ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【10】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年8月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
高級クラブに勤める「高値の女」を連れ回し、極上ボディをメチャクチャに弄んで少しずつメスの本性を引き出していく快感! カンパニー松尾監督が繰り出す技の数々に腰砕けとなり、第一印象を一変させて新たな表情を見せていく女はやがて……。小さなやり取りひとつにもエロスが滲む、超濃密なドキュメント!!
 | 
2011年6月。東京外苑前。カンパニー松尾の車。
そこへ女が乗り込んでくる。
遙花しいな、28歳。職業、クラブホステス。
黒いミニワンピース。パンスト。ブランド物の鞄2つ。キラキラした高そうな時計。髪は巻髪でブラウン。きっちりとしたアイライン。ルージュは薄色のピンク。大きく開いた胸元からは豊満なおっぱいの谷間が見える。

夜は高級クラブで働いている彼女は、松尾の作品ではじめてAVのお仕事をした。今回が2回目の撮影だ。
いつものように運転しながら軽めのインタビュー。
「なぜ、こういうビデオのお仕事をしてみたいと思ったのですか」という質問に、「できるうちにできることがしたい。いろいろしてみたいなぁと思って」。
大学を卒業し就職もしたが刺激を求めて夜の仕事をはじめ、この仕事にたどり着いたようだ。
ここからカンパニー松尾がいつもの褒め殺しトークで女性をエロモードに引っ張っていく。

遙花しいなのここまでの印象だが、話の受け答えに隙がない。素人が醸し出すような動揺や素の表情がまったく見られない。この妙な落ち着きはAV慣れした感じというのではなく、まったくもって高級ホステスがお客をあしらう感じに似ている。
話し方も丁寧でそつのない敬語を使う。かといってよそよそしいわけではなく、適度に相手に合わせつつ、懐には入らせないようなそんな印象を与える。

「写真を撮ったときから、なんで君こんなエロいんだろうっと。言われるでしょう、そういうちょっとフェロモン出している」
「ああ、本人全然、そういうあれがなくて、なんでなんか、もうちょっと(色気が)ほしいよねぇみたいなこと、よく言うんですけどぉ」
「ええっ?!」
「うふふ、出てるよぉって言われるんですけどぉ、ええまたまたぁー。んん」
「じゅうぶん、出てると思いますよ」
「うふふ、よかったです。今日はでもあの、露出控え目でがんばったのに」
「そうですか」
「ストッキングもあんまナマっぽいのあれかなぁと思って黒にしてみたり」

もはやカン松の車の中は出張キャバクラの世界。でも高級クラブの女性とセックスするのは並大抵のことではないはず。松尾が思わずこう字幕テロップで述懐する。
「そんな高値の女を撮影で白昼連れ回す 出会った場所が違うことに感謝です」

この遙花しいなを松尾がどう攻略するのかが見物だなぁと思って観ていたら、車を降りて公園を歩かせ、いろいろな角度からカメラを回しているうちに少しずつ妖しい感じになってきた。人のいないところに連れ込むと「ドキドキしますね」と遙花しいな。すかさずキスをする松尾。ここで女の声が変わる。上気してトーンが少しあがるのだ。呼吸もいくぶんか速くなっているのではなかろうか。

何回もチュッチュッとキスを繰り返す。たまらくなった二人は公園の大きめなトイレにしけこむ。前から抱き合い体をまさぐりながらキス。乳首をこすりおっぱいをもむ。
こうなると遙花しいなは完全に一人の女。というより一匹の牝か。松尾のペースにどんどんはまり、トイレの壁に手をつくと、松尾に言われるままお尻を振っての挑発ポーズ。パンスト越しに見えるお尻を松尾がなで回す。
体をくねらせる女。バイブをマンコに当てられあえぎを強くする。

フェラのあと、パンストを破り立ちバックでナマ挿入。何度か突くがここでは発射せずに終える。しばらくするとパンストの内ももに、白い液がつつーと流れてくる。

松尾のテロップ。
「高級なオンナがマン汁垂らしてる最高の画です」

そのまま再び公園を歩かせる松尾。白いマン汁を太股につけたまま仕方なく歩く彼女。
最初に松尾の車に乗ってきた彼女とはすでに違っているように見える。どうやら根はM女らしい。

その後、服を着替えて観覧車に乗るのだが、その頃には彼女のほうが積極的になっている。
自分から口を付き出してキスをし、松尾の股間をまさぐる。そしてフェラ。
車に戻っても発情したしいなは止まらない。キスしてすぐに松尾の股間に手を伸ばしフェラ。
高級クラブの女は止まらない。ホテルに着いてすぐに生ハメ、食事をしてまた生ハメ。

一夜明けてスティール撮影。ホテルに戻りボディコンを着せる。
面白いのは朝になってここでまたホステスの話し方に戻っているのかと思ったら、すっかり打ち解けて素の遙花しいなの話し方になっている。こちらが地なのだろう。礼儀正しいが屈託がない。そして松尾に触れられるとすぐに発情スイッチが入ってしまう。

ヒョウ柄のボディコン、後ろ手の手錠。鏡を使って羞恥心をあおる松尾。
「ねぇ、俺たち何してるの? ねぇ」
「ずっとエッチしてるの……」

言葉責めの冴えを見せていく松尾にお尻を差し出し、自分がMであることを告白させられ、いいようにおもちゃにされる遙花しいな。ここのカラミは40分近く長目。それだけいい感じのセックスだ。

「うわぁーこんなイイ女に(マンコに入れたチンポを口で)お掃除させてるよ」

カンパニー松尾のこの一言が作品のすべてを如実に語っている。
うらやましい限りだ。

文=淫語魔

エステやジムで日々磨き上げられた極上ボディが
マゾヒスティックなまでの媚態を見せてヨガりクネる本気痴態!!


FLV形式 27.1MB 2分26秒

『恥ずかしいカラダ アバンチュールしいな(HMJM)


監督:カンパニー松尾
発売日:2011年08月27日
品番:HMGL-061
収録時間: 130分 
定価:3,990円(税込)
メーカー:HMJM

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『中出しスレンダラス ジュンナ(HMJM)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.08.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |