本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
az.gif Does it know as "AZUMANGA"?

「あずまんが」が還ってくる!?
“あずまんが”ってご存知ですか?

文=ばるぼら

どうも最近「あずまんが」という文字列をよく見かける。しかもなにやら復活したらしい。もしかしてあの「あずまんが」だろうか。それはめでたい。遅ればせながらワタシも「あずまんが」について何か書こうと思う。
 | 

ひとまず手元にある「あずまんが」の画像をアップしておきたい。

『あず』3号/(1976年7月1日発行)
うーむ懐かしい。表紙の絵は「ドリ−ム仮面」と「月光仮面」の二重パロディか。

『あず』3号 裏表紙/同上
もちろん裏には発行元の「アズ漫画研究会」の名前が書いてある。

アズ漫画研究会は1966年10月に発足した、元コミケ代表の故・米澤嘉博が在籍したことで知られる北九州の漫研である。2006年に40周年記念の展示が行われたのは記憶に新しい。もとは肉筆同人誌(印刷されていない、直接描いたものを皆で回覧する)だったが、1975年に製本・印刷された正式な雑誌形式になって創刊された。この3号には米澤が「風につかまえられて」という短編を「よねざわよしひろ」名義で寄稿している。独特のファンタジー感覚はますむらひろしとの近似性があるが、活動が同時期であるので、誰か別のイメージの源流があるのだろうか。

『米澤嘉博に花束を(Flowers for Yoneyan)』
(2007年8月初版、同年12月2版)
「風につかまえられて」は、米澤の死後に刊行されたメモリアル本『米澤嘉博に花束を(Flowers for Yoneyan)』(2007年8月初版、同年12月2版)に再録されている。現在もコミックマーケットなどの同人誌即売会などで入手可能なので、興味のある方は購入していただきたい。

この『米澤嘉博に花束を』の書名はもちろんダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』からきているのだが、むしろ米澤が阿島俊名義で編纂した『吾妻ひでおに花束を(Flowers for Azumasan)』(1979年12月)の再パロディといえる。

『吾妻ひでおに花束を(Flowers for Azumasan)』
(1979年12月)
『米澤嘉博に花束を』も『吾妻ひでおに花束を』も、発行は虎馬書房という自主制作サークルによるもの。この虎馬書房は1980年当時『はあど・しゅ〜る新聞』というペーパーを発行していたが、これの2号に米澤が登場している。

左:『はあど・しゅ〜る新聞』創刊号(1980年3月15日発行)
右:『はあど・しゅ〜る新聞』2号より(1980年5月1日発行)


米澤はこの時、『劇画アリス』二代目編集長の相田洋、吾妻ひでお評論家の阿島俊、『戦後少女マンガ史』の米澤嘉博と、3つの名前を使い分けて登場しており、まとめてインタビューを受けている。なかなかしらじらしく面白い。米澤は吾妻を評論するためだけに「阿島俊(あじましゅん)」というペンネームを用意するほど入れ込んでいた。

吾妻ひでおは数年前に『失踪日記』(2005年)で劇的な復活を遂げたことで比較的最近の若い層にも知られるが、米澤が『吾妻ひでおに花束を』を編集した1970年代末はまだ一部の漫画読みが注目しているカルト作家であり、『吾妻ひでおに花束を』が出たことで初めて正当な評価がなされたという。吾妻ひでおの漫画を略して「あずまんが」と言った例は聞かないが、現在の「萌え」の元祖とも言われる吾妻の漫画を、まだ読んだことのない人は後学のためにも、一度は手にとってみるべきだろう。

『ゲッサン(月刊少年サンデー)』創刊号
(2009年5月発行/小学館)
ところで2000年代の萌え漫画の金字塔とも言うべき「あずまんが大王」が、小学館が新創刊した漫画誌『ゲッサン(月刊少年サンデー)』にて、「補修編」と題し期間限定で復活しているという。これはめでたい。


文=ばるぼら

azumanga.jpg
関連記事

The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界
【1】>>>【2】>>> 【3】>>>【4】>>> 【5】>>>【6】>>> 【7】>>>【8】>>> 【9】>>>【10】>>>【11】>>>【12】>>>【13】>>>【14】>>>【15】>>>【16】>>>【17】>>>【18】>>>【19】>>>【20】>>>【21】>>>【22】>>>【23】>>>【24】>>>【25】>>>【26】>>>【27】>>>【28】>>>【29】>>>【30】>>>【31】>>>【32】>>>【33】>>>【34】>>>【35】>>>【36】>>>【37】>>>【38】>>>【39】>>>【40】>>>【41】>>>【42】>>>【43】>>>【44】>>>【45】>>>【46】>>>【47】>>>【48】>>>【49】>>>【50】>>>【51】>>>【52】>>>【53】>>>【54】>>>【55】



man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.05.17更新 | WEBスナイパー  >  コラム
文=ばるぼら |