ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 甘詰留太/白泉社・バップ

WEB SNIPER Cinema Review!!
甘詰留太による同名コミックの実写映画化第2弾!!
幼なじみのナナとカオル。隣どうしに住む高校生の2人はふとしたことから"息抜き"と称したSMプレイにはまっていく――。甘詰留太による同名コミックの実写映画化。その第2弾となる今作は、禁断行為の舞台を長野県に移し、プレイの内容もエスカレート。拘束、羞恥、スパンキング......。グラビアアイドル・青野未来が演じるナナの熱演にもご注目!!

9月8日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトショー
 | 
(C)甘詰留太/白泉社・バップ

「ヤングアニマル」「ヤングアニマル嵐」にて絶賛連載中の青春SM漫画『ナナとカオル』が実写化されたのは今から1年半前。
美人で優等生で生徒会長のナナと落ちこぼれで唯一の趣味はSMのカオル、幼なじみの2人がふとしたことから"息抜き"という名のSMプレイを始めるというセンセーショナルなストーリーが話題を呼んだ本作。その第2弾が早くも公開されることになった。
どんな映画でも続編を作るというのは難しいものだと思う。
1作目はナナとカオルがSMごっこを始めるようになったいきさつや心情を中心にしたインパクトのあるストーリー展開だったけれど、2作目で同じことをやっても意味がない。この秀逸な設定と2人の甘酸っぱい関係性をキープしながら毛色の違う物語を見せるために清水厚監督が選んだのは、舞台を都会から長野の田舎に移すことだった。 

(C)甘詰留太/白泉社・バップ

高校2年の春休み。転勤した日本史の先生に誘われて、長野の高校の生徒会メンバーと長野のパワースポット巡りをすることになったナナ(青野未来)。彼女は一緒に行かないかと幼なじみのカオル(栩原楽人)を誘うが、上から目線の物言いにカチンときたカオルはそれを断わってしまう。
しかし長野に来てみると、なんとそこには温泉でバイトをするカオルの姿が。なりゆきで一緒にパワースポット巡りをすることになった2人は、同行のみんなに隠れて屋外で"秘密の息抜き"を始める――。

放課後の教室で放置プレイをしたり、みんなと一緒にいるときにノーパンにならせたりと、1作目から見ると2人のSMプレイも少し進化しているように見えるがそのへんはさておいて。
本作を観てまず感じたのは、80年代アイドル映画ばりのベタさだ。
ナナが髪につけている大きな白いリボンや、カオルを演じる栩原楽人の過剰なほどにコミカルな演技は、今どきの映画っぽくなく妙なノスタルジーを感じさせる。作品本体にはさほど必要とも思えない田舎の風景や、ケンカしてじゃれあう男女、ミニスカートの制服、泊まりがけの旅行にウキウキする友達以上恋人未満の2人。
でも、それでいいんである。なぜなら一見センセーショナルな題材を扱っているようでいて、この映画のメインテーマになっているのはなんともベタな「胸キュン」というシロモノだからだ。 

(C)甘詰留太/白泉社・バップ

物語の中盤、パワースポット巡りの途中で迷子になってしまった2人は、人気のない古民家で"仕方なく"一夜を共にすることになる(これまたベタ!)。
しかし80年代アイドル映画と唯一違うのは、ここでいきなりSMプレイが始まるところだ。
ドキドキしながら別々の布団に入ったものの、なぜかスパンキングプレイに突入する2人。白いムチムチのお尻を素手で叩かれて「私はプライドの高い、悪い子です~!」と半泣きで絶叫するナナ。そんな姿に興奮し、狂ったように叩きまくるカオル。肉感的なボディをしたナナが三枚目キャラのカオルの膝に乗せられておしおきされるシーンはちょっと笑ってしまいそうな雰囲気もあるのだが、迫力満点。間違いなく1作目の上をいく熱演だ。
スパンキングを宣言されたナナが「お尻、こわれちゃう......」と潤んだ目でつぶやくところや、これからおしおきされるために自分でお尻にクリームを塗るシーンもゾクッとくる。 

スパンキングプレイというハードルを越えたことで、また少し距離を縮めたナナとカオル。でも、1作目がそうだったように今回もやっぱり最後までプラトニックのまま。キスはもちろん、互いに気持ちを伝えることすらしない。
こうなると、2人は肉体関係を持たないまま秘密を共有することで"終わらない夏休み"を過ごしているんじゃないかという気がしてくる。
男女の性愛に目覚めきっていない年頃の男の子と女の子にとって一番エロいもの。それは「秘密の共有」だと思う。長い人生の中でほんの一瞬しか味わうことのできないその感覚は、セックスなんかよりSMなんかよりずっとずっと卑猥だ。
本作は「東京から世界中の愛すべき無器用な男子たち」に向けて発信される『東京思春期』シリーズとして公開されてるんだとか。でも、この映画を観て本当に震えることができるのは、あの感覚を二度と味わうことができない大人たちのほうなんじゃないかと思う。

(C)甘詰留太/白泉社・バップ

また、余談だけれど長野出身の私は本作の端々に出てくる"長野ネタ"にも地味に笑わせてもらった。
よく見れば長野の宿でナナと先生の前に並べられたお茶受けは野沢菜と蚕の蛹(!)だし、東京へ帰るナナとカオルを見送る長野の高校生たちは、駅のホームでいきなり万歳三唱を始める(注・どっちも長野の風習です......)。
きっと監督は「秘密のケンミンショー」ファンに違いない。

文=遠藤遊佐

青春純愛"SM"映画第2弾
エスカレートするふたりの"秘密の息抜き"がたどり着くのは......


FLV形式 10.01MB 1分42秒

『ナナとカオル 第2章』
9月8日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトショー
(C)甘詰留太/白泉社・バップ
原作= 甘詰留太「ナナとカオル」(白泉社『ヤングアニマル』『ヤングアニマル嵐』連載)
監督・脚本= 清水厚
出演=栩原楽人 、青野未来、染谷俊之、浅居円、津留崎夏子、鈴木築詩/瀬戸早妃

製作・配給=バップ
宣伝・配給協力=太秦
制作協力=スピリッツ・プロジェクト

2012年|日本|ビスタサイズ|カラー|75分|

関連リンク

映画『ナナとカオル 第2章』公式サイト

関連記事

夏のニューオリンズ、そして化粧落ちかけのミッキー・ロークがいい。 映画『クーリエ -過去を運ぶ男-』公開中!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.08.12更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |