本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
アタッカーズの人気シリーズに光月夜也が挑む!! 義弟にレイプされながら必死で抵抗する若妻の気高く美しい肢体が、やがて屈辱の中で淫らに咲き誇るまで……。2004年にAV女優を引退、2008年に復帰、そして2010年、本作が2度目の引退作品となる光月夜也の熱演に注目。
 | 
光月夜也は、絶大な人気を誇りながら2004年に一度引退し、2008年にAVの世界に復帰した女優である。私は引退前の光月夜也の活動についてはほとんど知らない。だが、復帰した時の彼女の作品を見て、一撃でファンになった。

AVを見ていて、いろんな「いい女優さん」を好きになっても「これは自分の運命の女だ」と思うほど好きになる女優さんと出会うことは稀である。女でノンケの私が運命の女だ!とか言って女に惚れてること自体おかしいといえばおかしいかもしれないが、女にさえそう思わせてしまう力のある女優さんというのは、確かにいるのだ。

復帰後の光月夜也にはそう思わせるだけの力があった。AVを辞めていた間にポールダンスで鍛えた身体はとても30代のものとは思えないほど引き締まっており、白い肌にはシミひとつなく、高校生の息子がいるとは信じ難い肉体美だった。表情にも落ち着いた大人っぽい色気が増し、ルックスの面でも観るものを魅了せずにはいられない光を発散していた。芯の強さが見えるような「カッコいい、美しい女」だった。こんな女、見たことがない。そう思ったほど光月夜也は輝いていた。しかし何より驚いたのはそのセックスのポテンシャルだった。

復帰一発目のセックスの感じっぷりがハンパなくよかったんである。敏感で、頭の中まで全部イヤラシいことに染まって没頭しているかのような激しい感じぶりに、もう欲情もハートも全部持っていかれてしまった。普段のキリッとした表情と、その乱れっぷりのギャップはすごいものがあった。

そんな光月夜也の引退作が今作である。夜也が夫と夫婦生活を送っている家に、夫の弟が居候してくる。義弟は無職だが仕事探しもせず、兄に怒られてばかりで頭が上がらず、鬱屈した思いを抱えている。そんな義弟が出会ったのは、夫の目の前で妻が犯されてしまうというAVだった。

義弟はそのAVに自分の状況を重ねていく。そして昼間、兄の妻である義姉だけが残された家の中で、無理矢理彼女に襲いかかる。

「やだ、何、離しなさい! ねぇ、ちょっと……」

夜也は抵抗するものの、華奢な身体を義弟にねじ伏せられ、ソファに押し倒される。

ここまでなら普通のAVと同じかもしれない。しかし、夜也は抵抗をやめない。フェラを要求されても頑に拒み、お約束のフェラをしない。半裸に剥かれても「自分が何してるのかわかってるの?」「おかしいよ! こんなことおかしいよ!」と半狂乱で抵抗する。力づくで挿入されても唇を噛んで喘ぐまいと必死になり「本っ当にやめて、やめて……」「いい加減にして……」と挿入後も抵抗を続け、それでも犯され続けて抵抗は涙声に変わってゆく。

復帰後の光月夜也のすごいところは、その演技力にもある。頭の回転が早いのか、AVだからというヌルい演技はしない。コメディならコメディ、シリアス ならシリアスで演じ分け、どちらもエロさを引き立たせる良い演技になっているのだ。普通AVのレイプの抵抗はどこかウソ臭く、なぁなぁになるのが見えてしまうことが多いが、夜也は最後までプライドを捨てない。抵抗の言葉も「やめて」一辺倒ではなくしっかりしている。特に夜也のプライドの高そうな顔が屈辱や絶望に歪むシーンは、レイプ作品として最高の興奮を生むものになっている。

その後、夜也は義弟に「関係をバラされてもいいのか」と脅され、言うことを聞かざるを得ない状況に追い込まれる。電器屋のスケベオヤジ(吉村卓。いい人選だ……)に卑猥な言葉を投げつけられながら白い身体を好き放題に貪られるシーンは、気高い女を下卑た男が犯す(吉村さんすみません)構図にしっかりとあてはまっていて、下半身からぞわぞわといけない興奮がわき上がってくる。他の誰でもない光月夜也という、一人の女としてプライドを持った、誰にも汚されない凛とした女性が犯されるからこそ成立する興奮だと思う。

光月夜也という女優のエロさは、すごくしっかりしていてとてもAVに出そうにないクールな「女」が、AVに出てしかも感じまくっているというところにあった。今作では、そんな光月夜也のギャップのエロさが存分に発揮されていると思う。

私は光月夜也に一度も会えなかった。会わなかった。会わなかったがゆえに彼女への気持ちは変わることなく、彼女に対して私が持っている幻想もそのまま残っている。彼女の多くのファンと同じように、私は彼女のことを、一生忘れられない女優として記憶の中に刻みつけることだろう。ファンにはぜひ見てほしい引退作だ。

文=雨宮まみ

『夫の目の前で犯されて― 義弟の暴走(アタッカーズ)


監督:なぎら健造
女優:光月夜也
発売日:2010年3月7日
品番:DVD/SHKD-400
収録時間:DVD/110分
定価:2940円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『恥ずかしい私を見ないで2(アタッカーズ)』

amamiyaphoto200.jpg
雨宮まみ エロ本を中心に活躍中のエロ・AVライター。1976年生まれ。2000年ワイレア出版入社、投稿系エロ雑誌の編集に携わる。2002年フリーライターとして独立。主にAV誌を中心に取材やレビューなどの執筆活動を続けている。また、弟に向けてAVを紹介するという形式のAVレビュー系ブログ「弟よ!」も話題に。
雨宮まみブログ=「弟よ!」
 | 
10.03.28更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=雨宮まみ |