ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー!
あの「腹パンチ対決」が復活する。ルールは相手の腹をただひたすら打つこと。観戦のポイントは身長169センチの甲斐に対して、150センチの村瀬がどう立ち向かうか……。身長差約20センチ、あまりにも大きなハンディを克服する手段は!? 10分5ラウンド制、運命の対決が始まる!
 | 
『続・腹パンチ対決01』。“腹パンチ対決"というAVとしてはかなりキワモノと思われるものに、“続"と“01"がついている。
すなわちこの作品には前作があり、これからも続編が作られるだろうってことですよね。うーん、人気があるんだなあ。正直、オナニー至上主義の私にはわからない深淵なるマニアの世界……。こういうのを見ると、やっぱりギャロップ作品は一筋縄じゃいかないと思い知らされます。

ご想像の通り、本作の内容は「2人の女の子が腹パンチで戦う」というただそれだけ。1ラウンド10分の5ランド制で、負けたからといってHな罰ゲームがあるとかそういうことも一切ナシ。ついでに言えば、なぜ戦うのかという動機付けさえもありません。
あるのは「負けたくない」一心でボロボロになりながらも戦う女の子の姿オンリー。

となると、この戦いにドラマを与えてくれるのは、そう。彼女たちの個性だけ。

というわけで、レビュー代わりといっちゃなんですが、まず2人のファイターのスペックを見てみましょう。

●村瀬優花――身長150センチ、B85(Dカップ)-W57-H85。撮影でボクシング経験あり。気の強そうなど根性タイプ。コスチュームは蛇柄のレオタード(露出少なめ)。

●甲斐ミハル――身長169センチ、B90(Fカップ)-W58-H87。高身長の美巨乳ナイスバディ。一見ぽわーんとしたムードのおっとりタイプに見えるが、体格に恵まれているぶん打たれ強い。コスチュームは露出高めのV字レオタード(ポロリもあるよ!)。

こんな感じ。
パッと見てわかるように、なんといっても最大の特徴は2人の20センチという身長差。

試合前に意気込みを聞かれた優花は、「これだけ身長差があるとむしろ低いほうが有利」と言ってのける鼻っ柱の強さを見せます。
でも、「むう、言われてみれば確かに背が低い方が腹に当たりやすいかも」と思いながらも、試合前のトレーニングシーンでポロリを連発するミハルのほうに肩入れしたくなってしまうのは人の情……。

試合が始まると、まず頭一つ小さい優花が実直に打って出る。それに対し「あんたのパンチなんか全然痛くないわよ」と棒読み口調で挑発しつつ脇の甘い猫パンチを繰り出すミハル。この対比はなかなかドラマチックです。

1ラウンド目では優花のやる気が優っているように見えるものの、ラウンドが進み殴られる数が増えるにつれて、ミハルもだんだんムカついて本気になってくる。ダウンしては起き上がり、またダウンしては起き上がる。

4ラウンド目くらいになると、双方だいぶ疲れて灰になる前の矢吹ジョーみたいな感じになってきます。口からは涎が垂れ、オッパイはポロリの連発。まったく遠慮がなくなって、バスバス殴り合う2人……。

最後に立っているのは、根性の優花か、天賦の才のミハルか。
まあ、それは観てのお楽しみということでひとつ。

文=遠藤遊佐

『続・腹パンチ対決 01(GIGA)


女優:村瀬優花・甲斐ミハル 
発売日:2009年10月09日
品番:PMID-116
収録時間:本編72分 メイキング5分
定価:10500円
メーカー:GIGA
レーベル:ギャロップ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『触手 01(GIGA)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
09.11.18更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |