ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The decision to fight against the world which cannot be finished.
“終われない世界”に、立ち向かう決意を。
『フラクタル B5下敷き(スンダ&エンリ)』

発売日:2011年3月
ASIN:B004RDLOYM
メーカー:ジェイエム

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
 | 
■Episode10「僧院へ」

『フラクタル』も残すところあと1回。最終回に向け、すさまじいラストスパートをみせてくれるに違いない! さあどうなるのか!?と思ったんですが、第10話の終わりは「透明な壁越しに、変態神父に抱きしめられ、もみもみ、ペロペロされるナウシカガールを呆然と眺める主人公之図」でした。大丈夫なんでしょうか。いやそれもいいですけど、そういうのはもうちょっと前にやるんじゃないのか! あと1回で終わるっていうのに、今さら寝取られ展開で性欲刺激してる場合じゃないだろ!と心配になってしまいましたが、いやいや、これも宮崎駿や庵野秀明が救えなかった世界を救う突破口なのかもしれない。

思い出してみればナウシカ少女はちょっと前から「私がまだ美しかった頃の…」みたいなことを、ちょくちょく口走るようになっていたんですね。これは考えてみれば危ない! もし自分が教師だとして、夏休み明けに生徒がこんな感じになっていたら、これは放課後職員室に呼び出しものですよ。事と次第によっては児童相談所に通報! そんな事態です。
大体、今までナウシカに似てるから散々ナウシカ少女と呼んできましたが、そこには『フラクタル』なりの似てる理由があったに違いない。うかつでした。僕がもっと早く気づいてあげればこんなことにはならなかった! そこで、遅ればせながら考えてみると、まずナウシカというのは、まさに2次元世界のマリア。母性と処女性を両立したキャラクターとして、日本で最も認められた存在なわけです。そして、宮崎駿の次を狙う山本監督はどうやら、『フラクタル』でこの娘をポスト・ナウシカにしたいと。となれば『フラクタル』のナウシカは、「世界のために甘んじてけがされてしまった存在なんだ」とか、「母性と処女性の両立なんてこの世に無いんだ」みたいなことになるでしょう当然! そして、それがどう世界に関係して来るのか、次回、刮目して『芳醇な愛で結ばれている我々をみせてあげないとねえ』という変態神父の行動を見極めよ!とこういう魂胆なんだー、うわー!やめてー!


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode10「僧院へ」(放送日時=2011年3月24日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑DNAっぽい階段の前でペロペロします。


という今回だったんですが、そこに到るまではアクションばりばりでしたね。しかしこれはピンと来なかった。僧院の空中神殿に突っ込んでいく途中、僧院の飛行船が雲に沈み込みつつ爆発するシーン、ここは重量感があってよかったですが、あとはジブリはジブリでも、「こりゃ『ゲド戦記』だよ!」みたいな。主人公が最初テロリスト軍団に「人殺しじゃないか!」とか言ってるのに、3 回ぐらいCM を挟むともう「ウオー」と言いながら乱射してるのもいただけないですね。

それより今回はナウシカガールと、僧院の最高権力者「祭祀長」のトークバトルが見せ場でした。何しろ、ナウシカガールが試される。はたして、本当にこの世界に住んでいる人間は、命をかけてまで救うに足る存在なのか? やっぱりチェ・ゲバラもそれは考えた瞬間があったはずです。「俺がキューバ政府を倒して、はたしてキューバ人はその後、自分で自分のための国を本当に作っていくのか?」。ボリビアに行くときも考えたはずです。でも信じるに足ると思ったから、彼は命をけて出かけていった。
ではフラクタルの住民はどうなのか? 自身が世界の鍵というの立場を逆手に取って、ナウシカガールは「自死」をかけて祭祀長を説得します。そんな彼女に、祭祀長が問いかけるんですね。「本当にフラクタルなしで、彼らが自立していけると思ってるの?」。そして畳み掛けるセリフで、それがなくなってしまうと「ひどく不機嫌な世界しか残らず」、それにどっぷりの人間たちは「もはや施しを求めるための、手しかもたない」と言う。いやー、なんか身につまされる感じじゃないですか! 何の話してるんですかね! そして、ナウシカガールは、そこで自分の首元に突きつけたナイフをポトって落としちゃう。彼女にとってもフラクタルの人間は「こりゃだめかも」って信じきれないことが露呈しちゃった! そんな回でした。


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode10「僧院へ」(放送日時=2011年3月24日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑試される不良少女!


さらに、今回は初めて「フラクタル」に代わる価値感が、意外なことに、以前出て来た語尾延ばしテロ軍団のボスによって提示されます。それは「愛! すすんで他者のための犠牲となれる気持ちだよ」ということなんですが、それをこの最も冷徹な、目的のために手段を選ばない男が言うから面白い。どこまで本心なのか?と思ったら早速化けの皮が剥がれるんですが、実は同じものがナウシカ少女の中にも芽生えていた。彼女は祭祀長との対決で「私は、分かった!」と叫ぶんですね。彼女は主人公を愛している自分に気づく。「好きは嫌い!」と言っていた彼女の中に、自分を上回る他者が芽生えている。
ところがこれが、祭祀長には許せない! ここがよかった! 彼女はナウシカ少女と同じ、クローン人間で、いわば家族なわけです。どちらも他者のために人工的に作られたという出自で、ところが、片方は義務を放棄して家出し、愛を見つけて帰って来て、片方は神殿にこもり、フラクタルの世界を維持する為だけに生きている。祭祀長の怒りは「わたしは人生をあきらめた、実家住まいシングルなのに!」という怒りですよ。
祭祀長は、実は自分を「他人の為に」作り出したこの世界を恨んでいることが分かります。ところが、彼女はその復讐として、自分を犠牲にしてこの空虚で空しいフラクタルの世界を維持しつけていたんですね。片や愛の自己犠牲、片や憎悪の自己犠牲。これ、ある日突然上京して、連れ戻したと思ったら「あたし男できたから、彼と一緒に向こうで住むから!」みたいな次女(ナウシカ少女)と、実家に残ったまま両親を恨みつつ面倒みて、今や歳を重ね彼氏もいない長女(祭祀長)、のケンカですよね。だから長女は自分のわだかまりを理解しない次女を前にして、いきなり激高して首も絞めちゃう! こういう事件よく起きてます!


 
(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode10「僧院へ」(放送日時=2011年3月24日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑実家住まいシングル長女がついにキレた!


そんな長女の悲しみさえ「私は理解しました」というナウシカガールの顔が明らかに何か決断してるんですが、果たしてそれが次回どういう行動に現われるのか。楽しみですね。
それにしても、全員集合して最終回への準備バッチリの中、1人だけ、あのビンテージマニアのお父さんらしき人がいません。あの人は集合しないんでしょうか、さみしいです。

文=ターHELL穴トミヤ

『フラクタル B5下敷き(スンダ&エンリ)』

発売日:2011年3月
ASIN:B004RDLOYM
メーカー:ジェイエム

関連リンク

フラクタル - FRACTALE - 公式サイト

関連記事

山本寛監督アニメ『フラクタル』
『フラクタル』全話レビュー
anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 | 
12.02.26更新 | WEBスナイパー  >  『フラクタル』全話レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |