Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『おじさんと毎日SEXしたいんです。 向井藍(アイビーワークス)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【32】『覗いてはいけないNEO!III』所収「同級生女子のお漏らし姿を見て俺は」 著者=漢弾地(メディアックス)
特選AVレビュー『惨烈毒牙伝 乳獣に成りさがる清麗女子(シネマジック)』
2ページまんが 酒場の女【5】
淫らなオトナに育てて下さい、お母様にしたように......。爆乳調教DVD作品『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)発売中!!
その競争、参加しようと思った時点で脱落してるから! 映画『ストロングマン』公開!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
気高き女戦士ヒルダが巡る長い闘いの旅路。魔王討伐パーティーのリーダーとして仲間たちを牽引するヒルダだったが、強敵イーブルウィザードをはじめ、魔王の配下達との死闘はヒルダを徐々に追い詰めていく……。露出度の高いセクシーコスチュームを身にまとった美しきヒロインの運命は!?
 | 
女戦士ヒルダは、戦士・商人・魔法使いとパーティーを組んで魔王ガリモス討伐の旅に出る。4人のパーティーは行く先々で魔王の配下と戦いながら、ついに魔王が住むガリモス城付近までたどり着く。だがその手前の「漆黒のゼゼブの森」で壮絶な戦いが待っていた。パーティーは深手を負い、ヒルダ以外は戦闘不能状態に陥ってしまう。
しかし容赦ない敵の追撃。HPが残り少なくなったヒルダ1人で、3体の魔物との闘いに。華麗な剣さばきで何とか敵を切り伏せたヒルダだったが、左脇腹に受けた切傷により衰弱し、ついにその場で意識を失ってしまう。そこへたまたま神父の格好をした男がやってきて……。

作品の世界観は、回復呪文、教会、雷神の剣、コスチュームや道具の意匠など、人気RPG、ドラゴンクエストに酷似している。この手の作品は「ごっこ感」が丸出しになることが多いが、ヒルダ役の星優乃は演技がうまいのであまり陳腐な印象を受けない。

神父に助けられ一命を取り留めたヒルダだったが、神父からヒルダの父が魔王城につながるネクロマンドラに行ったまま行方不明になっていると聞いて、単身で乗り込む決意をする。
早速行ってみるといきなりヒルダを触手が襲ってきた。雷神の剣で触手を退けると、つぎにバーサーカーが強襲してくる。そしてその背後には、かつて倒したはずのイーブルウィザード。実は魔王の配下のイーブルウィザードは、ヒルダへの雪辱戦に燃えて待っていたのである。
最初は敵を押していたように見えたヒルダだったが、準備万端に整えていたイーブルウィザードに結局は取り押さえられてしまうことになる。
両手を縛られ、上から吊されたヒルダはイーブルウィザードに体をまさぐられていく。

こうして24分過ぎからエッチシーンに突入。
イーブルウィザードはゾンビ(腐った死体)を呼び出し、ヒルダの腋の下、マンコと舐めさせていく。
「やめさせなさい!」
ヒルダの絶叫する声がむなしく響く。
イーブルウィザードは乳首をまさぐり、鏡を下に置いてマンコを開いているところをヒルダに見せつける。
「お父さん……」
思わず父を呼ぶヒルダだが、イーブルウィザードは指マン、ヒルダの股間で仰向けに寝ている腐った死体は、その様子を見ながらチンコをしごく。
ヒルダはとうとう「やめて、お願い」と哀願するようになるが、イーブルウィザードの指は激しさを増し、ついに潮を噴かされてしまう。

もちろんイーブルウィザードがここで終えるわけはない。
電マ責め、部下によるイラマチオ。
さんざん咥えさせたところでイーブルウィザードが部下の仮面を剥ぐ。するとなんとそれは「お父様」の顔をした男。
激しく動揺するヒルダ。
すでに意志のない「お父様」は娘のマンコにチンポを挿入。
こうして禁断の父娘相姦が行なわれる。

「おとうさま、おねがい…、思い出してよぉ……、ああっあああっ」と泣くヒルダ。
しかし「お父様」には届かない。正常位から座位にかわって娘の乳首を吸い、さらに騎乗位の形になる。するとヒルダのほうもなぜか腰を振りはじめる。どうやらヒルダも呪いのようなものをかけられているようだ。
立ったまま尻を突き出すか格好にさせられ後背立位。
「いやーっ、おねがーいよぉ」
長い手足のヒルダが身体を大胆に開かされて接合する姿が卑猥である。
ここまで女戦士のコスチュームは維持したままである。もっともドラクエの女戦士はビキニ姿なので大して脱がさなくていい。
胸射のあと、再び「腐った死体」に体中を舐められていく。

場面転換。しばらく時が経過し、父親によって性奴隷調教を施されたヒルダは自らマンコを開き父親とイーブルウィザードを挑発する。
「私の、私のいやらしいマンコ、もっとべろべろに舐めて下さい」

こうして屈強な女戦士が落ちていくわけだが、痴女を得意としている星優乃ということもあって、カラミはいつものGIGA作品にくらべてなかなかダイナミックである。それに加えて芝居もうまいのでそこも楽しめる。イーブルウィザードが栗原良という芝居のできる男優であることも大きい。脚本も悪くないと思う。

だからこそ逆に気になったところがある。
1つは父親役の男優がかなり若くて貫禄がないこと。ひょっとしたら星優乃よりも若いのではないかと思えるぐらい。ヒルダの父親として登場したときは「えぇーっ」と思ってしまった。
もう一つ、編集が荒くて、たとえば全く同じ台詞のやりとりを画角を変えた形で二度つなげて流している。
「どうだ、ううんっ? それにしても美しい。ハハハ、きさまは母親に似たのであろう。ううん? 父親の……」で一端切れて(0:23:14)再び、「どうだ、ううんっ? それにしても美しい。ハハハ、きさまは、母親に似たのであろう。うん? 父親の面影を残すのは、その恐れを知らぬ瞳の輝きぐらいだ」
これはさすがに興ざめする。一番盛り上がっていくシーンなのにいよいよというところで出鼻をくじかれた。
最後のカラミも、ここはつながってないだろうという箇所(0:55:26)があったりと非常に残念だった。
それ以外は個人的には楽しめた。じゅうぶんエロい。気になるところはあるが、全体的には良い作品だと思う。

それにしても、ドラクエの女戦士は赤いビキニが定番だったんだな。
こんなに肌を露出させ、それで敵の剣戟をかいくぐるとは、なんたる無防備なことか。
これはじゅうぶん変態キャラじゃないか。

文=淫語魔

『ビキニアーマーヒロイン 女戦士ヒルダ凌辱(GIGA)


監督:肥前嬉介
発売日:2010年5月14日
品番:GXXD-60
収録時間:本編75分 メイキング8分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『熟女ヒロイン Vol.24(GIGA)』


淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
12.03.15更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |