本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The decision to fight against the world which cannot be finished.
"終われない世界"に、立ち向かう決意を。
『フラクタル第2巻DVD』(初回限定生産版)

監督:山本寛
発売日:2011年5月27日
品番:TDV21096D
販売元:東宝

『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるハルヒダンスの創出とシリーズ演出、また『らき☆すた』『かんなぎ』のアニメーション監督などで知られる山本寛氏が、「この作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言するほどの意気込みと決意をもって2010年に放った最新作『フラクタル』(FRACTALE) 。それは終わりゆく世界を描きながら、製作途中で未曾有の災害に直面し、話題を呼びながらも評価は大きく分かれた。はたしてこの作品の真価は、いったいどこにあったのか――。独自の批評世界を展開するターHELL穴トミヤ氏が、鋭い視線で徹底検証。今一度、全話レビューを敢行します!!
 | 
■Episode2「ネッサ」

ついに『フラクタル』世界の一端が明かされた! どことなく漂うこの世界の異常感、その正体は「自由至上主義」だったのだっ!という第2話。ジブリ炸裂の第1話に続き、第2話はもう独自の話が始まり、山本監督版「君たちはどう生きるか」出現の予感ビシビシでした。

今回はとにかく色々な芽が出ていて、これから第3回、4回と一体どこが伸びていくのか?
たとえば、まずは恋ですよ。恋があるよねどう考えても。僕は思わず観ながら言いましたね、主人公が「フュルネに会って、まずしたいこと......怒りたい」ってそれは恋です! 少年! 恋、始まりました! やられちゃってます!
かと思えば、セックス・ドールの話も出てくる。随分生々しくて、士郎正宗のマンガなら分かるけど、ジブリじゃ(庵野も?)そういうのはまず出てこない。これも今後、効いてくるのでしょうか。

そして、第1話の最後に出てきたいかにもアニメアニメしたキャラクター。これがどうやら、天真爛漫らしいと。そして、無垢であり、この身体性を失った未来の世界で、「身体性」を象徴する、ところが本人はどうやら電子的存在らしいと。この逆説、冷たい人間より、優しいレプリカント(人造人間)のほうがより人間的ではないのか?という『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督、1982年)を思い出さずにはいられないですが、同時にこの子は主人公を振り回す『デュー・デート』のザックでもありました。
『デュー・デート』は、まだ観てないヒーマニストの為に説明すると、正式な題名が『デュー・デート〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(トッド・フィリップス監督)で、まあ題名で全てが説明されているんですが、妻が出産まであと5日!の鼻持ちならないエリートの主人公と『ハング・オーバー!』(トッド・フィリップス監督、2009年)のザック・ガリフィアナキス演じる超絶ダメ人間が、一緒にアメリカを横断するはめになるという珍道中映画です。とにかくザックにエリートが限界まで振り回され、「こいつを道に起き去りたい」という欲望と必死に戦うというのが内容なんですが、全編観終わると実は!この映画自体が、主人公がこれから立ち向かう「子育て」のメタファーになっていた(おすすめ度は10ターヘル満点で6.5ターヘルポイントです!)という仕組みになっていて、それをこのアニメの主人公と娼婦の声天真爛漫キャラクターもやっているわけです。

話が通じない、非常識な、反社会的な、うざすぎるザックを引き受けることで、『デュー・デート』の鼻持ちならないエリートはついに「大人になる」のですが、この『フラクタル』ではどうやら、そのゴールになるべき価値観があらかじめ大人どころか、ほぼ世界全体によって否定されているらしいと。
これはもうどうしたってこの主人公、今辺境にいますがこの後この世界の中心に行かざるを得ないんじゃないでしょうか。この天真爛漫キャラと一緒にいて、成長するなら、それは世界と真っ向衝突しちゃうんですから、行かなくたって向こうから捕まえにくるかもしれない。大体もう、その予感がバンバン始まってますよ! 両親の電子的な影によって、早速、探りが入っている。

そして、「辺境から始まって中心へ行く話」とくれば、これはやっぱりコナンやラピュタを思い出しちゃう。今回の女の子を警察署に預けてとぼとぼ帰って来るシーンだって、『天空の城ラピュタ』のパズーがムスカの駐屯地からとぼとぼ帰って来るシーンと同じ盛り上げ方を狙っている。その後、空賊が主人公を有無を言わさずまた冒険に引き戻すのは、まさにあのラピュタの、始まりかけた非日常が終わり、暗くいつも通りの我が家に帰る、と思いきや急にまた冒険に巻き込まれる!「30秒で支度しな!」ヤッター!の「興奮、沈静、より興奮!」みたいな「吸気、圧縮、爆発、排気」みたいな計算しつくされたシーンと同じ流れでしょう。やっぱり表面上は見えなくても第2話もまだまだジブリだった!

けどやっぱり今回のハイライトは、このアニメアニメ娼婦キャラクターからの主人公への全幅の信頼、表明シーン! あそこからジブリフォロワーじゃない『フラクタル』が完全に始まった!
「あなたが私を呼び出したから、あなたが私の『帰る家』よ」というセリフを顔面ドアップで言うんですが、その時の笑顔が重い! そして恐い! これをアニメで表現するのは凄い!と思ったら「笑顔が恐い」ってセリフが入りました けど、この『フラクタル』のテーマは、これはどうやら「家族」になるんだろうか。これは渋過ぎて、まさに予想を超えていました。


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode2「ネッサ」(放送日時=2011年1月20日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑これが恐い笑顔だ!


自由でも1人であることの空しさと、家族を持つことの(妻や、子供!)疎ましさ。まさに「君たちはどう生きるか」の片鱗がここにある訳です。だから、これをたっぷり回数を重ね追い求めてくれるのか!と思っていたらもう今回の後半であっさり「この笑顔はちっとも重くなんてないんだ」って主人公受け入れちゃったんで、「えー!」みたいな「もうOKですか!」みたいな「主人公すごいまっとうな奴だったんじゃん!」みたいな、ちょっと早くもストーリーから置いて行かれる不安がよぎったのですが。
重荷を背負えない病にかかった人間としては、これからはむしろ、主人公ではなくその周りの人間たちに感情移入して観ていくことになるのかもしれませんね......。

それにしても、街で最初に出会うおっさんと警察署のおっさんの顔。いつの時代もそうなんだろうけど、その時代の世の中の仕組みをそのまま貼付けたような、このおっさん顔の再現度はすごかった! この顔と、主人公が親のアバター(『フラクタル』ではドッペルと呼ばれていますが)に向かって言う「そっかなー」の時の顔は、この回の隠れた名場面じゃないでしょうか。


(c)フラクタル製作委員会
『フラクタル』Episode2「ネッサ」(放送日時=2011年1月20日 24:45 - 25:15 放送局=フジテレビ)より引用

↑『フラクタル』には顔監督がいるに違いない!

文=ターHELL穴トミヤ

『フラクタル第2巻DVD』(初回限定生産版)


監督:山本寛
発売日:2011年5月27日
品番:TDV21096D
販売元:東宝

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連リンク

フラクタル - FRACTALE - 公式サイト

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 | 
12.01.02更新 | WEBスナイパー  >  『フラクタル』全話レビュー
文=ターHELL穴トミヤ |