女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.02.23 Mon - 03.07 Sat
at vanilla gallery

『夢と白昼夢を描く異端の画家
キジメッカの超絶具象』



文=井上文



魁偉で、異観で、静謐――。見る者を果てしなき迷宮に誘う血まみれのドアがあなたに幾つもの謎かけをして意味なきことの意味を語りかける。
「わからない」ことの恍惚に浸りながら行く、向こう側の世界――
 | 

キジメッカの絵画展『精神負債賤役』

2009年2月23日(月)〜3月7日(土)
東京・銀座「ヴァニラ画廊」にて開催


1967年、東京都生まれ。88年にハンドメイド作品集『自慰の六謝』を制作(オランダで販売)。雑誌『S&Mスナイパー』での連載を経て、2007年には劇場公開映画『探偵物語』(監督:三池崇)に作品が多数出演した。そんなキジメッカ氏が描くのは、バラバラにされた肉体、垂れ落ちる赤い血、不吉なイメージに彩られたどこも知れない世界である。

その絵は一見して非常にグロテスクであり、恐ろしい。しかしずっと見ていると、最初のインパクトとは裏腹に、ある種の安らぎすら感じられてくるのは奇妙だ。氏自身はどんなつもりで作品を描いているのだろうか。


『衛生的食材』2004年

「気分としては普通ですよ。平常心。テレビ観ながらとかラジオ聞きながらとか、洗濯機まわしながら描いたりしてます。別に人をバラバラにしたいって願望があるわけでもないですし」

だったらなぜ体をバラバラにするのかという質問に、氏は「わかんない(笑)」と答えた。

実は、キジメッカ氏の絵の題材になっているのは氏が睡眠中に見た夢や白昼夢の光景なのだそうだ。夢で見て面白いと思ったものをそのままキャンバスに再現しているので、内容がどんなものであれ、そこには意図も狙いもメッセージもないのだという。


『視線回避』2005年

『魚肉検査』2005年
「だから、夢に出てきたイメージを描き写すところまではクリエイティブなんだけど、それ以降は流れ作業になる。描きながら考えるってことはないんです。せいぜいが、早く終わんないかなぁって(笑)」

夢で見たものを描き終えてしまえば、氏も我々とほぼ同じ立場で「これはいったい……」と首を傾げるほかはないのだ。一見ダークな世界を描いていながら、意外に負のイメージだけに偏らないのは、そこに恣意的な意味が込められていないからかも知れない。


『二つの入口を持つ部屋の前』2006年

氏が油絵を描き始めたのは16歳の時。以後、「普通の絵」は一切描いたことがないという。

「一度、高校生の頃にスケッチで人が人にかぶりついてる絵を描いたんですけど、それを親が見たらしくて、心配して家族会議を開いたことがあったそうです(笑)。当時から今くらい荒れた感じの絵を描いていましたね」

思春期の頃からこういう世界を描いていたとすれば独特の少年であったことは間違いない。


『耐え難い嫉妬』2006年

『耐え難い嫉妬』2006年
「僕の場合、文章とか言葉にしたら人を不快にさせてしまう。……だから絵なんじゃないかな。絵だったら、明確に言わないから、仮になんか皮肉っぽいことを考えてたとしても皮肉に見えないじゃないですか。オブラートに包まれて(笑)」

魁偉で、異観で、静謐な絵――。作品にメッセージはないという氏だが、若き日から今に至る氏のナイーブな一面は、常にうっすらと透けてオブラートの奥を一層謎めかせてはいなかっただろうか。が、夢は夢。氏にとってもわからないものはわからないまま、今日も無限に意味深な光景を丹念に描き込んでいくばかりなのである。


『わからない天使 その弐』2008年

今回の個展『精神負債賤役』では、新作約10点の他、映画『探偵物語』に出演した作品5点、未展示の旧作品も多数出品されるという。機械的に描かれた夢の中の世界は、毒に溢れた地獄なのか、無菌のパラダイスなのか。「キジメッカ」という名前すら「16歳の時に夢で閃いた意味のない文字列」だという異端の画家が、外界に開いたドアの数々。あなたはその向こう側を見て何を思うだろうか。

文=井上文


『家族』2008年




キジメッカの絵画展『精神負債賤役』

開催日時=2009年2月23日(月)〜3月7日(土)
11:00-19:00(最終日は17:00)日曜休廊
会場・問い合わせ先=東京・銀座「ヴァニラ画廊」
〒104-0061
中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビル4階
電話 03-5568-1233

キジメッカ Kizimecca / プロフィール
1967年 東京生まれ
某大学法学部中退
国内外にて時々展示を行っている。本・雑誌等への掲載少々。
2004〜2005年 S&Mスナイパー巻頭頁連載。
2007年 劇場公開映画「探偵物語」(監督:三池崇)に作品が多数出演。


関連記事

銀座「スパンアートギャラリー」 森口裕二展『沈黙』開催小特集


inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.01.09更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報