女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.11.01.sun-2009.11.13.fri at Vacant
アートディレクター・大類信が収集したヴィンテージ・ピンナップ写真の数々!

『BD SNIPER』 発行=ミリオン出版

1930〜70年代にパリで発行されていたヌード・グラビア誌『PARIS-HOLLYWOOD』。そこに掲載されていたピンナップのオリジナルプリントを肉眼で拝むチャンスが到来。さあ急げ! ところでコレクションの所有者である大類信は1980年代日本におけるボンデージ・ブームの仕掛け人であったが、そういや当時の日本のボンデージ・ブームってどんな構造を持っていたのだろうか? 展覧会を訪ねたネットワーカー・ばるぼら氏が、思索の網を広げて日本におけるボンデージの受け入れられ方を改めて俯瞰します。前後編の後編です。
 | 
日本のボンデージ・ブーム回想

『S&Mスピリッツ』89年5月号 発行元=ミリオン出版

『BONDAGE STAR』発行元=ミリオン出版

『TOKYO BIZARRE BONDAGE RED』Ha!(ゴールドマン、野田大和、安田理央)

『TOPAZ vol.8』発行元=英知出版 発行=1994年8月25日

『完全ボディピアスマニュアル』発行元=白夜書房 発行=1995年3月31日

『SALE2 41号』発行元=フィクション・インク/発行=1991年10月23日

ボンデージ・ブームに気を配りつつも『S&Mスナイパー』があくまで日本の王道SM路線を守る中、『S&Mスピリッツ』は1989年にビジュアル・イメージを一新している。「海外のSM・ボンデージ雑誌はデザインもかっこいいのに、日本はいつも畳の上で縄で縛るだけ」という状況に不満があったようで、それまでの耽美と背徳の香りを漂わす薄暗いイメージから、SMを中心にしたアンダーグラウンド・カルチャー誌に変貌してしまった(売上は急激に下降し同年9月号にはまた元の路線に戻ってしまうが)。

本誌では全面的にやりづらかったボンデージ関係も、増刊なら冒険ができたようで、スナイパーの増刊『BD・SNIPER』(1990年11月30日発行)や、スピリッツの増刊『BONDAGE STAR』(1991年10月30日発行)などは、ボンデージ中心の展開で一見の価値はある。ただ、当時出ていた投稿写真のみの別冊『投稿秘縛コレクション』シリーズが安定して巻数を重ねていたことから想像するに、やはり読者としては縄を使った対人プレイの方が気軽だったようだ。

この時の『S&Mスピリッツ』のデザインを担当していた野田大和は、ゴールドマン監督と組んでノン・ヌードのビデオ「TOKYO BIZARRE」シリーズを制作していた。特にシリーズ中の一つ「BONDAGE RED」(1989年/映研)は女性をガムテープなどでグルグル巻きにし、肉体を完全にオブジェと捉える、SMとアートの境界を曖昧にした傑作で、若きゴールドマンの感性が爆発している。しばらく後に野田がデザインを担当したボンデージ専門誌『TOPAZ』(英知出版)もまた素晴らしく、徹底してビジュアルにこだわり、コアな周辺情報も網羅した、ボンデージ・メディアの最高峰だったと言ってよい。

しかし現在から省みるに、マドンナが「Justify My love」(1990年)のPVから現在まで定期的にボンデージ衣装を着用しているように、ファッション・アイテムとして世界的には定着しているのに対し、日本でのボンデージの流行はおおよそ1992年頃、長く見積もっても90年代前半までであり、流行としては消費されても文化的な定着はしなかった。その理由を改めて考えれば、やはりセックスに直接つながらずに、あくまでファッショナブルなビジュアルとして魅せるに留めたからだと考えられる。これは相手を“パートナー”と考える従来のSMに対して、相手を“モデル”と考えるボンデージの感覚にも表れているのではないだろうか。当時のスナイパー編集長のインタビューにはこうある。

「縄を人体にかけて拘束するボンデージは、対人関係の中で成り立つというよりも、相手をモノとして扱ったり、自分をモノにしていく、より個人的なこだわりの部分が強いので、SMよりフェティシズムに近いですね」(『宝島』1991年9月9日号「ボンデージ美学」)

この言葉どおり、人体を単なる物質として扱うフェティシズムがボンデージ流行の要だったとしたら、その感覚は結果的にボンデージではなく別の方面で拡がりを見せた。「モダン・プリミティヴ」と呼ばれるアメリカ雑誌『RE/SEARCH』の特集を発端とした世界的ムーブメントの勃興、すなわちタトゥーやピアッシングなど身体改造方面へと進化したのである。日本での実践的な意味での発端は、渋谷パラドックスの間宮英三店長自身があらゆるボディピアスを試し、来店する客をサポートし、普及に貢献したことが大きいだろう(間宮氏はのちヌーンという店に移る)。その後、タトゥーは『BURST』(コアマガジン)、ボディピアスは『ニャン2倶楽部』(白夜書房)を中心に、90年代後半からマニアックな支持を集め、現在も安定したユーザ層がいる。

ボンデージを心から愛し、その独特のフェティシズムに魅せられた人がいなかったのかと言えば、もちろんそうではない。ただ、日本ではボンデージを「鑑賞対象」として愛ですぎたことで、逆にそれで満足してしまい現物や体験を欲した人が少なかった、とは言えないだろうか。80年代後半から90年代前半のボンデージ・ブームは、マイナーなフェティシズムに過剰に注目が集まったことでの特需であり、現在の状況が平常であると考えた方が今の所はよさそうである。だが、日本のSMからはどうしても得られないあの乾いた情感と特有の美学は、一度は味わって欲しいとも思う。
文=ばるぼら


Vacant
「『the far fog〜The Collection of 60's-70's Vintage French Pin-ups』展」


開催日時=2009年11月1日(日)〜11月13日(金)
時間=13:00〜21:00
料金=500円

協力=大類信/ YO+the deep paris

会場・問い合わせ先=
東京・原宿『Vacant 』2F
東京都渋谷区神宮前3-20-13
電話=03-6459-2962

関連記事

8,500人を超えるアーティストが世界中から大集結!インターナショナルアートイベント!
デザイン・フェスタ vol.30開催中!  文=ばるぼら

2009.8.23 Sun.at 有明・東京ビッグサイト西1ホール
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!! 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って
海外雑誌との付き合い方 文=ばるぼら

本”と私たちの新しい関係を巡って(2)
“ZINE”≠ART BOOK? 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って(1)
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ? 文=ばるぼら



man.gif
ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 | 
09.11.08更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
文=ばるぼら |