ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
真のS性を秘めたビーバップみのる監督が女優を袋詰めにして人間性を剥奪。ただの穴扱いして凌辱しまくる一部始終。引退の決意を胸に撮影へ臨んだ愛内希を前に、監督が炸裂させたネガティブ極まる虐めの数々とは......!?
 | 
昨年、春原未来で撮られた「私は穴」の第2弾。今回、「穴」にされてしまうのは、もうすぐ引退するという愛内希。

ビーバップ・みのるは、そのポーッとしたキャラクターとは裏腹に、かなりサディスティックな素質を持っている監督です。いかにもサディストと言ったイメージのコワモテ系監督も多いですが、もしかするとこの業界で一番Sっ気が強いのは、みのる監督ではないかと思う時があります。それは縄とか鞭とか言った様式美SMとは全く違う精神的なサディスティックさです。女性の精神をジワジワと追い詰めていき、それを本人は無邪気に面白がっているようなところがあります。

彼が注目されることになった2006年のD-1クライマックス参加作品『僕と企画女優の生きる道』(主演京本かえで)は、なんとも後味の悪い傑作でした。企画女優と1カ月同棲生活をし、恋愛関係を結んだ上で、彼女を玩具にしてしまうという非情さ。

「SMは愛」「SMは信頼」などという言い訳をみのる監督はしません。彼は、女を(肉体的にも、精神的にも)玩具扱いすることを、純粋に面白がっているように見えてならないのです。以降の作品でも、そんなみのる監督の特異なS性は発揮されていいきました。

この「私は穴」は、それが最もわかりやすい形で描かれている作品だと言えるでしょう。

あどけない顔立ちでありながらハードな作品にも多数出演している愛内希。そんな彼女をボストンバックに詰め込みます。頭だけ出した状態の彼女の顔にツバを吐きかけ、小便を飲ませ、首を締め、強引にイラマチオ。バックから出したと思えば頭にビニール袋をかぶせて、連続中出し。終わった後にはアソコへ放尿するというオマケ付き。

その後も、ボストンバックに入れたまま、そこだけ露出した口と膣への連続挿入。「怖い」「出たい」と愛内希がどんなに泣き叫んでも、相手にせず凌辱は続きます。

彼女が精神的にも肉体的にもボロボロになるまで、凌辱は続くのです。愛のあるセックスの対局にある、純粋な凌辱劇です。

合間に挿入されているインタビューで、愛内希は引退の理由について語っています。愛らしいそのルックスとは裏腹に、快楽依存症で、動物のようにやれれば誰とでもセックスしていたという彼女。AVの仕事をしていたのも、刺激的なセックスが出来たからだと言います。しかし、そんな彼女にも3カ月ほど前に好きな人が出来たのです。そして好きな人とするセックスこそが気持ちいいのだと初めて知りました。

「そんな普通のことを言うようになっちゃいました。動物から人間になったみたいな」

そう言って愛内希は笑います。

そうなると、もうAVの仕事も楽しめないようになってしまいました。それが引退の理由のひとつというわけです。

この作品のラストにみのる監督はテロップで、好きな人が出来たことで変わってポジティブになっている彼女が羨ましくて、いじめる撮影をしました、と告白している。妬みなのだと。

いやいやいや。本当はそんなつもり全くないでしょう。なんとか、いい話に落とし込んだなぁ、とニヤニヤ笑っているみのる監督の顔が目に浮かぶようです。

文=安田理央

引退を決意した愛内希に手向けられる中出し陵辱の片道切符!!




『私は穴 - 愛内希(ドグマ)


監督: ビーバップ・みのる
発売日:2013年3月19日
品番: ddb-211
収録時間:105分
定価:3.990円
メーカー:ドグマ

メーカーサイトにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『不倫妻 雇い人夫に犯されて - 結城みさ(ドグマ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.04.22更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |