女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.11.01.sun-2009.11.13.fri at Vacant
アートディレクター・大類信が収集したヴィンテージ・ピンナップ写真の数々!

『the far fog〜The Collection of 60's-70's Vintage French Pin-ups』展フライヤー

1930〜70年代にパリで発行されていたヌード・グラビア誌『PARIS-HOLLYWOOD』。そこに掲載されていたピンナップのオリジナルプリントを肉眼で拝むチャンスが到来。さあ急げ! ところでコレクションの所有者である大類信は1980年代日本におけるボンデージ・ブームの仕掛け人であったが、そういや当時の日本のボンデージ・ブームって、どんな構造を持っていたのだろうか? 展覧会を訪ねたネットワーカー・ばるぼら氏が、思索の網を広げて日本におけるボンデージの受け入れられ方を俯瞰します。前後編の前編です。
 | 
11月1日から13日まで、原宿VACANTにて「the far fog」が開催されている。展示されているのは、1940〜70年代にパリで発行されていたヌード・グラビア誌『PARIS-HOLLYWOOD』のためのヴィンテージ・ピンナップが約150点ほど。初日に足を運んだところ、薄暗い会場の壁に貼られた写真とショーケースに並べられた古雑誌がかもし出す怪しげなムードは楽しかったが、それほど広くないスペースなので思っていたよりもあっけなく観終わってしまった。戦前戦後の男性を奮わせた、豊潤な肉体と曲線を強調するポージングは、もはやエロティークというよりもロマンティークで、古典的である。昨今、こうした古いピンナップ写真はファッション/アートの要素としてコレクターズ・アイテム化しており、現物を見る機会がなかなかないため、興味のある方は気軽に立ち寄ってみるといいだろう。

『Plusieurs Possibilites』 発行=1985年

ジョン・ウィリー撮影の写真

『THE BOUND BEAUTIES OF IRVING KLAW AND JOHN WILLIE vol2』 発行=1977年

『THE FIRST JOHN WILLIE BONDAGE PHOTO BOOK』 発行=1978年

アービング・クロウ撮影の写真

『SALE2』28号 出版社=フィクション・インク 発行=1986年

『SALE2』29号 出版社=フィクション・インク 発行=1986年

さて、この展示のコレクション提供者にある「大類信」の名前に見覚えのあるスナイパー読者も少なくないのではないだろうか。日本の80年代雑誌デザインのフォーマットを作り上げたデザイナーの一人であり、80年代中盤に日本にボンデージ・ブームを起こした張本人である。恋人同士のプレイの一要素として「ソフトSM」なる言葉まで生まれるほどの大衆性を得た現在のSM状況は、間違いなくあの時代に始まったものだ。あのブームは一体何だったのだろうか?

それまでも日本にボンデージ情報が輸入されることはあったが、『プレイボーイ』『ペントハウス』に駆逐された50年代のオールドスタイルな下着姿のセックス・ビジネスとして、もしくは日本の緊縛に対する海外の拘束具、つまりSMやセックスの関連物としてであった。それらは決して間違ってはいないものの、しかし1985年にフランスで発行された、ボンデージ・アートの創始者ジョン・ウィリーの写真集『Plusieurs Possibilites』は、70年代までのウィリーの写真集の背徳的なムードとは違う、あえてビザールな世界観を打ち出さないポップな装丁と魅せ方だった。この写真集が日本の洋書店で販売されたことで、行為としてのSMとは切り離された、フェティッシュな香りを残すファッション・アイテムの一つとして、ボンデージが再発見された。

前史として、それを日本で紹介したのは『GS 楽しい知識』2号(1984年11月発行)のポリセクシャル特集における伊藤俊治の論文「セックス・シアターのフリークス」が比較的早い。このテキストには、ジョン・ウィリーやアレン・ジョーンズの絵画からフェティシズムとは何かを考察し、ボンデージを思想面からバックアップした箇所がある。80年代前半の日本のアンダーグラウンド・シーンでは、映画『フリークス』や『ピンク・フラミンゴ』がカルト・ヒットしたことで、異形・身体改造への注目が集まっており、その下地があっての身体変形=ボンデージへの興味と思われる。この視点を下敷きにしたであろう大類信編集の雑誌『SALE2』28号(1986年)のフェティシズム特集には、ボンデージ・イラストが複数掲載されていた(この号は即完売し増刷されている)。

そして満を持して世に問われた『SALE2』29号(1986年11月20日発行)のボンデージ特集は、そうした流行を充分に反映しつつ、理論武装で固めた日本最初の本格的ボンデージ入門書であった。「BONDAGEとはあくまで束縛状態や緊縛状態に対するフェティシズムであり、相手を傷つけることによって快感を得るといったようなサディズムとは、まったく性質を異にするものなのである」「ボンデージ・アートはあくまでフェティシズムのコンテクストの中で生まれたビジュアルなのだ」といった幾分過激な発言による「ボンデージ宣言」から始まるこの号は、先のジョン・ウィリーをはじめ、ボンデージを商業ベースにのせた初のプロデューサーとして知られるアービング・クロウ、ウィリーに影響を与えた画家カルロ、有名ボンデージ・コミック作家のスタントンやエネグなど、重要人物はあらかた紹介している(ここにベティ・ペイジの名前がないのが現在からすると不思議だ)。

また大類は同年11月28日に世界初のボンデージ専門店「BONDAGE: TOKYO JAPAN」をオープンし、まだ日本では入手困難だった、ベリエール・プレス、センチュリアン、ドミニク・レオイといった出版社のボンデージ写真集やコミックスなどを販売。日本でのビジュアル面でのボンデージ普及に一役買った。1987年1月には早くも『BRUTUS』と『宝島』がボンデージ記事を掲載、若者のニュー・トレンドとして注目している。

この勢いは強まるばかりで、『SALE2』が出した特別号「ジョン・ウィリー・ボンデージ」(1987年9月25日発行)は三刷を数え、イベント「ボンデージ・ランデヴュー」(同年11月21日)は200人の観客のうち女性が六割という盛り上がりを見せた。1988年4月16日には深夜番組「11PM」でボンデージが大々的に取り上げられ、村上龍がSMクラブを舞台にした小説『トパーズ』(1988年10月初版)を出すなど、この頃までに流行は最初のピークを迎えたと見ていいだろう。1989年には山崎慎二・水谷友美によるイギリス直輸入のボンデージ専門ショップ「AZZLO(アズロ)」が開店し、コルセット、ラバー/エナメルウェアなどの本場モノを日本で手軽に入手できるようになり、情報と実物の両方が整った。

この若者中心のビジュアルをメインにしたボンデージ・ブームは老舗SM雑誌にも飛び火し、我らが『S&Mスナイパー』および『S&Mスピリッツ』でも、縄による緊縛が主であるにせよ、ボンデージ関係も徐々に掲載されはじめている。


(続く)


Vacant
「『the far fog〜The Collection of 60's-70's Vintage French Pin-ups』展」


開催日時=2009年11月1日(日)〜11月13日(金)
時間=13:00〜21:00
料金=500円

協力=大類信/ YO+the deep paris

会場・問い合わせ先=
東京・原宿『Vacant 』2F
東京都渋谷区神宮前3-20-13
電話=03-6459-2962

関連記事

8,500人を超えるアーティストが世界中から大集結!インターナショナルアートイベント!
デザイン・フェスタ vol.30開催中!  文=ばるぼら

2009.8.23 Sun.at 有明・東京ビッグサイト西1ホール
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!! 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って
海外雑誌との付き合い方 文=ばるぼら

本”と私たちの新しい関係を巡って(2)
“ZINE”≠ART BOOK? 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って(1)
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ? 文=ばるぼら



man.gif
ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 | 
09.11.04更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
文=ばるぼら |