本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.01.19 Mon - 01.31 Sat
at span art gallery

『画家・森口裕二が描く
朧で淫美な幻想世界2009』



文=井上文



闇×ノスタルジー×美女×センチメンタル。艶やかな色遣いすら逆説的に陰湿であやふや。
幾重にも倒錯的な日本のエロティシズムを紡ぐ画家のオリジナリティとは。
注目の個展『沈黙』を前に振り返る、繊細な妖かしの根幹とその先にあるもの――
 | 

森口裕二 個展『沈黙』

2009年1月19日(月)〜1月31日(土)
東京・銀座「スパンアートギャラリー」にて開催



『潮騒』

『トランク』
腕を固縛された女の秘部を巨大なカタツムリが這う。鍵の開いたトランクの中で少女が妖艶な笑みを浮かべて詰まっている。水着の内側にタコを宿した女が吸盤のついた脚で全身を絡め取られている。それら淫靡な女体の背景にある、闇。森口氏の描く女性の白い肌がとりわけ美しく感じられるのは、氏が女性の肌と一双をなすようにして、ある土壌としての闇を描いているからだろう。その土壌とは、文化的土壌とも精神的土壌とも生物的土壌とも、好きなように言えてしまいそうだ。面白いのは、幾通りもの見方をさせる曖昧さがあること、そのものではないだろうか。

四国の山村で生まれ育った森口氏は、自分の故郷を「閉鎖された田舎」と言い、故郷で小年時代に培ったのもが自分の最もオリジナルな部分なのだと以前インタビューした際に話してくれた。


『Kの魑魅魍魎たち』

「それがなくなったら本当に手探りになるよ。いや、手探りと言うより何も描けない。塗り絵よりもいい加減なものになってしまうよ」と。その立ち位置が端的に現われているのは、森口氏がしばしば女性に絡めて描く妖怪たちの姿ではないだろうか。妖怪とはそもそも闇への畏怖をキャラクターに変換したものである。氏の小年時代には周囲の大人の語りの中に頻繁に登場する存在であった上、時には不可解な出来事を納得するための機能をリアルに果たすことすらあったというから驚く。「あの山師が事故に遭ったのは平家のお姫様が眠る塚の周りの椿の木を切ろうとしたからだ――」なんて。


『三ッ目入道とヌケ首女』

森口氏の絵に特徴的な非日常性は茫洋として人を惹き付ける捉え難さゆえ「闇」と呼び得るが、氏が少年時代に肌で感じてきたという“日常の裏側にぴったりと貼りつく闇”は、どこか親しみやすい妖怪たちの描かれ方からも、確かにその深い一層をなしていると感じさせる。

一方、森口氏の絵が持っているエロティックな要素について、氏は「絶対に答を出さないこと。あやふやであること」が大切なのだと話した。「日本のものには総じて言えること。エロであってもそう。短歌とか俳句の世界にも通じることで、そこから想像していくことに魅力のある文化だから」と。描かれる女性の意味深な瞳、植物や波などに象徴される湿り気、古びた畳や襖……。


『雨音』

『みちくさ』
森口氏が多くの作品で用いているアイコンは濃密に秘め事をイメージさせ、和のイヤラしさを紡ぐ。しかしそれは単に和のニュアンスをなぞっているだけのものではない。ここ数年、フランスでの注目も集める氏の絵が醸すエロティシズムは日本人から見ても日本的であり、別の言い方をすれば逆輸入的である。女性キャラクターを見つめる男がしばしば無表情に描かれ、しかも距離を持って立っていることは重要だ。日本という国にしても女性にしても、氏は独特の距離感を持って外側からそれを描いているかに見えるのだ。そしてその「あやふや」な距離の中にやはり闇を思わせずにはいないのである。


『遠い遠い夏の日』

森口氏が時に好んで描く春画には浮世絵の伝統が、キャラクターの造形には37年前に生まれた氏が通過してきたであろう漫画文化の影響が見てとれる(出身校の京都精華大学では漫画を専攻)。以前、氏は「いろんな先輩たちが作ってきたものを見て学びつつ自分は描いている」と話し、その上で自身のオリジナリティを主に故郷に置いていた。しかし数年が経った今、私は氏の創造性が彼の絵の一層にだけ色濃くあるのだとは思わない。漫画、伝統、故郷、距離感、そして垣間見えるユーモア……様々な要素は万華鏡のように、その全てが森口氏独自の効果的な曖昧さを生み、胸のざわめく物語を想像させるシンボルになった。幾層にも及ぶ、不可解さゆえに魅惑的な闇の重なり合いは、氏が以前から滲ませていた「朧」の世界観をようやく最もオリジナルな特徴として認めさせる段階に至っているのではないだろうか。進化とは未完成を意味するのかもしれない。が、期待しないではいられない。その果てしなき闇と美の探求には、いずれ現代が深く宿るはずだと思うのである。


文=井上文


森口裕二 個展『沈黙』

開催日時=2009年1月19日(月)〜1月31日(土)
11:00-19:00(最終日は17:00)日曜休廊
会場・問い合わせ先=東京・銀座「スパンアートギャラリー」
東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
電話 03-5524-3060

森口裕二 Moriguchi Yuji / プロフィール
1971年/徳島県生まれ。1990年/京都精華大学美術学部デザイン学科マンガ専攻入学(現・マンガ学部)同校卒業後、法面保護工事の専門作業員として現場に出ながら絵画を描く。96年に上京後、様々な雑誌にイラストを発表する傍ら、個展や企画展などを精力的に開催。


inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
08.12.26更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報