ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 本家三行広告 1
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
インテリアデザイン会社に勤める彩花(雨宮)は、結婚も決まり仕事も順調。ある日会社に陶芸家が作品の売り込みに現われる。彩花はその作品に惚れ込み、展示会にその作品を並べたいと上司の一条に企画書を提出するが……。王道的な凌辱ストーリーに貞操帯というニッチな小道具を組み合わせた人気シリーズ第12弾!!
 | 
このシリーズも12作目。貞操帯なんて、ニッチな嗜好かと思ったら、意外に支持されてるんですね。まぁ、このシリーズの場合は、貞操帯自体は象徴的な意味合いが大きいのですが。

インテリアデザイン会社に勤める雨宮琴音は、同僚と付き合っています。過去に琴音に振られたことがある上司はそれを面白く思っておらず、彼女を罠にかけてしまいます。

夜道でいきなり襲われ、犯され、貞操帯をはめられてしまう琴音。そんなことを彼氏に言って幸せな関係を壊してしまうことを恐れる琴音は、その弱みにつけこんだ上司によって、得意先への肉体接待を強要されてしまうのでした。

主演の雨宮琴音さんは、スレンダーで線の細い、言ってしまえば幸の薄そうな美人です。こんな女性が次から次へと悪どい男たちに犯されていく姿は痛々しくも、サディスティックな興奮を誘われちゃうのですね。

本作では、なぜかやたらとバックから犯されるというシーンが多いんです。無理矢理獣のように犯されるのは女にとって屈辱的なことでしょう。そこがまたイイわけですよ。

特に自分が目をかけていた陶芸家に、会社の応接室で犯されてしまうシーンが素晴らしいですね。貞操帯を外されて、全裸にされ、ソファの上で四つん這いにさせられて、バックからバコバコ。

他の社員にバレてしまってはいけないと、必死に声を押し殺しているのが、また可哀想で興奮しちゃうんですよね。

最初に犯されるシーンで、自分で膝を抱え込ませてマングリ返しのようなポーズをとらせるのも屈辱的で、よかったなぁ。何もかも丸出しになってしまう恥ずかしいポーズを自らとらされるというのは、これはキツイですよね。女としてのプライドはズタズタ。

毎回、犯されて中出しされては、大きなラジコンローターを挿入されて、その上から貞操帯をつけられるのですが、出された精液をちゃんと洗わないままだったりすると、それはかなり不衛生。

中世ヨーロッパで、実際に使われた時には、局部が炎症を起こして、化膿し、死に至った例もあると言われています。けっこう恐ろしい拷問具でもあるんですね、貞操帯。

とはいえ、スカートをめくりあげた下半身に貞操帯というのは、実にエロティックな光景であります。正しく清潔に使って、楽しい貞操帯ライフを送りたいものです(笑)。

文=安田理央

『貞操帯の女12(アタッカーズ)


監督:なぎら健造
女優:雨宮琴音
発売日:2010年03月07日
品番:DVD/RBD-188
収録時間:120分
定価:3990円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特撰AVレビュー『夫の目の前で犯されて― 義弟の暴走(アタッカーズ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
10.05.15更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |