本家三行広告 1 ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
故郷の星の街が破壊されていくのを見て立ち上がったグレートガールは、返り討ちに遭って囚われの身となってしまう。何度倒されても立ち上がり、傷つきながらも勇敢に戦おうとするグレートガールだったが、どちらが強いのかははっきりしていた……。超バッドエンドの残虐マニア向け専門AV!!
 | 
これスゴいですね。SMモノかと思って見てみたら全然違いました。
ヒロインを「陵辱」しているわけでもないし「拷問」にかけているわけでもない。
これはリンチです。むしろ日本語の「私刑」という言葉を使ったほうがピッタリくるかもしれません。スーパーヒロインが悪の怪人たちに半殺しにされるのです。いたぶって本気で殺そうとしている。血がドバドバ飛び出ます。殴られるぐらいなら被虐趣味の範囲でしょうが刃物で刺しちゃってます。えぐったりします。片手がもげそうです。
本当に「ヒロイン残酷物語」なんですね。酷たらしく殺傷するという意味では間違ってないです。
こんなエロビデオがあったんですね。

篠原奈美が演じる「グレートガール」というのが本作品の主人公です。このスーパーヒロインがとにかく弱い。1回ぐらい相手をコテンパンにやっつけられれば違うんでしょうけど、倒せるのはショッカーみたいな戦闘員までで怪人が出てきてしまうともういけない。最初こそ互角に戦っているみたいですけど、すぐにやられちゃいます。
なんで出てきたんでしょうか。

このグレートガール、前作では悪の首魁・ミスターフォックスに捕まり陵辱のかぎりをつくされています。今回はそこからなんとか脱出して今は潜伏しているという設定なのですが、冒頭に前作のダイジェストシーンがグレートガールの見ている悪夢という形で流れます。
しかし、なぜかベッドで寝ているグレートガールはパンツ一丁、乳は放り出したままです。いわゆるサービスカットなのでしょうか。
悪夢にうなされた姿が悶えているようにも見えます。いや実際、夢を見ながらマンコに手を当てているようです。そのあと目覚めても彼女はそのままパンツの中に手を突っ込みズボズボとオナニーをし始めるので、もともと被虐趣味のある女性だったってことなのでしょう。

最初にこういうカットが入っていたので、てっきり最後は怪人に無理矢理チンコをつっこまれて結局感じてイッてしまうパターンなんだと思ってしまいました。ところが最初に触れたようにそんなことにはなりません。

怪人にのされたあと、アジトみたいなところに連れ込まれそこで男2人女1人の悪モノたちにいたぶられ傷つけられていきます。
つまりこれはヒロインが勇気を振り絞って立ち向かっても、結局はズタボロになりおのれの無力に絶望して死んでいく内容なんですね。そういうことに興奮する人のためのビデオなので、被虐的な悲鳴も愉悦のあえぎもいらない。反撃しても反撃しても跳ね返され、うめき、のたうち回って助けもなく死んでいく。そういう姿が見たいわけなんです。

強く引っ張ったので彼女の髪の毛がばっさり抜き取られ、それを怪人が食べちゃうシーンもあります。スゴいです。軽くカニバリズムも入ってます。
そして最後にグレートガールはミスターフォックスの剣に胸を深々と刺されて倒れる。
3人の怪人はグレートガールの周りを取り囲み、

「グレートガールもとうとう絶命したみたいね」
「さんざん手こずらせやがって!」
「アハハハハハッ」

と高らかに笑いあいます。
救われない話です。

でもここでこのビデオは終わりません。
このあと死んだはずのグレートガールが、惨殺された姿のままアジトでオナニーするシーンが収められています。血だらけになったままのオッパイを揉み、乳首やマンコをいじって深くあえぐグレートガール。このシーンが約4分ほどあるのですが、これは惨殺の余韻を残しているうちにここで抜いてもらおうということなのかもしれません。なんとも親切なカットです。
本格的な殺陣やコスチュームだけでなく、こういう配慮がGIGAの売れている秘訣なのかもしれません。もちろん毎回ついてくる最後のメイキング映像もこの手の作品が好きな人には嬉しい特典ですよね。

ここのメーカーはホント心憎いですねぇ。

文=淫語魔

『ヒロイン残酷物語 Vol.14(GIGA)


監督: 肥前嬉介
発売日:2010年7月8日
品番: JHZD-14
収録時間: 本編60分 メイキング11分
定価:10500円
メーカー:GIGA
レーベル:ゼウス

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『スクール水着VSブルマバトル(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
10.12.23更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |