本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
長寿シリーズ第33回の生贄は、普段は真面目な仕事をしているという生田沙織18歳。変態サド紳士・佐川銀次が、その若い体をネッチリと責め嬲る。繰り返される恥辱に鳴り響く悲鳴、その先にあるものとは……。
 | 
「猟奇の檻」と言ったらずいぶん息の長いシリーズですよね。メーカーのホームページで調べてみたら、現時点(2011年7月)で76作出ているようです。
今回の33は2007年11月にレンタル発売されたものを再リリースしたもので、「地底紳士」こと佐川銀次氏による執拗な責めを、佐川みずからのハンディカメラの映像と、2人の様子を映した別のカメラによる映像とでカットを入れ替えながら進行していきます。

冒頭ではイスに座る生田沙織さんの体を佐川のハンディが撮るのですが、これがあまりにもカメラ自体を近づけすぎるので女性のほうがいやな顔をしてのけぞったりしています。
しかし佐川はそれにはかまわず女性のパーツをドアップで撮り続けます。頬、耳、下がって脚、ピンクのペディキュアが塗られている足指。あまりにもじっくり撮るので女性は思わず足を引きスカートの裾を押さえてモジモジ落ち着かない様子。そこをもう1つのカメラが映します。佐川のハンディは女の体を舐め回すように這い回り、女はその異様な感覚に身をよじる。そしてそれを俯瞰でおさえる別のカメラ。見事な臨場感です。

このあと鼠径部にカメラごと突っ込むと女はすかさずスカートの上から両手で股間を隠そうとします。しかしその手ははずされパンツが大写しになる。それでも何度か股間部を手で隠そうとしますが、容赦なくカメラはパンツを見せつけます。パン筋がうっすら出ていてなんとも卑猥な画です。
次に佐川は右手を使って女の顔をまさぐる。耳やあご、首筋などをまさぐると女は恥ずかしそうにしながらも息を荒くしていきます。
胸元からブラウスの中にカメラを入れブラジャーとそこに包まれたおっぱいを撮る。
そして佐川は女の鼻舐め、頬舐め、眼球舐めをしていきます。SMというより少しフェティッシュな感じがします。
ここまでほぼ無言で進行していくのですが「火照る吐息」「いけにえの匂い」などのテロップが多用され文字情報が饒舌に視聴者の感覚を刺激します。
やがてブラウスの中でブラがはずされて乳首が映し出される。さらにパンツを下ろされてマンコが画面いっぱいに。

このカメラによる視姦シーンから作品は始まるわけですが、次のプレイではバイブ挿入で両手両足を床につけて歩かされ、スパンキングなどをし始めます。こうなるとフェチ映像からだんだんSM色が濃厚になっていきます。

次のシーンでは両手を拘束、開口具をつけられ指を口の中に突っ込まれます。よだれがダラダラだらしなく垂れたところを立たされた状態で両手を吊られ、ローションで体をまさぐられる。
透明のビーズがついたロープが張ってあるところを股がらせ、そのまま歩かされる。沙織さんはマンコにビーズがあたるとそのたびごとに「ああん、ああ」と切ない声をあげる。佐川がロープを前後するとさらに「ああああっ、ああああっ」と声が大きくなっていく。
白い裸身が身もだえる姿が美しい。

この沙織さん、よく聞いているととてもいい声で鳴きます。瞳は憂いに満ちているので、切なそうな顔が開口具ごしにさらに加虐の心に火をつけます。

次が定番でもある開脚拘束イス。白いボリュームのあるお尻をでんと前に突き出し、顔とマンコが同時に見られる格好にさせられる。指マンして、アナルとマンコの二穴責めバイブ、そして赤ロウソク。体は硬直し、「ああーー、あああーーー、だめぇー」とお腹の底から叫び声が上がります。容赦なく佐川がマンコにロウソクを垂らしていくと「だめぇぇええーっ、だめぇぇぇぇえええーーっ」とついには大きな悲鳴に。
「ゆるしてください。もうゆるしてぇ」と言う沙織さんに今度は牛乳浣腸。
それが終わるとイスからは解放され、それでも後ろ手に縛られたまま佐川とのセックス。

最後に撮影後のインタビューがあるのですが、生田沙織さんはふだんは会社で秘書をしているとのこと。このビデオ撮影はあくまでアルバイト、今回は会社帰りに撮影に臨んだらしい。「今日さ、どうだった? つらかった?」と聞く佐川に、首を横に振って微笑んでいます。
「じゃあ、よかったプレイってどんなの?」
「イスに……、拘束されて……」
「あれがよかったんだぁ」
「うん」と恥ずかしそうにしながら妖艶に笑うOLの生田沙織さん。

あれだけ叫びまくって「ゆるしてください」と懇願までしていたのに、それがとってもよかったとは。女ってやはりすごいですね。
やや上目遣いで恥じらう感じがとても印象的なM女性でありました。

文=淫語魔

『猟奇の檻33(アートビデオ)


監督:榊原KEN
発売日:2007年11月27日
品番:ADV-R0313
収録時間:90分
定価:17,115円(税込)
メーカー:アートビデオ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『縛従肉蜜のぬめり(アートビデオ)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.07.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |