女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第3巻DVD』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年6月24日
品番:TDV21097D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
 | 
■Episode3「グラニッツの村」

第3話にして、ついにこの世界の最アンダーグラウンドに来てしまった! 2人は完全に冒険に巻き込まれたね。
連れて行かれた先にあったのは、もうまさに宮崎駿の作品に繰り返し出てくる「地に足が着いた人たちが暮らしている」村だったんですが、ここは同時にテロリストの村でもあった。当然ですよ! 第1話から発散されてた、なんか危ない雰囲気プンプンのこの世界。こんなディストピアで「地に足が着いた生活」なんかしたら無事ですむ訳がない! テロリストといえば若松孝二のドキュメンタリー『赤軍‐P.F.L.P 世界戦争宣』ですが、それを現代の若者が観て「何言ってるんだこの人、とりあえず危ない」みたいな。主人公もこの村の趣旨を知ってとりあえずひいていました。


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode3「グラニッツの村」(放送日時=2011年1月27日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑政治的な人にひいてる現代の若者たる主人公。


この村で主人公はゆっくりと雪解けして『フラクタル』の世界から、何か自分の真実へ向かっていくんでしょうけど(そうでしょう! そうなんでしょう山本監督!)、しかしそれが村の一員となる方向へ行くのか? 村と決別して自分の道へ行くのか、さあどうなるんでしょう。
しかし今回観てビンビン来たのは、この村はまちがいなく将来、悲劇に見舞われるということですよ! 例えば主人公を敵視してくる、この村の趣旨を塗り固めたような偏屈ジジイ。こいつでさえ、絶妙にシリアス路線を外してきて嫌な奴になりきらない。村人の親しみやすさは、もちろんシリーズ後半に訪れるこの村の悲劇への布石に違いない!(そうなんでしょう山本監督!)


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode3「グラニッツの村」(放送日時=2011年1月27日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑これが老人が外して来る決定的瞬間だ!


そして今回、なんと言っても素晴らしかったのは、ものを食べることが出来ないネッサが主人公に「食べ物の味」を聞くシーンでした。これは芸術の誕生ですよ! 食べるという共有する体験がないからネッサにはナアナアの説明は通じない訳です。そこでは言葉も意味を成さない、もっと根源的な伝達方法が求められてしまう! そこでなんと、主人公は踊りで味を表現する、これこそ芸術じゃないですか!
直前にこの村のおばあさんが、ネッサにドッペルと気づかず食事をすすめて謝るというエピソードがある。このおばあさんはネッサの「かわいそうさ」にすぐ気づいたんですね。『フラクタル』世界で多分、この村の中にしかないような真っ当さですが、そのかわいそうさを今度は芸術で乗り越える! このコンボには感動しました。


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode3「グラニッツの村」(放送日時=2011年1月27日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑ネッサに芸術を強制される主人公。

今回は「フラクタル・ターミナル」という、この世界の人たちが体内に埋め込んでいる機械の話でした。テロリスト村の人たちはこれを摘出していて、だから眼鏡がないとドッペルが見れない。「まさに逆『ゼイリブ』(サングラスをかけた瞬間この世の隠された真実が見えるようになる!というSF映画)状態!」と叫びたくなりましたが、ドッペルは肉眼でも見れるホログラムというより、iPhoneとかデバイスを透かさないと見れないARみたいなもんなんでしょうか。
そしてこの機械にはネットワーク化の機能もあって、主人公が病院を見たとき、「うわ、初めて見た!」と驚いちゃう。誰もが「ターミナル」を体内に埋め込んだこの世界では、医療も遠隔操作で好きな時に受けられて、ただこの村の人たちだけが病院という専用の場所に通っている。これが意味するのは、彼らは「ターミナル」から自由で、しかし同時に距離に縛られているということでした。

そして、この距離の克服こそ、文明の進歩な訳ですよ! 乗り物はより速く移動! さらに移動すら必要のない分野を電話、インターネットと開拓していく! さらに常時接続ARみたいなドッペルで家族が周りにいれば、もう家族も日常的に会議電話とかskypeと同じ、移動しない為の技術で代用できちゃう! それがこの世界でしょう。つまり家族の問題は、(物理的な)距離の問題でもあった! これは、今回の発見でした。

そんなテロリスト村で、主人公達をさらった女の子がさっそく、そこまで悪い奴じゃないと化けの皮が剥がれたり、まあこれは予想通りですけどね!何しろこっちは『未来少年コナン』の鉄の女モンスリーが実は良い奴だったという衝撃体験をすでにすましてますから!さらに『天空の城ラピュタ』の海賊ドーラが実は最高ですという体験をすでにすましますから!!だからバレバレなんですから、むしろ『フラクタル』のツンデレ具合は全然マダマダですから!というのは置いといて、とにかく和気あいあい、幸せな捕虜生活が続くのかと思っていたら後半早速ぶちかまして、今回は終わりました。まさかこんなに早く、シリアスシーンがくるとは思わなかったよ!

文=ターHELL穴トミヤ

『フラクタル第3巻DVD』(初回限定生産版)




監督:山本寛
発売日:2011年6月24日
品番:TDV21097D
販売元:東宝

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連リンク

フラクタル - FRACTALE - 公式サイト

関連記事

山本寛監督アニメ『フラクタル』
『フラクタル』全話レビュー
anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 | 
12.01.08更新 | WEBスナイパー  >  『フラクタル』全話レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |