女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
大堀香奈と言えば「マン屁」。その認識はファンの間ではすっかり認識されてきている模様。今作ではそこにローションプレイやコスプレの要素も加わり、人気の「まん屁」がよりダイナミック且つドスケベにフィーチャーされています。
 | 
2010年のデビュー以来、「マン屁」でAV業界を席巻している大堀香奈ちゃんですが、実録の宮本小次郎監督との間にはすでに昨年『美尻マン屁 大堀香奈』というマン屁モノが作られております。WEBスナイパーでは遠藤遊佐さんが紹介していますが、自分としては「マン屁、真っ向勝負」という作りで、すごく気に入っておりました。
小次郎監督の撮り方もさることながら、やはりそこに応えた「大堀香奈」という素材が単純に素晴らしいんだと思います。

彼女は実にさまざまな音色のマン屁を放つことができます。
「プッスゥー」というタイヤの空気が抜けるような音。
「クッゴゥーゴッゴッゴッゴー」という貯めた水が一気に排水口へ流れていくような音。
「ブホッ、プスプス、ズブブッ、プスススゥゥウウ」というネズミ花火が湿気って途中で止まってしまうような音。
そんななんとも下品で卑猥な音が「この子のマンコ穴から出ているんだよなぁ」と思うと、もうそれだけでも興奮しちゃいます。
また彼女のマン屁はプレイの種類をきらいません。生指オナニー、電マ・バイブ、指マン、顔騎クンニ、そしてファックの最中とどのタイミングからでも放つことできます。

その上このルックスです。
一見、真面目そうなお嬢さんで、最初は脱ぐのも羞じらうようなピュアな印象を与えます。でもいったん愛撫を受け入れるとものすごく感度がよく、何度もイッてしまいます。さらにその体つきがゴージャス。オッパイもお尻もボリュームたっぷり。それでいてウエストはちゃんとしまっているのですから、このカラダでもって後ろから突かれるとたわわなオッパイは揺れ、肉厚の太ももは波打って、弾力のあるお尻にまで振動が伝わります。
そして「ああん、奥まで当たる、あん、あん、あん」と素に近いあえぎ声を出す。するとマンコのほうから「プッスゥーー、ブホッッ、ブブブッ」と下品な音が聞こえてくるんですから、もうたまりませんよね。

さて今回は「ヌルヌル尻テカテカ尻でマン屁セックス」ということで、「マン屁」に「ローションプレイ」を加え、さらにヘリポビデオとのコラボですのでM男色の強い作品となっておりました。

全体的な特徴としては、まず全編にわたり着衣のままで絡みます。全裸シーンはいっさいありません。その着衣もワンピースの水着もしくはレオタードで、そこをローションでヌルヌルにします。するとだんだんスケスケ状態になり、布越しに乳輪も陰毛もハッキリと見えてきます。
最初は紺のスクール水着。そこにローションを垂らしローターオナニー。途中からM男優が出てきてクンニをさせます。イッたあとM男を寝かして手コキ射。
次は金色のワンピース水着。ローションマットプレイ。尻コキ。着衣越しの素股をして発射。
白のワンピース水着。こちらはM男に顔騎・尻コキして、そのまま男が自らの手でセンズリ射。
赤のレオタード。男に電マ・ローター責めされてイカされると、今度は男をフェラチオして口内射。
最後にピンクのスカート付きレオタード。こちらはローションセックスをします。

さて肝心のマン屁ですけど、基本はローションプレイなのでマン屁に関しては乾いた「ブホッ」みたいな破裂音が出にくく、「ジュボジュボジュボ」「ブシュー、ブシュー」といった粘着性のある音ばかりになっていました。またコーナーによっては香奈さんがM男優責めるだけの設定もありまして、さすがにチンコをしごきながらマン屁が出るってことはありませんから、マン屁の比重は下がってしまいます。
もっともマン屁の回数を数えてみたら119回。1分に1回ぐらいの頻度ですので、マン屁にこだわる人でなければこれでじゅうぶんかもしれません(ちなみに『美尻マン屁 大堀香奈』は264回)

そのかわりローションプレイとM男責めの要素が加わり、作品全体としてはうまくバランスのとれた作品になっていると思いました。そんなにマン屁にこだわらないライトユーザーならこちらのほうがだれなくて見やすいはずです。

それにしても大堀香奈ちゃんはやっぱり素晴らしいです。責めも受けもできて、感じだすと男優にしがみついたりします。情のこもったカラミ自体がエロいのに、そこへもってきてあのマン屁でしょう。彼女のマン屁は、一度は観ておくべきものだと思いますね。

文=淫語魔

『ヌルヌル尻テカテカ尻でマン屁セックス 大堀香奈 (実録出版)


発売日:2011年3月28日
品番:HPK-003
収録時間:130分
定価:3990円
メーカー:実録出版

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『爆乳デカ尻娘の淫語尻責めと美尻交尾 (実録出版)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.05.22更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |