本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
ギャルリー志門 三宅玄朗展「鈍黒の夢想」開催!!
特選AVレビュー『濡れ続けた一日 気持ちはあの頃...性欲なう 其の二 あきこ32歳(仮)』(マーキュリー)
特選AVレビュー『街中突然くすぐり』(ラハイナ東海)
特選AVレビュー『トライブレイバー Vol.01 シルエスターブライブルー』(GIGA)
特選AVレビュー『金蹴りスペシャル3』(パナシアプロダクション)
特選AVレビュー『湯けむり天獄~縄情の宿~八 天縄月あかり 編 新村あかり』(ヴァンアソシエイツ)
非道徳を極め禁忌を孕む最上の破戒エロス「鬼」シリーズ始動! 桃咲ゆり菜主演『鬼兄~家族の肉奴隷に落ちた清純妹~』発売!!
特選AVレビュー『汗・唾液・潮・失禁...【恥汁】滴りっぱなしじっとり密室SEX12時間 小泉ひなた』(ソフト・オン・デマンド)
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【1】
2ページまんが 酒場の女【30】
特選AVレビュー『キミ、10代、恋の予感 里見千春』(Spice Visual)
私がちょこっと出ているから言うわけではないが、なかなかいい映画だし、私がちょこっと出ているということを今ここでもう一度申し上げたい 映画『阿吽』公開中!!
特選AVレビュー『初めての夫婦交換[二]』(GOGOS)
アクセスアップ
新刊情報
囀る鳥は羽ばたかない 4(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.8(大洋図書)
点つなぎパーク&ファミリー 若葉特別号(大洋図書)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.31(ワイレア出版)
人妻絶叫アクメDX(大洋図書)
よろめき 2019年6月号(大洋図書)
egg2019 令和(大洋図書)
灰かぶりコンプレックス 2(大洋図書)
囀る鳥は羽ばたかない 6(大洋図書)
囀る鳥は羽ばたかない 4(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
悪の組織エリスが、世界同時テロを行うために優秀な傭兵を集めているという情報を入手した麻宮摩利は、その選抜試験に挑み組織への潜入を試みる。麻利は、強靭な敵を次々と倒し、隙をみて組織内のコンピュータから情報を入手するが、組織のボス、ナイトメアギールに見つかってしまい――。格闘ゲームの画面をモロに取り入れた、ユニークなアクションAV!!
 | 
DVDディスクを投入すると、まずは3分ぐらいのオープニング曲。歌い手はアニメ声でいかにもアキバっぽい感じの曲調。出演者のクレジットテロップとともに、長澤りおのセーラー服姿とスーパーヒロインのコスチュームの2態でのポージングが映し出されます。
これがなかなかカワイイ。「アキバトル」ならではの出だしです。
そしてタイトル画面。いつものように凝ったロゴでとてもAVとは思えないセンス。
いやぁ、GIGAはいいですね。毎回、スナイパーでレビューするのが楽しみなんですよ。

さて本編ですが、パソコンが置かれた部屋にムサい感じのニイちゃんがやってきます。
イスに座りキーボードを叩く。するとモニターには「エンペラー オブ ファイターズ(EDF)」という文字が。
このニイちゃん、人差し指を立てながら画面に向かって「最初にお前に負けてから3年、この日をどんなに待ったことか。麻宮摩利! オマエを今日こそ倒してやるぅぅぅ!!」なんてことを叫んでいます。

「格闘ゲームヒロイン」シリーズは初めて見たのですが、格闘ゲームの世界をそのまま表現しているみたいですね。キャラクターの紹介があるかと思うと、いきなり左右に分かれ、対戦コールとともに画面上に体力のゲージが現われます。そのまんま格闘ゲームの画面構成です。

麻宮摩利の最初の相手はキャパ・ナット・マッチョイ。格好からしてタイ式ボクシングの猛者みたいです。摩利は格闘ヒロインに変身する前は女子校生という設定なのか、最初は制服を着て戦います。しかしそのままの状態では当然のように劣勢に立たされて、倒されてしまいます。ここで「よくもやってくれたわね。こうなったら!」とヒロインに変身。決め立ちのカットが入りBGM。ニコリと微笑んで室内なのに髪が風になびいていたりします。このあたりは格闘ゲームというより、特撮モノですね。そこはミックスされています。
変身した摩利は、マッチョイにすかさず連続キック。するとみるみるマッチョイの体力ゲージが減っていきます。そのままノックアウト。「YOU WIN」とテロップが流れます。

こんな感じで2回戦、3回戦と進んでいくのですが、この話は格闘ゲームを見せるだけではなくて、いちおう話の中にストーリーもあります。
麻宮摩利は「エリス」という悪の組織に潜入捜査をするためにこの格闘競技会に参加。この格闘試合はエリスが優秀な傭兵を集めるための選抜試験という設定で、摩利はその試験に合格し、悪の組織エリスの全貌を曝き組織を壊滅する任務を得ているようです。
試合を重ねていくなか、隙をみて捜査を開始。しかし組織のコンピュータにアクセスし情報を集めているところを、組織のボス、ナイトメアギールに見つかってしまいます。

組織に捕まり戦いをさせられる麻宮摩利。今度の相手は白い道着を着た巨漢のビッグゴル。連続の掌底、岩石パンチで摩利を追い込んでいきます。
ノックアウト寸前にまでなりますが、最後は超能力技で逆転。なんとか勝利。
続くファイナルステージでは、ナイトメアギールと戦いますが最後の最後に負けて、囚われの身になってしまいます。

ここからがよくわからない展開になるのですが、手下たちに組み伏されている摩利がナイトメアギールに向かって啖呵を切ります。

「さっさと私を殺せばいいわ」
「誰が殺すと言った。私は、オマエを妻に迎えることにした」
「なんですって?」
「考えてみろ、オマエとオレとの間にできる子どもはどんなに強力な子どもか。考えただけでも、ワクワクする」

両手を男たちに押さえつけられてナイトメアギールにハメ倒される麻宮摩利。
激しくピストンしながら「今日からオマエはオレのモノになる。そして、オレの子ども、たくさん生むんだぁ」とナイトメアギール。

「いっやぁーーーー、やめってぇぇぇぇえ!」

正常位から後背位へと体位を変え、最後は下から激しく突き上げて、「さあ、私の子どもぉ、私の子どもぉ、産むのだぁぁああああ!」と発射。

すべてが終わり、泣いたままうつ伏す摩利。
ナイトメアギールに中出しされたマンコからは白い液が流れてきます。

そして「YOU LOSE」

ナイトメアギールを小沢トオルが演じていたこともあって、しっかりと抜き差しシーンがあるちゃんとしたAVにはなっていました。生ハメなはずなのにゴムが明らかにわかるカットもあるのですが、もともとギミックなつくりのせいか、ふつうのドラマAVにくらべてそんなに気にならないから不思議です。
それとなぜに最後は孕み要求なのか格闘ゲームの世界としてとらえるとよくわからなくなってきますが、それらの不条理展開もGIGAだと楽しめたりします。
ギミック万歳ということでしょうか。

ただひとつだけ気になったのは「技の名前」が聞き取りにくいところです。
何と叫んで相手をやっつけたのか何度か聞き直してみたのですがよくわかりませんでした。女優さんの滑舌の問題もあるのですが、BGMや効果音をかぶせていて聞きにくい部分もあるので、テロップで技の名前を入れてくれるともっと嬉しいと思いました。

そんなふうにいろいろ言いたくなってしまうのがGIGAの作品なんですよね。
あいかわらず、特撮オタ心を刺激するメーカーですよ。

文=淫語魔

『格闘ゲームヒロイン エンペラーオブファイターズ(GIGA)


監督:宇那月
発売日:2009年12月11日
品番:ATHB-29
収録時間: 本編67分 メイキング8分
定価:10500円
レーベル:アキバトル
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『スーパーヒロイン危機一髪!!Vol.31 魔力戦隊ミスティーレンジャー(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.10.01更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |