女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『黒人巨大マラ 犯された日本人熟女 むちエロ美人妻を薬漬け4P輪姦セックス』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『崩れてく親子愛 成宮いろは』(タカラ映像)
特選AVレビュー『ベリーベリー通信 女子校生デカチンVSミニチン 短小と巨根』(ラハイナ東海)
特選AVレビュー 『河合あすながご奉仕しちゃう超最新やみつきエステ 46 お客様の欲望で凝り固まったアソコを極上リフレッシュ!!』(PRESTIGE)
特選AVレビュー『オイルボイン ぬるぬるてかてか極上Iカップ 佐知子』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『喉奥処女 AV Debut!!』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『おさわり痴漢白書 完全版』(RADIX)
特選AVレビュー『四六時中発情中』(SILK LABO)
読者代表変態仮面がイク! 第7回 五反田「AMANDA」斑鳩宮ゆりさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第7回 五反田「AMANDA」斑鳩宮ゆりさん【2】
2ページまんが 酒場の女【37】
読者代表変態仮面がイク! 第7回 五反田「AMANDA」斑鳩宮ゆりさん【1】
秀麗女優オールスター顔責めセレクション『顔面崩壊コレクター』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『十八歳の戦争 鈴木さとみ』(FAプロ)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年11月号
特選AVレビュー『あやしいカラオケ』 (韓流ch)
特選AVレビュー『M淫語マスクビッチ』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『軟体スーパースレンダー美少女』(K-Tribe)
特選AVレビュー『ここは今から愛の巣です。』 (ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『美人ニューハーフ凌辱的フル勃起セックス あゆみ』(僕たち男の娘)
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE特別編集 美麗女王様伝説 Vol.2(ワイレア出版)
giri giri SP Vol.3(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX 水仙特別号(大洋図書)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.33(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2020年 新春特別号(大洋図書)
花と蜜 2020年1月号(ワイレア出版)
金色蜂に蜜 1
まちがいさがしパークmini 2020年1月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2020年1月号(大洋図書)
ihr HertZ 2020年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
実の息子と男女の関係にある母・いろはは、初めて行く二人きりでの温泉旅行に熟れた身体を火照らせていた。が、そんな母子を物陰からじっと見ている男たちがいて......。様々な思惑が絡み合いながら展開される禁断絵巻!
 | 
タカラ映像の人気シリーズ「崩れてく親子愛」。物語の構成は毎回似通っている。息子との許されない近親相姦関係にある人妻が、親子水入らずの一泊旅行を楽しもうと温泉地へ。ところが男二人連れの宿泊客と出会い、「あの親子、怪しいな。ひょっとしてデキてるんじゃねえか」と露天風呂でセックスしているところをスマホで盗撮。「奥さん、この写真、SNSで拡散しますよ」などと脅迫され性奴隷にされてしまうという展開だ。悪役も兄貴分が石橋大砲で弟分が横山一光と常に同じキャスト。こういうのを「ワンパターンだ」と安易に批判する人もいるけれど、そんな単純に言い切れるものでもないと思う。ならば渥美清・主演、山田洋・監督の『男はつらいよ』はどうなる? 大衆とは永遠のマンネリズムを愛し、名作とは必ず類型的な構造を持っているものだ。そして『男はつらいよ』が毎回ストーリーの運びは同じだが、寅さんが惚れてしまうマドンナが変わるように、AVの場合は女優が変わる。つまりワンパターンの中に印象的な異物が入ることによってドラマにダイナミズムをもたらす。さらに本シリーズは毎回ユーザーの求めるエロいツボを抑えつつ、微妙にパターンを変えて楽しませてくれる。

さて、物語は温泉地を仲むつまじく手を繋いで歩く母親・いろは(成宮いろは)と息子・一郎の姿から始まる。「一郎と旅行に来れて嬉しいわ」と微笑む母に、「俺もだよ。でも、父さんに俺たちのことバレてないかな」と心配する息子。するといろはは「普通の浮気ならバレるかもしれないけど、私たち親子なのよ」と返す。そう、親子なのだから温泉旅行で出かけても何の不思議もない。しかし、これが物語の重要な伏線となる。母子は旅館の入口で客らしき若い男(横山一光)と出会う。そして横山は続いて現われる中年男(石橋大砲)に、「ホシを見つけましたよ」と告げるのだ。実はこの二人、妻と息子の関係を疑ったいろはの夫が、密かに雇った探偵だったのだ。そんなことは夢にも思わぬ母と息子は部屋に入り、「まあ、いいお部屋ね」「母さんのためにネットで調べたんだ」と仲むつまじい会話。「私も一郎のために選んできたの」とエッチな下着を身に付けて来た母に、若い息子はもう我慢出来ない。狂おしくキスを求めるが、「ダメよ。まずはお風呂に入りましょう」とたしなめて露天風呂へ。

この脱衣所で披露される成宮いろはの肢体が素晴らしい。プリップリのお尻に、まるで妊娠してるように盛り上がった乳輪と尖った乳首が実に猥褻。しかも石原さとみ風のベビーフェイスながら、分厚くエッチな唇に常に上気しているかの如くピンクに染まる頬と、アンバランスな個性を併せ持つ女優さんだ。2015年に38歳でAVデビュー、現在42歳というが実に若々しく、同時に熟女ならではの色気も溢れる。希有な存在だと思う。さて、母と息子は湯に浸かり、「お父さんへのお土産は何にしようか」などと会話をしながらやがて舌を絡ませるキスへ。乳房を揉まれ、母も息子の乳首を舐め、夢中で求め合う。情熱的なフェラから立ちバックで挿入。中出しの後はお掃除クンニと濃厚なセックスだ。その様子を垣間見ていた探偵たち。「やっぱりあの二人、クロでしたね」「クライアントに報告しますか」と言い合うが、「いや、僕にいい考えがあります」と横山が提案する。「あの奥さん、すごく綺麗ですね。あなたも、あの奥さんを抱いてみたいと思いませんか」。そして湯上がりでさらに色っぽさを増したいろはに接近。「実は奥さんの旦那さんから依頼を受けまして」と露天風呂での盗撮画像を見せつけるのである。

当然激しくうろたえるいろはだが、横山は「僕も職務上は旦那さんに報告する義務があるのですが、奥さんの態度次第では」と持ちかけ、「奥さん、オ××コ見せてください」と旅館の誰もいない布団部屋に連れ込み無理矢理キス。立ったままの体勢で指マンされると派手な潮吹きを見せるいろは。スケベな女なのだ。「味わっちゃおうかな」と顔面騎乗を誘ってクンニ。ラストはフェラチオで大量のザーメンを顔に浴びせかけ、お掃除フェラも強要。すると休む間もなく石橋が「いやあ、スケベな身体ですなあ」と現われる。「今度は私が楽しませてもらいますよ」と今度はエロ下着を着せられて、バイブを渡されオナニーを強要。しかもその場で旦那に電話をかけ、「奥さんですが、特に問題はないようですよ。息子さんとも逢っていないようですし」とニヤニヤ笑って電話。つまり「俺たちの言うことを聞かないとバラすぞ」と暗に脅すわけだ。

陵辱はまだ続く。旅館での豪勢な夕食時に呼び出し、お酌をさせ、口移しで日本酒を味わう。「奥さんの綺麗なカラダ見たいな」「旦那さんに調査報告してもいいんだよ」と全裸で給仕させ、「おや、鍋にアワビが入ってないなあ」「アワビなら奥さんに付いてるじゃないですか」なんてクサイ芝居で大股開き。オ××コを割り箸で拡げ、そこに日本酒を垂らしてワカメ酒を楽しむ古典的な温泉艶笑物の世界。こうして人妻の肉体を存分に楽しみ、さあそろそろ寝ようかという二人組の部屋に、なんと息子の元に戻ったはずのいろはが訪ねて来るのだ。「恥ずかしいですわ。でも、あれから火照っちゃって、お願いします」と艶然と微笑む。そう、彼女は中年男二人のイヤらしいテクニックに翻弄され、若い息子のつたないセックスでは満足出来ないカラダになっていたのだ。今度は自分から積極的に二人の男にキスを求め、乳房を揉まれ、交互フェラにWフェラ、前から後ろから犯されと、狂ったように3Pセックスを朝まで楽しむことになる。
文=東良美季

動画を公開中!!

『崩れてく親子愛 成宮いろは』(タカラ映像)

発売日:2019年10月10日
監督:三島六三郎
品番:SPRD-1201
収録時間:125分
定価: 2,980円+税
メーカー:タカラ映像

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『相互干渉系背徳相姦エロ艶劇 お母さん、かっ彼女よりずっといいよ... 桐嶋永久子(タカラ映像)』

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
19.12.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |