ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
アクセスアップ
新刊情報
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年5月号(大洋図書)
JK SPECIAL(大洋図書)
人妻(裏)撮りSP(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.7(大洋図書)
エロき農村の妻(ミリオン出版)
激撮! Vol.4(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
ネコを連想させる小悪魔フェイスに、バスケで鍛えてきたという引き締まったボディ。形のいいヒップを躍動させ、オイルヌルヌルの淫ボディをクネらせながら、極上美ギャルがドスケベ痴態を披露しまくる! 中出しシーンもあるけれど、もっと注目して欲しいのはそのヌルヌルプレイの魅力なのです。
 | 
この作品、腑に落ちないのである。いや別に作品の中身がひどいとかそういう話をしたいのではない。内容自体はタイトルにあるように、「素人ギャル」が出てきて「生中出し」をされるという話である。

出演しているマイさんだが、真正の「素人」であるかどうかはともかく真正の「ギャル」であることはまちがいない。ゆるふわ立てロール、亜麻色の髪。横にスゥーと伸ばした脱色眉毛。マスカラで強調したブラウンの睫毛。そのメイクも含め褐色の肌はパッケージ写真の通りである。

「生中出し」のほうは立て続けに2回、膣内射精されるコーナーがある。タイトルに偽りはない。ただし顔射フィニッシュのコーナーもあるのでオール中出しではない。そもそも6コーナーあるうち本番コーナーは2つである。そのうちの1コーナーだけが「中出し」フィニッシュ。あとは手コキコーナー、パイズリ+尻コキコーナー、オナニー・電マバイブ責めコーナー、フェラコーナー。膣内射精が6コーナー中1コーナーのみということを考えると中出し色は弱いのかもしれない。

だが自分が腑に落ちないのはそこではない。コーナータイトルを列記するとわかるのだが、「オイリー手コキ」「オイリーセックス」「オイリーおもちゃ」「オイリーパイズリ」「オイリーセックス-2」「オイリーフェラ」とすべて「オイリー」という言葉が冠せられている。そうなのだ、この作品は全編を通してオイルでギャルの体をテカテカにして、そのうえそこを引き立たせるような撮り方をしているのだ。
撮影現場を暗めにし、小さな光源だけで女の体を照らす。オイルを塗りたくった女の肌はその明かりに照らされてつやつやと光る。また「素人ギャル」のマイさんはおっぱいも大きく形もキレイで、後ろからピストンされると柔らかい乳がプルンプルン動く。つやつやしたオイリーな茶褐色の肌がますますボォーと画面に浮かび上がる。そこがこの上ない猥褻さを醸し出すのだ。

そこまで工夫してオイルAVを撮っているのに、そのオイル要素を強く押し出さないのは不思議でならない。今までも、ギャルにオイリーなカラミをさせる作品はいくつか作られてはいるが、ここまで徹底しているのはそうそうないだろう。オイリーフェチのユーザー向けとしては十分な内容だと思うのだが、そこを前面に押し出していないので、そういう嗜好をもつユーザーの手元にはなかなか届きにくいはずだ。なんとももったいない話である。

私事で悪いが、自分も「淫語」というマニアックな性癖をもったばっかりに、作品選びにはだいぶ苦労してきた。だからニッチなマニアには同情してしまうのだ。
せっかくここまでオイリー肌を追求している作品であるなら、パッケージに小さく書くのではなく堂々と見つけやすいように惹句を入れてほしいと思う。そうすれば全国のオイリーAVファンが喜んで手に取るに違いない。マイナーな性癖を持ち、自分の嗜好にあった作品を見つけられずにいるということは本当に哀しいことなのだ。

特に本作について言えば、このマイというギャルが実にエロカワいいのだ。四つん這いにさせられて後ろからマンコを拡げられると、「ああ、やだぁ。んふふ」と恥ずかしそうにテレ笑いを浮かべる。ギャルだからといって恥じらいがないわけではない。でもいったん感じ始めると「ああヤバイ、ヤバイ!」「ダメダメ、ああダメぇ、ヤバい」と、もはやギャル定番のあえぎ言葉である「ヤバい」を多用する。ダンスなどもやっているのだろうか、男にまたがったときの腰振りもリズミカルに前後運動をする。やや肉感的でオイリーな体は抱き心地もよさそうだ。
そういった意味でオイリーギャルAV作品としてはよい作品だと思う。だからこそタイトルやパッケージの作りにちぐはぐな印象を持ってしまう。

実はもうひとつ問題がある。パッケージの裏の記載では6つのコーナータイトルが明記されているのだが、本番をする2つの「オイリー セックス」にそれぞれ「*ナマ中出し」の表記が見える。
冒頭にも書いたが、最初の「オイリーセックス」には男優2人による連続「生中出し」が収められている。しかし2回目の「オイリー セックス2」は違う。男優みずからが「お顔に出していい? ねぇ、いっぱい出していい?」と言ってマイさんの顔中をザーメンだらけにするのである。大量の汁なので「顔射」としてはいい画が撮れている。だが「中出し」の画ではない。「中出し」期待で購入するユーザーがいるとしたら、この表記はないのではないかと思う。クレームがきても仕方ない表記だ。作品の中身が悪くないだけに、こういうところでも損をしている。

いろいろ腑に落ちないところがあるにはあるが、とにかくオイリーAVファンには必見のシリーズ作品だと思う。どうか全国のオイリーギャルAVファンにこの作品の存在が伝わるように。そのことを願うのみである。

文=淫語魔

『素人ギャル生中出し2 MAI GL-003(素人onlyプラム)


発売日:2011年4月15日
品番:GL-003
収録時間:130分 
定価:2980円
メーカー:プラム

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『素人酔った人妻に生中出し 005(素人onlyプラム)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.05.15更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |