著者=新井英樹
『百舌谷さん逆上する/2 (講談社)』 著者=篠房六郎
『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で(筑摩書房)』 著者=水村美苗
『ONE PIECE/52(集英社)』 著者=尾田栄一郎
『最後の性本能と水爆戦(ワニマガジン社)』著者=道満晴明
『拡散 上・下(エンターブレイン)』著者=小田ひで次
『ストーリーメーカー 創作のための物語論(アスキー・メディアワークス)』 著者=大塚英志
Striptease de Japan 『SdJ 4(Round Stage)』 編集人=樫間慎一
『蟹工船 1巻(新潮社)』漫画=原恵一郎 原作=小林多喜二
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり
『アーキテクチャの生態系 情報環境はいかに設計されてきたか(NTT出版)』 著者=濱野智史
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子
『PLANETS vol.5(第二次惑星開発委員会)』発行人=宇野常寛
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行
『ケータイ小説的。"再ヤンキー化"時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛
『オンナノコになりたい!』 著者=三葉
『SとM』 著者=鹿島茂
『世界のサブカルチャー』 監修=屋根裏
『娼婦学ノート』 著者=伊藤祐作
Photo
tameiki_index.jpeg
『SUMO』(Morel Books)  著者=Craig McDean
tameiki_index.jpeg
『話す写真 見えないものに向かって』著=畠山直哉
tameiki_index.jpeg
「光 松本陽子/野口里佳」国立新美術館 文=小菅智和『VICE MAGAZINE』
tameiki_index.jpeg
『Studio(Steidl)』 著者=Paolo Roversi
佐藤謙吾 写真展『サイレント・フィクション』 文=小菅智和『VICE MAGAZINE』
インベカヲリ★ グループ展 『美化されたタブー』  文=小菅智和『VICE MAGAZINE』
Music
『もしもし原宿』 きゃりーぱみゅぱみゅ
anime
『謎の彼女X 1』(キングレコード)
『氷菓 限定版 第1巻』 [Blu-ray] (角川書店)
山本寛監督アニメ『フラクタル』全話レビュー
Others
『気弱なメイドさんにセクハラをする!』(おちん☆太郎)
『睡姦 眠る姉は中出しセックスし放題』(空色にゃんにゃん)
『全国共通!お○こ券3』(HAPPY STUDIO)
『全裸登校訓練』(サークル4H)
2012年5月5日(土)開催「COMITIA100」!!
映画『ピープルvsジョージ・ルーカス』Blu-ray発売!!
2012年2月5日(日)開催「COMITIA99」!!
2011年10月30日(日)開催「COMITIA98」!!
2011年8月21日(日)開催「COMITIA97」!!
2011年5月5日(木)開催「COMITIA96」!!
2011年2月13日(日)開催「COMITIA95」!!
『黄金花 −秘すれば花、死すれば蝶−』DVDレビュー!!
『セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド』DVDレビュー!!
2010年8月29日(日)開催「COMITIA93」!!
design_festa_pamph_index.jpg
2010年5月4日(祝)開催「COMITIA92」!!
design_festa_pamph_index.jpg
2010年2月14日(日)開催「COMITIA91」!!
東京大学院特別講義「コンテンツ・サービス論」を受講する!!
安田理央責任編集 SUPER INDEPENDENT ADULT DVD MAGAZINE 「No1 in HEAVEN」Vol.2!!
『the far fog〜The Collection of 60's-70's Vintage French Pin-ups』展、開催中!!
コミックマーケット76 頒布作品紹介
私たちの夏コミ、おすそわけします!
"本"と私たちの新しい関係を巡って
design_festa_pamph_index.jpg
資料から立ち現れるスペクタクル -「資料性博覧会」主催・まんだらけ國澤氏インタビュー
design_festa_pamph_index.jpg
同人誌にとらわれない自主制作文化の可能性へ向かってオンラインショップ「Lilmag」野中モモインタビュー
design_festa_pamph_index.jpg
同人誌の可能性を拡大する『京都、春。』「ルビコンハーツ」加野瀬未友インタビュー
design_festa_pamph_index.jpg
読者と漫画を新たな"回路"で繋ぐ漫画専門店、秋葉原「ダンジョンブックス」の試み
design_festa_pamph_index.jpg
2009年10月24日(土)〜デザイン・フェスタ vol.30開催中!
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!!
海外雑誌との付き合い方
"ZINE"≠ART BOOK?
"ZINE"≠同人誌・ミニコミ?
安田理央責任編集「No1 in HEAVEN」 Vol.1の実力
「あずまんが」が還ってくる!? "あずまんが"ってご存知ですか?
「新しいスタイル提案の融合」を掲げるリノベーションホテル『クラスカ』
特選アブノーマル・マニア展覧会 美少女羞恥緊縛図絵『北陸の秘画礼賛』
毛皮族のアラビアンナイツバイオレンス 『暴れて嫌になる夜の連続』 レビュー!
「初音ミク」、ただいま調教中!?
えっ、ガンダム!? 自衛隊の秘密兵器を追え!
ピンク映画スチール写真集/田中欣一撮影『SEX CINE-MATRIX』先行WEBプレビュー!
毛皮族の軽公演 『初夏の軽演劇@リトルモア地下』
00.01.01更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル オフィシャルログブック』

編:アニメディア編集部
発売日:2011年5月10日
ISBN-13:978-4056063042
出版社:学習研究社

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証してきた連載、いよいよ『フラクタル』を総括する最終回です!!
12.03.11更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。次回の総括を控え、いよいよ最終回の鑑賞です!!
12.03.04更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
“終われない世界”に、立ち向かう決意を。
『フラクタル B5下敷き(スンダ&エンリ)』

発売日:2011年3月
ASIN:B004RDLOYM
メーカー:ジェイエム

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.02.26更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル トレーディングカード BOX』

発売日:2011年8月25日
ASIN:B005DJ8NSE
販売元:ムービック

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.02.19更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
“終われない世界”に、立ち向かう決意を。
フラクタル オリジナル・サウンドトラック(エピックレコードジャパン)

音楽:鹿野草平
発売日:2011年4月27日
ASIN:B004OUK322
販売元:エピックレコードジャパン

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2011年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.02.12更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル(3)』(ガンガンコミックスONLINE)

著者:赤\xFAア睦美
原作:マンデルブロ・エンジン(山本寛・岡田麿里・東浩紀)
発売日:2012年1月21日
ISBN:978-4757534797
販売元:スクウェア・エニックス

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2011年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.02.05更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル(2)』(ガンガンコミックスONLINE)

著者:赤\xFAア睦美
原作:マンデルブロ・エンジン(山本寛・岡田麿里・東浩紀)
発売日:2011年7月22日
ISBN:978-4757532885
販売元:スクウェア・エニックス

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.01.29更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル(1)』(ガンガンコミックスONLINE)

著者:赤\xFAア睦美
原作:マンデルブロ・エンジン(山本寛・岡田麿里・東浩紀)
発売日:2011年1月22日
ISBN:978-4757531246
販売元:スクウェア・エニックス

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.01.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第4巻Blu-ray』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年7月22日
品番:TBR21094D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.01.15更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第3巻DVD』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年6月24日
品番:TDV21097D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.01.08更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第2巻DVD』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年5月27日
品番:TDV21096D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
12.01.02更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第1巻DVD』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年4月22日
品番:TDV21095D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
11.12.24更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |
(C)キャラホビ実行委員会
(C)大河原邦男/キャラホビ実行委員会 
(C)吉崎観音/キャラホビ実行委員会
2010.08.28 Sat -08.29 Sun Makuhari Messe
8月28日(土)・29日(日)
幕張メッセ国際展示場1・2・3ホールにて開催
トイ・ホビー・アニメ・映像・ゲーム・出版等、様々なジャンルの企業オフィシャルブースや、多彩なゲストが登場するステージ、イベント限定の版権許諾マーケットなど、キャラクターとホビー文化を融合させた参加型エンターテインメントイベント、2日間!
10.08.27更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
WEB SNIPER編集部 |

↑「なつかしの美少女エロ漫画を語る会」オープニング。左から浦嶋嶺至、眠田直、ねぐら☆なお、稀見理都の各氏(6月25日・ネイキッドロフト)

2010.06.25 Fri at NAKED LOFT
イベント「なつかしの美少女エロ漫画を語る会」
2010年 6月25日(金) 於・東京・新宿「ネイキッドロフト」
1980年代初頭、SFファンジンからロリコン/美少女コミックというムーブメントが生まれました。 それは短い期間で『プチ・アップルパイ』、『美少女症候群』や『レモンピープル』に『ロリポップ』、そして『漫画ブリッコ』を経て、やがて『ペンギンクラブ』に端を発するエロ漫画誌の時代へと移り変わっていきます。 歴史的にも貴重でレアな証言が満載だったユニークなイベント「なつかしの美少女エロ漫画を語る会」のレポートを添えながら、漫画評論家・永山薫氏に80年代初期ロリコン漫画誌の時代を振り返っていただきました。
10.08.21更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=永山薫 |
劇場版『涼宮ハルヒの消失』パンフレット
WEB sniper holiday's special contents
2010春の連休特別企画
劇場版『涼宮ハルヒの消失』パンフレット
発行=2010年2月6日

春の連休特別企画第3弾は絶賛公開中の『涼宮ハルヒの消失』について。名作と誉れ高い今作ですが、ファンが待ち望んだ映像化はTVアニメではなく、映画化というかたちをとりましたが、読者の皆さんはもう御覧になりましたか? ネタバレを含む記事ですので、未見の方はくれぐれもご注意を! ではばるぼらさんと編集部による『消失』談義をどうぞ。
10.03.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら | WEB SNIPER編集部 |
『聖痕のクェイサー』ディレクターズカット版 Vol.2
『聖痕のクェイサー』ディレクターズカット版 Vol.2 [DVD] 
発売元=ビクターエンタテインメント 発売日=2010年5月26日

WEB sniper holiday's special contents
2010春の連休特別企画

2010年、春の連休特別企画第2弾は、四日市さんと相馬俊樹さんが、巷で噂のアニメ 「聖痕のクェイサー」に斬り込む! Web上で有料配信されているディレクターズカット版では、TV放送では難しかった過激な描写が目白押しとか。そんな今期アニメ最大の問題作からおっぱいとキリスト教の秘密を探ります!
10.03.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=四日市 | 文=相馬俊樹 |
WEB sniper holiday's special contents
2010春の連休特別企画
「博麗神社 例大祭目録」 平成22年

去る3月15日(日)に、年に一度の東方project作品オンリー同人誌即売会「博麗神社例大祭」第7回が行なわれました。年を追うごとに参加人数は増加の一途、第6回となる昨年の参加サークル数は1000を越え、参加人数は約45000人だったとか。そして今回の「例大祭」第7回で手に入れた頒布物を、ばるぼらさんと四日市さんにご紹介いただきます!
10.03.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら | 文=四日市 |
WEB sniper weekend special contents
“本”と私たちの新しい関係を巡って
同人誌にとらわれない自主制作文化の可能性へ向かって
オンラインショップ「Lilmag」野中モモインタビュー


「どう見てもamazonで販売されるわけのない、独立出版専門店に卸すのすら面倒くさい冊子が何故か紹介されて、望めば買うこともできる場がネットにあったら楽しいのではないか」。ZINE、ミニコミ、アーティストブック、世界の同人誌、アートとサウンド、クラフトとD.I.Y等々、多種多様なインディペンデント・パブリッシングを扱うオンラインショップ「Lilmag」。いわゆる“同人誌”市場が肥大化するなかで、店主である野中モモさんが考える、小さな本たちと私たちの新しい出会い方とは?
10.03.07更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=四日市 |
「ティアズマガジン」vol.91
2010.2.14 Sun.at 有明・東京ビッグサイト東4ホール
「ティアズマガジン」vol.91
プロ・アマを問わないマンガ作家・イラストレーターたちが、自主出版した本・作品を発表・販売する展示即売会=コミティア。そこは作家たちが自分の個性を自由に発揮できる場であり、訪問者にとっては未知の表現に出会えるかも知れない宝の島。今冬のコミティアでは、はたしてどんな巡り合いがあったのでしょうか。 本日開催された「COMITIA91」の収穫物のレビューを、ネットワーカー・ばるぼら氏の速報でご紹介します!
10.02.14更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |
WEB sniper holiday's special contents
“本”と私たちの新しい関係を巡って
同人誌の可能性を拡大する『京都、春。』
「ルビコンハーツ」加野瀬未友インタビュー


A3サイズのフルカラー同人誌『京都、春。』を発表した同人サークル「ルビコンハーツ」。版型の大きさのみならず、直販ショップの自主運営による頒布や高精細印刷技術「Fairdot 2」の導入、桜の花の芳香印刷というユニークな仕掛けの活用など、その様々な試みが示す作り手の意図からは、同人誌による表現活動が直面している「今」が見えてくるようです。『京都、春。』を企画・製作した「ルビコンハーツ」の加野瀬未友氏をネットワーカー・ばるぼらさんが直撃、現場のお話から本と出版の未来を探ります。
10.02.11更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |
2009.11.01.sun-2009.11.13.fri at Vacant
アートディレクター・大類信が収集したヴィンテージ・ピンナップ写真の数々!

『BD SNIPER』 発行=ミリオン出版

1930〜70年代にパリで発行されていたヌード・グラビア誌『PARIS-HOLLYWOOD』。そこに掲載されていたピンナップのオリジナルプリントを肉眼で拝むチャンスが到来。さあ急げ! ところでコレクションの所有者である大類信は1980年代日本におけるボンデージ・ブームの仕掛け人であったが、そういや当時の日本のボンデージ・ブームってどんな構造を持っていたのだろうか? 展覧会を訪ねたネットワーカー・ばるぼら氏が、思索の網を広げて日本におけるボンデージの受け入れられ方を改めて俯瞰します。前後編の後編です。
09.11.08更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |
2009.11.01.sun-2009.11.13.fri at Vacant
アートディレクター・大類信が収集したヴィンテージ・ピンナップ写真の数々!

『the far fog〜The Collection of 60's-70's Vintage French Pin-ups』展フライヤー

1930〜70年代にパリで発行されていたヌード・グラビア誌『PARIS-HOLLYWOOD』。そこに掲載されていたピンナップのオリジナルプリントを肉眼で拝むチャンスが到来。さあ急げ! ところでコレクションの所有者である大類信は1980年代日本におけるボンデージ・ブームの仕掛け人であったが、そういや当時の日本のボンデージ・ブームって、どんな構造を持っていたのだろうか? 展覧会を訪ねたネットワーカー・ばるぼら氏が、思索の網を広げて日本におけるボンデージの受け入れられ方を俯瞰します。前後編の前編です。
09.11.04更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |
Special issue for Silver Week in 2009/
web sniper's book review.

2009シルバーウィーク特別企画
『ラブプラス』 メーカー=コナミデジタルエンタテインメント 発売=2009年09月03日

凜子と付き合いだして2週間、
『ラブプラス』の危険な魅力について語ってみる


「あなたは新しく引っ越してきた街“とわの市”で、女の子との運命的な出会いを体験します。 そこで“ともだち”として、2人だけの思い出を積み重ねていきます。 そして訪れる、“告白”という名の運命の日……」 。恋が成就してからの恋愛関係までをエンドレスにシミュレートできるという話題の恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』を、「やる夫がSM風俗に興味を持ったようです」でおなじみの田口こくまろさんが体験レビュー!! あなたは、萌えずにいられますか?
09.09.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=田口こくまろ |
Special issue for Silver Week in 2009/
web sniper's book review

2009シルバーウィーク特別企画/
WEBスナイパー総力特集!
特集『四コマ漫画とその周辺』
『四コマ漫画―北斎から「萌え」まで 』(岩波新書) 著者=清水勲

現代日本は漫画大国といわれるが、これは今に始まったことではない。江戸時代も同じで、あの『北斎漫画』には四コマ漫画の原点ともいうべき作品がある。以来、今日の「萌え」四コマまで、時代の世相・風俗を記録する四コマ漫画が描かれてきた。「サザエさん」「らき☆すた」など名作・話題作七六点を取り上げ、一九〇年の歴史をたどる。
09.09.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=相馬俊樹 |
2009.8.16 Fri.-19 Sun. at Tokyo Big Sight
“Comic Market 76 My Book Reviews”

コミックマーケット76 頒布作品紹介
私たちの夏コミ、おすそわけします!【5】

文=永山薫

貴方がコミケに向かう原動力は何だろう。そこにある楽しみとは、コミケで買ったものにしかない魅力とは。そんな誰かにとっての喜びをレビューから探る特別企画。5人のコミケフリークに今回の夏コミで手に入れた作品を自らレビューしてもらいます。最後を飾っていただくのは永山薫さんです。
アカイマサアキ『エリスII・鏡面反射』
(サークル名「Sol・i・taire-Publishing」)
09.08.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=永山薫 |
2009.8.16 Fri.-19 Sun. at Tokyo Big Sight
“Comic Market 76 My Book Reviews”
↑四日市さんの収穫物。

コミックマーケット76 頒布作品紹介!
私たちの夏コミ、おすそわけします!【4】

文=四日市

貴方がコミケに向かう原動力は何だろう。そこにある楽しみとは、コミケで買ったものにしかない魅力とは。そんな誰かにとっての喜びをレビューから探る特別企画。5人のコミケフリークに今回の夏コミで手に入れた作品を自らレビューしてもらいます。4人目の登場はポケモンスタンプラリーを制した男、四日市さんです!
09.08.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=四日市 |
2009.8.16 Fri.-19 Sun. at Tokyo Big Sight
“Comic Market 76 My Book Reviews”

コミックマーケット76 頒布作品紹介!
私たちの夏コミ、おすそわけします!【3】

文=安田理央

貴方がコミケに向かう原動力は何だろう。そこにある楽しみとは、コミケで買ったものにしかない魅力とは。そんな誰かにとっての喜びをレビューから探る特別企画。5人のコミケフリークに今回の夏コミで手に入れた作品を自らレビューしてもらいます。3人目の登場はWEBスナイパーおなじみの安田理央さんです!
『SM KITTY LAND 9』
(サークル名「いい人屋どすこい堂」)
09.08.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=安田理央 |
2009.8.16 Fri.-19 Sun. at Tokyo Big Sight
“Comic Market 76 My Book Reviews”
↑今回の収穫物。

コミックマーケット76 頒布作品紹介
私たちの夏コミ、おすそわけします!【2】

文=田口こくまろ

貴方がコミケに向かう原動力は何だろう。そこにある楽しみとは、コミケで買ったものにしかない魅力とは。そんな誰かにとっての喜びをレビューから探る特別企画。5人のコミケフリークに今回の夏コミで手に入れた作品を自らレビューしてもらいます。2人目の登場は大好評AA連載「やる夫が風俗に興味をもったようです」でおなじみの田口こくまろさんです!
09.08.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=田口こくまろ |
2009.8.16 Fri.-19 Sun.
at Tokyo Big Sight
Comic Market 76 My Book Reviews
コミックマーケット76 頒布作品紹介
私たちの夏コミ、おすそわけします!【1】

文=泉信行

貴方がコミケに向かう原動力は何だろう。そこにある楽しみとは、コミケで買ったものにしかない魅力とは。そんな誰かにとっての喜びをレビューから探る特別企画。5人のコミケフリークに今回の夏コミで手に入れた作品を自らレビューしてもらいます。トップバッターは私家版 同人誌『漫画をめくる冒険』シリーズ(ピアノ・ファイア・パブリッシング)で知られる泉信行さんです!
あらゐよしひこ『HEART OF THE DEAD 1.10』
(サークル名「東山神兵」)
09.08.22更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=泉信行 |
“本”と私たちの新しい関係を巡って
As to our new relationship with“book”

海外雑誌との付き合い方

文=ばるぼら

昨今ささやかれている出版不況ですが、本が売れていないのではなく、雑誌が売れていないというのが実情です。あまり元気がない日本の現状はさておき、では海外の雑誌はどうなっているのでしょうか。インターネットが普及した現在の海外雑誌との付き合い方を、ネットワーカーばるぼらさんにご案内いただきます。
『Baby Baby Baby』
09.07.26更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 パンフレット
発行=2007年9月01日
連休特別企画
WEB sniper holiday's special contents

ばるぼら × 四日市
対談『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破』
【後篇】

構成= ばるぼら・四日市
2009年、夏。WEBスナイパーが贈る連休の特別企画は、現在公開中の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』をめぐる緊急マニアック対談! ネットワーカー・ばるぼらさんと、自称「エヴァ豚」のエヴァ研究家・四日市さんが、エヴァ界隈の諸状況を網羅して痒いところを掻きまくり&重箱の隅をつつきまくります。アニメ偏差値が高すぎる2人のネタバレ上等な対談ですので、暴言・迷言・狂言はご容赦のほどを。昨夜に続いて、後編をお届けします!
09.07.20更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら | 文=四日市 |

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 パンフレット
発行=2009年6月27日
連休特別企画
WEB sniper holiday's special contents

ばるぼら × 四日市
対談『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破』
【前篇】

構成= ばるぼら・四日市
2009年、夏。WEBスナイパーが贈る連休の特別企画は、現在公開中の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』をめぐる緊急マニアック対談! ネットワーカー・ばるぼらさんと、自称「エヴァ豚」のエヴァ研究家・四日市さんが、エヴァ界隈の諸状況を網羅して痒いところを掻きまくり&重箱の隅をつつきまくります。アニメ偏差値が高すぎる2人のネタバレ上等な対談ですので、暴言・迷言・狂言はご容赦のほどを。前・後編二回に分けて特大ボリュームでお届けします!!
09.07.19更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら | 文=四日市 |
az.gif Does it know as "AZUMANGA"?

「あずまんが」が還ってくる!?
“あずまんが”ってご存知ですか?

文=ばるぼら

どうも最近「あずまんが」という文字列をよく見かける。しかもなにやら復活したらしい。もしかしてあの「あずまんが」だろうか。それはめでたい。遅ればせながらワタシも「あずまんが」について何か書こうと思う。
09.05.17更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
文=ばるぼら |
2009.02.23 Mon - 03.07 Sat
at vanilla gallery

『夢と白昼夢を描く異端の画家
キジメッカの超絶具象』



文=井上文



魁偉で、異観で、静謐――。見る者を果てしなき迷宮に誘う血まみれのドアがあなたに幾つもの謎かけをして意味なきことの意味を語りかける。
「わからない」ことの恍惚に浸りながら行く、向こう側の世界――
09.01.09更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
2009.01.19 Mon - 01.31 Sat
at span art gallery

『画家・森口裕二が描く
朧で淫美な幻想世界2009』



文=井上文



闇×ノスタルジー×美女×センチメンタル。艶やかな色遣いすら逆説的に陰湿であやふや。
幾重にも倒錯的な日本のエロティシズムを紡ぐ画家のオリジナリティとは。
注目の個展『沈黙』を前に振り返る、繊細な妖かしの根幹とその先にあるもの――
08.12.26更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
dante01-fr.jpg DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【最終回】

『DANTE 01』
監督: マルク・キャロ


文・翻訳=
DJハル吉


2001年に『アメリ』の大ブレイクで不動の地位を確立したジャン=ピエール・ジュネ監督と過去に共同監督をし映画『デリカテッセン』(1991年)『ロスト・チルドレン』(1995年)といった名作を世に送り出してきたマルク・キャロ監督。その後映画から離れていましたが今年初ソロ長編作品『DANTE 01』を公開しました。間もなく国内版DVDが発売されるキャロ監督にスポットを当てます!

08.11.13更新 | WEBスナイパー  >  レビュー

Copyright (c) 2008 by The Ilex Press Limited
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【9】

「Erotic Fantasy Art」
出版:ハーパー・コリンズ(米)


文・翻訳=
DJハル吉


ハリー・ポッターの大ブームでファンタジー系の小説、映画、イラスト、テレビゲームが2000年以降注目を浴びていますが、そろそろ子供向けはやめてオ・ト・ナのファンタジーを楽しみませんか? 約80アーティストが描く妖艶なファンタジー・ワールド「Erotic Fantasy Art」がイギリスの出版社アイレックス・プレス(北米配給はハーパー・コリンズ社)から発売されました!

08.11.06更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【8】

『No Wave:Post-Punk. Underground. New York.
1976−1980』


文・翻訳=
DJハル吉


1970年中ごろから80年にかけての短期間ではあったけれど、現在に至るまで大きな影響を及ぼしたロック/パンク・ムーブメントがニューヨークで勃興しました。既存のジャンルやスタイルに「NO」を突きつけ、あっという間に消えていった「NO WAVE」と言われたそのシーン。当時活躍したミュージシャンのインタビューと写真で構成された貴重な写真集が発売中。

08.10.30更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【7】

『Brand upon the brain!』
Directors:Guy Maddin


文=
DJハル吉


2006年に海外公開されたカナダのカルト監督ガイ・マディンの映画『Brand upon the brain!』。CGやHDビデオなどのデジタル全盛時代にスーパー8で撮影されたこのサイレント映画は、弁士、オーケストラ、音響効果が劇場で音を加えるという斬新なものでした。その作品が監督監修の下、ナレーション、音響、演奏を加えたバージョンとしてDVD化されました!

08.10.23更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【6】

「Fetish Dreams」
出版:Edition Skylight


文・翻訳=
DJハル吉


人の数だけフェチはあります。自分の好きなフェチとは? そして他の人が好むフェチとは? スイスの出版社「Edition Skylight」が今年発売した37名の写真家によるフェティッシュ写真集「Fetish Dreams」を中心に、お薦めフェティッシュ作品集を紹介します。「S&Mスナイパー」や「S&MスナイパーEVE」の表紙が大好きな貴方はお見逃しなく!


08.10.16更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【5】

『ルー・リード/ベルリン』後編

文・翻訳=
DJハル吉


映画『ルー・リード/ベルリン』公開中ですね! 皆さんはもう観ましたか? 66歳にして現役、超大物ミュージシャンでありながらアンダーグラウンド魂を未だに持ち続ける稀有な存在、ルー・リード。この映画でライブ演奏しているアルバム『ベルリン』は73年当時大不評だったわけですが、ルー・リードにはそれを越える大不評アルバムがもう一枚あるのです。後編。

08.10.09更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【4】

『ルー・リード/ベルリン』前編

文=
DJハル吉


映画『ルー・リード/ベルリン』公開中ですね! 皆さんはもう観ましたか? 66歳にして現役、超大物ミュージシャンでありながらアンダーグラウンド魂を未だに持ち続ける稀有な存在、ルー・リード。この映画でライブ演奏しているアルバム『ベルリン』は73年当時大不評だったわけですが、ルー・リードにはそれを越える大不評アルバムがもう一枚あるのです。前編。

08.10.02更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【3】

「Black Metal」
原作:Rick Spears
作画:Chuck BB


文・翻訳=
DJハル吉


劇場映画「デトロイト・メタル・シティ」が観たい。偶然ながら(意図的か?)同日公開されたヘヴィメタルドキュメンタリー「グローバルメタル」、そして9月27日からはドイツのメタルレーベルを取り上げた「Heavy Metal in the country」も公開。どうしたんだ今年は? メタルの当たり年か? よし、メタルネタもういっちょ追加!

08.09.25更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜日更新!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【2】

「HARDCORE EXTENDED」
Director:Richard Kern


文=
DJハル吉


1980年代ニューヨーク・イーストヴィレッジ、当時勃興しつつあったノイズインダストリアルやNO WAVEと言われるジャンルのミュージシャンを俳優として使い、アングラ映画界のカルト監督として名を馳せたリチャード・カーン。その彼の最新DVDはAV嬢のイメージビデオっぽいソフトな作品だった。果たしてリチャード・カーンは何処へ行こうとしているのか。後編。

08.09.18更新 | WEBスナイパー  >  レビュー
DJ Harukichi shouts at the crossing of music and Eros.
毎週木曜短期集中新連載開始!
DJハル吉の脳内性感ミックスアップ!
音楽とエロスの交差点【1】

「Richard Kern: Extra Action」
Director:Richard Kern


文=
DJハル吉


1980年代ニューヨーク・イーストヴィレッジ、当時勃興しつつあったノイズインダストリアルやNO WAVEと言われるジャンルのミュージシャンを俳優として使い、アングラ映画界のカルト監督として名を馳せたリチャード・カーン。その彼の最新DVDはAV嬢のイメージビデオっぽいソフトな作品だった。果たしてリチャード・カーンは何処へ行こうとしているのか。前編。


08.09.11更新 | WEBスナイパー  >  レビュー