本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.43(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2018年11月号(ミリオン出版)
昼下がりのエロアパート妻(ミリオン出版)
騎士の誓い(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年11月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
ともだちになる難しさ、ともだちでいる難しさが描かれるBLコミック
同級生から「マネキンくん」と呼ばれている無表情で無口な那智眞尋と、女子に絶大な人気を誇る人気者・真里谷梓。2人はお互いが一番大切で、一番の友達。けれど、真里谷には那智に言えない想いがあって――。 少年同士の不器用なコミュニケーションにBL的萌え要素が詰まった、ファン垂涎の注目BLコミック!!
 | 
大人になった今でも、人との距離のとり方にとまどうことがあります。これでもだいぶ慣れてきたとは思うのですが、10代のころは苦労しました。
特に、男女問わず好きな人や気になる人が相手だと、関係性の目盛りを好きか嫌いかの2つだけに設定したくなっちゃうんですよね。好きを受け入れてもらえなかったら嫌いになるしかない、みたいな、不器用を飛び越えて、もはや破滅衝動に近かったような。

中間地点もそりゃああるんだけど、しかしそこはものすごく居心地が悪くて、早くどっちかに振りきってしまいたくてたまらない。でも、そんなことを考えながらも、「嫌い」のほうに振りきって、何もかも終わってしまうのもすごく怖くて、薄氷を踏むようなコミュニケーションを多少いらつきながら繰り返す。でありながら、それがすごくつらいとかイヤだというわけでもなくて......ただの友達よりも濃い、濃くなりたい関係って、そんな「でも」とか「だけど」が繰り返される矛盾の上に成り立っていたような気がします。
特に中学生ぐらいの、ほかに逃げ場のない小さくて閉じた世界にいたときは、その傾向が強かったような。

無口で無表情、かつ無愛想な中学2年生の那智は、クラスメイトの真理谷のある言動を偶然目にし、彼に「はじめて友達になりたいと思った」とストレートに伝えます。真理谷と「ともだち」になった那智は、真理谷に対しての独占欲を隠そうとしません。真理谷いわく、「ちょっとズレている」子です。

一方の真理谷は、学年の人気者という点を除いては、比較的「普通の人」の立ち位置に近く、最初は那智の表現に面食らいます。しかし、そのうちに面食らわせる部分にこそ惹かれていくようになり、同時に、惹かれることに対して葛藤を抱くようになります。
えぇ、なんたって男同士ですから。

真理谷は「傷つきたくないから、相手を先に傷つけてしまえ」という理屈で、那智に辛辣な態度をとりますが、これは好き・嫌いしか目盛りを作れない人の発想なんじゃないかな。本来なら自分のほうからそっと離れて、中間地点で感情の暴風雨が止むのを待てば済む話ですから。
好きになってはいけないけど、嫌いになれない。だから傷つける。つきはなす。自分のことを嫌いにさせる。なんという自分勝手で不器用なやり方。

いえ、真理谷はたぶんもともとは、たいていの人と適度な距離を置いて仲良くできるし、好きな人に対しても、居心地が悪いと感じつつも好き・嫌いの中間地点にいることのできる人間なんだと思います。じゃなきゃ「学年の人気者」なんて牧歌的なポジションは務まりませんよ。
それが、「俺はどこもへんじゃない。おかしいのは君のほうだ」という台詞に表われているような男同士であることの焦りが、理性を剥がし取ってしまった。
私はこういう、同性に対しての感情に苦しんで悩んで壊れていく少年にたいへんドキドキするので、この作品はまずここでグっときました。

さらに、那智に好意を抱く女子が登場。真理谷は女子も那智も徹底的に傷つけた結果、それまでの価値観を一変させる、とても大事なことに気がつきます。
女子を踏み台や媒介にして、男子同士が異端の愛情を確認し合う。女子が登場するBLを嫌う向きもありますが、私は女子を噛ませ犬にすることで、異端の妖しさや甘やかさがより一層引き立つように感じるので、むしろ大歓迎です。

この作品は、実際には高校2年の那智と真理谷が過去を振り返りながら、二人が「ともだち」であり続ける選択をする様子を描いています。
真理谷は「気づき」で救われたわけでもなく、3年の時が経過しても相変わらず那智への思いに悩み、苛立ち、那智のストレートさに翻弄されています。

真理谷にとって、那智と「ともだち」でいることは、あらゆる感情や、その感情のために那智、そして他の誰かをも傷つけてしまうかもしれない覚悟を背負うことでもあります。
大人になるというのは、それぞれが抱える不器用さや、どうしようもできないこととの共生方法を手探りで知っていくことなのかもしれません。
人間が自分の汚い部分や短所についてさんざん葛藤した末、捨てられないのならと受け入れる姿は私の大好物です。嫌いになれるところのない人間は、好きになれないんです。特に思春期の少年(これは少女も)が心の闇と向き合って、最後にそれを受け入れるというのはたまらないものがあります。大人の階段は泥まみれの足で駆け上がれ!

この巻(第1期)は目に見えるわかりやすい惚れた腫れたアクションはなかったものの、感情や状況、情景がとても丁寧に描写されていたので、物足りなさはありませんでした。
しかし何はともあれ、こんな二人がいつまでも単なる「ともだち」でいられるわけがなく、次期はもうちょっといろいろあるようで、たいへん楽しみです。

文=早川舞

『若葉の -少年期-』(大洋図書)

原作=橘紅緒
イラスト=北畠あけ乃
価格:690円(税込)
ISBN:978-4813053620
発売:2012年4月26日
出版社:大洋図書

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『パパ'sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~』(大洋図書)  著者=SHOOWA

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLESS!!」
 | 
12.07.29更新 | レビュー  > 
早川舞 |