ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー

『レイプ屋本舗 GO姦マン(GIGA)


文=井上文


この世に正義と悪は存在する。正義を愛する男「レイプ屋」。変幻自在のSEXテクニックを武器にこの世の悪を追放する。
 | 

















暴力性よりもドラマ性を重視した、ねっとりとした官能味に定評がある「女体探究・凌辱研究所」シリーズ。本作もタイトルこそドギツさを感じさせますが、実際はあの名作劇画『レイプマン』を彷彿とさせる(当然、意識していると思いますが)、人間対人間の濃いまぐわいをテーマにしています。

ストーリー自体はごくシンプル。男を騙して金を奪った悪女たちを、正義の男「GO姦マン」が変幻自在のSEXテクでイカせまくり、男の怖さと魅力を教えて改心させるというもの。マンガチックではありますが、よりマンガチックな阿鼻叫喚系のレイプものと最も違うのは、シンプルなストーリーといえども男女それぞれの事情や背景が描かれていて、読後感ならぬ視聴後感がいいところです。

GO姦マンの目が光ったり、必殺技を叫んで腰を動かしたりするお笑い系の演出もご愛敬。GO姦マンの役をしている男性の演技がいいので感情移入ができ(滅多にないことです)、観ていて集中力が途切れないのもクオリティの高さとして評価したいところです。

登場する2人の女性は、どちらもオッパイが小振りで、そこは好みが分かれるところかも知れません。ただしレイプものの醍醐味である着衣状態でのカラミはじっくり撮られていますし、猿轡や手錠といったアイテムも十分な緊張感を出していますので、タイトルからの期待を無下に裏切られることはないでしょう。

キレた若者が一方的な暴力をふるうような雑なAVが、とかく「リアル」と謳われがちですが、人間により近いのはむしろこっちだと思いますし、エロティックなのもこっちだと思います。最後にもう一つ見どころを挙げるとすれば、やはりGO姦マンの最終奥儀「マシンガンギャラクティカ」になりますが、これを見ても尚「ある意味リアル」と言えるところに本作の凄味はあるのです。

文=井上文


『レイプ屋本舗 GO姦マン(GIGA)


発売日:発売中
出演:宮下せいか・石黒京香
収録時間:73分
販売価格:4,830円(税込)
商品番号:NRYO-12
レーベル:陵辱研究所
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『あれから10年 秘技伝授 男のバイブルVOL.2(ドグマ)』

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
08.08.08更新 | WEBスナイパー  >  AV情報