Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
Gカップの美巨乳とクビレボディを持つましろ杏が、かつてない過激反応でイキまくる! 絶叫を迸らせて寄り目になって絶頂し、突然笑い出したかと思えば淫乱顔で男根を貪りながら腰を振る! 観ている側が性的興奮を通り越してポーンと別次元へ飛ばされてしまう、乱丸ならではの超絶インパクト作品!!
 | 
ちょっと前からガンギマリというジャンルが出てきている。まるでクスリでもキマっているかのような、壮絶な感じっぷりを見せるAVである。古くは豊丸あたりから脈々と流れている淫乱の系譜にあると言えるが、淫乱が痴女という形で一般化したことで薄れてしまった狂気の面を強調したのがガンギマリである。

このジャンルの中心ともいえるレーベルが乱丸だ。北島玲が玲丸の名前で出演し、白目を剥いてイキまくり、叫びまくる壮絶な姿が話題を呼んだ。その過剰なまでの乱れっぷりは、興奮よりもむしろ笑いを呼んだ。あきらかにキワモノと思われたが、その後も着実にリリースを重ねているところを見ると、ちゃんとファンがいるのだなぁと驚かされる。

そして登場したのがこのましろ杏の新作だ。ましろ杏といえば、文字通り可愛らしい正当アイドル系のメーカーkawaii*でデビューを飾っている巨乳系の女の子。それが乱丸に?と、初めて聞いた時は驚いた。いや、kawaii*の後にムーディーズやアタッカーズなどで、かなりハードな作品に出演しているのは知っていたが、それにしても乱丸は行き過ぎではないかと思った。

ところがこの「キマリすぎてごめんね ましろ杏」は、こちらの想像を超える凄まじい作品だった。

最初のカラミからいきなりボルテージが上がりっぱなしだ。貪りつくように男優に抱きつき、キスするましろ。男優の愛撫が始まると、凄まじい喘ぎ声をあげるも、「もっと激しく、もっと!」と絶叫する。

まるで格闘技のようにマウントポジションを取り合うセックス。

しかし、このあたりまでは、まだ予想の範囲内だった。肉食的な淫乱。攻撃的な痴女。

だが、ましろが突然、笑いはじめる。

「はははは、ちんちんだぁ、ちんちんだぁ」

正常な人間の笑い方ではない。明らかに常軌を逸した状態での笑い。精神崩壊を起こして幼児退行してしまっているかのようだ。

騎乗位でハメられながら手をバタバタさせて、「ちんこちんこ、あははははは」と視点のあわない目で笑う。

それでも果敢にセックスをしかけていく男優は、まるで悪霊に取り憑かれた少女と格闘するエクソシストのようだ。

さらに一番恐ろしかったのは、続くオナニーのパートだ。椅子に座って大股開きをしているましろがオナニーを見せるわけだが、ひたすら狂気じみた笑い声をあげているのだ。寄り目になりっぱなしの目も恐ろしい(本人に聞いたところによると、乱丸の定番である白目剥きが出来なくて、寄り目になっちゃった、とのことだが……)。

乱丸の過剰な感じっぷりは、笑いにつながると書いたが、これは笑いを通り越して恐怖の域に達している。

オナニーしている場所が、なぜか廊下というのも怖さを倍増させている。そのひんやりとした空間が、どうしても精神病院などを連想させてしまうのだ。そして、狂気にまみれながらオナニーに没頭しているましろの背後、廊下の奥に何かが写っているような気がしてならないのだ。

もはやこれはホラーだ。気の弱い筆者などは、深夜にひとりでこの作品を見ることは、ちょっと無理だ。

その後も、一人称での男性愛撫プレイ、そして3Pと続くが、ましろの狂気のテンションはあがりっぱなし。そんな彼女を相手にして、ちゃんと勃起している男優たちを、心の底から尊敬する。

ましろは、この作品では「ましゅ丸」というキャラクターになりきっていて、監督の演出もほとんどなかったというから凄い。

ましろ杏はそのグラマラスな肉体から強烈なフェロモンを放つ、素晴らしいAV女優だ。本作とほぼ同時に発売される「女のカラダは乳首でイク高感度で選ぶ。」(E-BODY)などを見てくれれば、その天性のエロさは誰でも納得するだろう。

しかし、この作品を見た後に、普通のましろ杏作品が楽しめるだろうか。濃厚なカラミをしている途中で突然「けけけけけ」と笑い出すのではないかとドキドキしてしまうのではないか。筆者はもう落ち着いて彼女の作品を見ることは出来ないかもしれない。

それほど強烈なインパクトを持った作品なのであった。ましろ杏、いや、ましゅ丸、恐るべし。

文=安田理央

『キマリすぎてごめんね(乱丸)


女優:ましろ杏(ましゅ丸)
発売日:2010年08月19日
品番:FAX-261
収録時間: 120分 
定価:2,980円(税込)
メーカー:乱丸

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『ヘンリー塚本の世界一卑猥な接吻とSEX(FAプロ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
10.08.08更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |