本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2
最新記事20件
特選AVレビュー『惨烈毒牙伝 乳獣に成りさがる清麗女子(シネマジック)』
2ページまんが 酒場の女【5】
淫らなオトナに育てて下さい、お母様にしたように......。爆乳調教DVD作品『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)発売中!!
その競争、参加しようと思った時点で脱落してるから! 映画『ストロングマン』公開!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
怪獣ゾルそして凶悪宇宙人ザルーガ星人に立ち向かう巨大ヒロインマリス。ウェットスーツを使用したヌメり感のあるコスチュームの魅力を最大限に活かし、裸よりもフェチ性を重視したユニークな作品。
 | 
この作品を見ていてあらためて思ったんですが、ウルトラマンシリーズって「女のウルトラマン」、すなわち「ウルトラウーマン」みたいなものはあまりいないんですね。「ウルトラの母」は有名ですけど所詮はチョイ役ですし、格闘シーンとなるとさらに稀少なこととなります。

でも女性のアクションシーンってだいたいはセクシーなものです。昔、放送していた女性アクションドラマの「プレイガール」や「チャーリーズエンジェル」なんて、子どもだった自分が観ていても妖艶な色気を感じました。
まあそもそもセックスシーンだって体当たりのアクションと言えなくもない。中にはアクロバティックな体位もありますしねぇ。感じているときの息づかいやあえぎもアクションで聞こえてくる嬌声とほとんど同じでしょう。

それでこの『巨大ヒロイン マリス』ですが、本編では女性の裸がでてきません。おっぱいポロリとかまったくない。たとえば正義の女性ヒロインが実は性欲が強くて毎日のオナニーはかかせないとか、そんなAVならではのお色気設定もない。ただふつうに怪獣や星人がでてきてマリスとのバトルを繰り広げます。

でもこれもいちおうAVですから、ただ戦っているところを撮っているわけではありません。よく見ていると妙に長回しをするショットがあります。それがいかにもって感じで、制作側から「ほら、ここ、エロいだろう」っていう声が今にも聞こえてきそうです。

たとえばマリスが戦っているときの体の部位をなめ回すショット。もちろんウェットスーツ(!)を着用した状態なので乳首や尻穴のたたずまいはわかりません。そもそもこの銀色に赤のラインのウエットスーツは、巨大ヒロインの肌という認識でいいんでしょうか?
作品の中で怪獣の鋭い爪がマリスの腹に突き刺さるシーンがあるのですが、これがスーツではなく巨大ヒロインの肌だと思えば、そこに突き立てられ、えぐられていく姿は女肉に対しての被虐的なエロスしとして受け取れます。そのほかオッパイやお尻のところでのしつこいクローズショットは、観ていくうちにだんだんと肉感的に見えてくるから不思議です。

ほかにもヒロインが顔を足蹴にされているシーンがあって、そこも長めに撮られているのですが、マリスはマスク(?)をかぶっているので怪獣に顔を踏みつけられても苦悶の表情を浮かべているかどうかまでは見ることができません。でもそれもそのうちなぜかマリスが苦しんでいるように見えてきたりします。

最後にグッタリとしたマリスを悪の星人が巨大になったままで性交するわけですが、ここでもスーツを脱がすことはしません。そのまま状態で正常位、後背位とマリスを貫いていきます。
面白いのは、このときいちおう股間部分にモザイク処理が施されています。だからといって星人のチンポもマリスのマンコも、さらに言えば抜き差ししているカットもありません。ただ腰と腰をくっつけてピストン運動をしているだけ。そこをモザイクがかる。
隠すモノなんてなにもないわけです。
こうなると性器が見えるからモザイクがかかるのか、モザイクがかかるからそれが性器なのかという話にもなってきます。
やはりこういうのは見える人には見えるエロスってことになるのでしょう。だからこそGIGAだともいえる。GIGA最高!

ただし自分としてはストーリー部分が残念です。そもそもウルトラシリーズは「空想特撮シリーズ」というのが正式な名称で、突然起こった怪奇事件の謎にせまるのが基本設定です。そういった面が弱すぎる。
怪獣が出てきたのでなんとなく戦って、結局はヒロインの甘さが仇になり最後はボロボロになって犯される。話としてはあまりにも単調です。それだけエロに特化しているということなのかもしれませんが、謎やトラブルがトラブルを呼ぶ要素があればより完璧なものになるだろうと思いました。

それ以外はさすがGIGAという感じで、擬斗、コスチューム、ジオラマ、特撮は本当に頑張っています。

なお、特典映像ではマリスになっていく桃井早苗さんの全裸シーンが拝めます。桃井さんがマリスのスーツを着るとき、ベビーパウダーを使うのですが、なぜか女性のスタッフがパフを使わずに手で直接塗るということをしています。桃井さんのキレイなオッパイが女性の手で白い粉をまぶされては揉み込まれていく。本編とは関係ありませんがなかなかの萌え映像でした。

文=淫語魔

『巨大ヒロイン(R) マリス(GIGA)


監督:宇那月
発売日:2010年6月11日
品番:TMS-34
収録時間: 本編62分 メイキング31分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

『憑依変身ヒロイン 星雲仮面アンドロクロス(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.03.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |