ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
友人の誘いに乗り、女教師をレイプして以来、女を犯すことの味を知ってしまった男、竜二。その双眸が野獣のごとく輝くとき、全ての女は狩られるだけの存在となる。ヘンリー塚本監督の傑作レイプドラマ、ついにリマスター復刻!
 | 
ヘンリー塚本監督の1994年度作品をリマスター復刻した本作。
婦女暴行常習犯の主人公・竜二が、知人女性を次々と犯していくレイプドラマなのですが、この竜二が若くて顔立ちが整っていて、ほどよく筋肉もついており、日に焼けた身体がセクシーないわゆるイケメンタイプ。
また、「全ての女がそうでないことは百も承知だが、レイプ願望がある女がいることも事実だ」「犯りやすい女......それは、いい女で魅力があって理知的な女」というモノローグまで入ります。
こんなに強姦魔をカッコよく描いて、堂々とレイプ正当化理論を展開させるところに、時代を感じさせますね......。

本編は3本立てになっていて、最初のストーリーは中学校の同級生がターゲット。
ターゲットの自宅に無言電話をかけて、相手が在宅中であることを確認してから、家に上がり込んで襲う、というのが彼の定型パターン。
最初は抵抗していた彼女ですが、最後には起き上がって竜二に抱きつきながら喘ぎ声をあげてしまいます。
「一生に一度くらいは、こんな風に犯られるのもいいんじゃないか」「あんたは確かに感じた。女の生殖器は正直に反応した」「手を縛っていた紐を解いてもしがみついてきた。強姦罪は成立しない」など竜二の台詞まわしに、ツッコミどころ満載の昭和イズムが光ります。

二番目は同僚の妻がターゲット。
出勤前の夫と台所でセックスしたばかりの彼女に襲いかかります。
この女性は過去にも竜二にレイプされていたらしく、最初は「この強姦魔!」と冷たく突き放し罵りますが、セックスに突入した途端に「竜ちゃん、やめてぇ」と何故か急に愛称で呼び始め、アンアン喘ぎ出します。
「安心してくれ、精液はちゃんと外に出した」というドヤ顔の竜二の台詞とセットで、思わずツッコミたくなります。

最後のストーリーは、学生時代に友人と女性教師をレイプしたときの回想。
この女性教師を演ずる篠原五月はワキ毛を生やしていて、同じFAプロの『ワキ毛不倫人妻 性の告白』という作品にも出演しています。
ワキ毛女優というと何だかマニアックな印象を受けますが、彼女のワキ毛はとてもナチュラルでセクシー。
ワキ毛ってこんなにエロいのか......と、認識を新たにした次第であります。

本編が終わると、最後に『脱獄獣 忍び込みて暴行に至る』という作品も収録されているのですが、こちらは主人公の脱獄者二人が他人のセックスを覗き見るのがメインで、レイプシーンは最後に4分程度あるだけ。
前半は山小屋でセックスする山男風の男と美女のカップル、後半は家族の留守中に中年男を自宅に呼び出して援助交際している女子高生のセックスを覗き見るのですが、後半のほうがストーリー性が高い分、エロさも増しています。
「20分、一万五千円でどうだ」という値段設定のリアルさとか、「おじさん、早くしないとお母さん帰ってきちゃうよ」という台詞の生々しさとか、本当に当時援助交際してた人たちが交わしてそうな会話ですよね。
この後脱獄者二人がこの家に侵入し、中年男を殺して女子高生を脅しレイプシーンになるのですが、『竜二』とは違ってこのレイプ魔二人には同情の余地はまったくなく、レイプが終わった後は女子高生を殺害し、また逃亡していくという後味の悪い終わり方になっています(『竜二』のようにレイプが正当化されたストーリーよりも、こっちのほうがある意味健全な気はしますが......)。

こうして二十年近く前の作品を観ると、当時の作品は尺が短いため(本作は合計80分)セックス描写はあっさりめ、男優の存在感が大きい、結合部をアップで映さない、精液は画面内に映さないなど、現在の(男性向け)AVの定石とは大きく異なる点が多いですね。
レイプ魔を美化して描いている点を除けば、意外にも現在流行している女性向けAVと共通する要素が多いというのは、興味深いです。
現在のAVのあり方を考える方法としても、こうして過去の名作を見直すことは重要なのではないでしょうか。

文=まな

『竜二 婦女暴行常習犯』 (FAプロ)


監督:ヘンリー塚本
発売日:2012年11月1日
品番:AOFR-037
収録時間:80分
定価:4,500円
メーカー:FAプロ

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『昭和セックスエレジー 父も母も妹も姉もみんな禁親相姦(FAプロ)』

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
12.12.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
まな |