本家三行広告 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB sniper Sunday special contents
老舗AVメーカー「h.m.p」の過去の廃盤作品が受注販売サービスで手に入る!
現在、廃盤となった昔のアダルトビデオを観ることができるサービスは色々とありますが、パソコン上での動画配信や、人気のあった女優の復刻盤がほとんどでした。今回ご紹介する「h.m.p」の過去作品提供サービスは、なんと受注販売方式。しかもマスターテープから直に複製し、DVD-Rの容量ギリギリまでビットレートを高めた高画質仕様! 思い出の女優に再び会えるこのサービスを安田理央さんにご紹介いただきます。
 | 
『口全ワイセツ30』 出演=金沢文子 レーベル=SAMM 発売=2000年3月27日

『処女宮 「卒業」』 出演=夕樹舞子 レーベル=Tiffany 発売=1995年4月22日

老舗AVメーカー、「h.m.p」がちょっと変わったサービスを始めた。受注販売サービスだ。「h.m.p」公式サイトによれば「1985年以降にレンタルVHSとして発売された作品をご注文に応じて1枚1枚手作業でマスターテープからDVD-Rにコピーして販売するサービスです。もうお店には置いていない想い出の廃盤作品があなたのために甦ります!」とのこと。現在約1800タイトルがラインナップされ、近日中に約2500タイトルまで揃うということだ。星野ひかる、浅倉舞といった「h.m.p」を代表する人気女優はもちろん、少々マイナーな女優や、企画作品まで懐かしいタイトルがズラリと並んでいて壮観だ。

「h.m.p」ではこれまでにも過去の作品を新基準モザイクの編集版としてリリースを行なっているが、それは一部の超人気単体女優の作品に限られているし、再編集されているため、当時のままの作品とは違っている。

そのためこれまでは、かつて自分が熱中した思い出の作品をもう一度観たいと思ったら、中古ビデオ屋やネットオークションで探すしかなかった。また一部の作品には高いプレミアがついていたりして、気軽に入手するわけにもいかなかった。

「以前からこの子の作品を復刻してくれというような声をユーザーさんからよくいただいていたんですよ。でも再プレスとなると、ある程度の枚数が見込めないと採算が取れない。そうするとよほど人気のある作品しか再発できないんです。そこで思いついたのが一枚から作れるDVD-Rだったんです」(「h.m.p」石橋氏)

一応、説明しておくとDVD-Rとは一回に限り記録できるDVDで、主に個人がデータを保存するのに使われている。小規模なインディーズメーカーがDVDの代わりにDVD-Rで作品を発売することはあるが、大手メーカーが使うことは、まずなかった。

しかし、最近では米ワーナー・ブラザーズが「Warner Archive Collection」としてDVD化されていない映画やテレビ番組をDVD-R(厳密にはCSSによる違法コピー対策のされた「DVD-Download disc」という規格のDVD-R)で販売を始めるなど、ロングテール商品向けのメディアとして注目されつつある。

「最初はダウンロード販売でも考えていたんですが、主に昔の作品ということでユーザーもネットに親しみのない高い年齢層の方も多いのではないかということで、わかりやすいDVD-Rにしました。最初はVHSで出すことすら考えていましたから(笑)」

またダウンロード販売の場合は、デジタルデータに変換するためのエンコード作業を行なわなければならなかったり、サーバーの費用がかかるなどコストも大きくなる。その点、DVD-Rは、新たな投資がほとんどなく作れるところが魅力だった。

「h.m.p」の受注販売はこんなシステムになっている。ユーザーはまず、「h.m.p」サイトのリストから希望の作品を選んで、ネットから注文。すると「h.m.p」は、その作品のマスターテープからDVD-Rにコピーして動作確認後に発送する。

左:受注販売作品専用のパッケージ。三田愛作品の現スチからデザインされた叙情感あふれる仕上がり。右上:こちらが販売当時のVHSパッケージ。右下:メーカーのラベリングがなされたオリジナルDVD-Rに当時のパッケージをあしらったシールが貼られ、前述の専用パッケージでユーザーの手元に届けられる。


「デジタルベータカムのマスターテープからDVD-Rに焼くんですが、昔の作品は60分以内のものが多いので容量ぎりぎりまでの高いビットレートで収録することができます。だから普通のDVDよりも画質がいいんですよ」

ビットレートとは、画質を決める圧縮の度合い。VHSのビデオが3倍速より1倍で録ったほうが画質が綺麗なことと同じように、収録時間を短くしてビットレートを上げたほうが高画質になるのだ。お宝的に当時のVHSを持っている人でも、そんな高画質で観られるとなると食指が動くのではないだろうか。

↑デジタルベータカムのマスターから高ビットレートでオーサリングされた作品のキャプチャ画像。VHS作品をお持ちの方もいらっしゃることと思うが、経年変化による画質劣化は避けられず、はがゆい思いをされているのではないだろうか。上記の画質を見るとこのサービスがアーカイブを前提としていることがわかるはずだ。


「数年前まではマスに向けてビジネスをしているイメージがあったんですけど、最近は特定の層に向けている感じになってきましたね。ターゲットを絞って、「h.m.p」のファンに対して行き届いたサービスをしていくことを考えています」

「h.m.p」のサイトでは、女優のキスマーク付生写真や匂い入り真空パック(女優の使用済み衣装の切れ端などを真空パックしたもの)などの特典付でDVDを購入することが出来る。女優のファンにはたまらないサービスだろう。また、購入者の名前を女優が呼んでくれるメッセージDVDという特典もある。これも一枚づつ制作できるDVD-Rだからこそ可能なわけだ。

これまでマスメディアと呼ばれていた存在が、今後はどんどん規模が小さくなっていくことが予想されている。それはアダルト業界も例外ではない。いや、そもそもがパーソナルな面を持つアダルトは、その傾向がより強くなるだろう。個々のユーザーに満足してもらうサービスを考えようという「h.m.p」の姿勢は正しいはずだ。

しかし、それにしても受注可能作品のリストを眺めると、さすがに老舗のメーカーだ。観たい作品がたくさんある。豊田薫監督の出世作となった「口全ワイセツ」シリーズに、数々の美少女アイドルを産んだ「処女宮」シリーズもいいが、個人的にはカンパニー松尾バクシーシ山下ターボ向後といった監督が撮った企画モノに思い入れが強い。90年代末から00年代初頭にかけて、「h.m.p」はかつてのV&Rを思わせるようなユニークな作品を数多くリリースしているのだ。蛇足だが、筆者が監督した「月刊日本全国オススメ風俗MAP」シリーズもリストの中に入っていて、ちょっと嬉しかった……。

文=安田理央

関連記事

変態情報が集積するアダルト動画販売サイト『DUGA』で超マニアック動画を探せ!!

関連リンク

hmp web サイト

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
10.04.04更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |