女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー

『尻伝説 東条かれん(実録出版)


文=安田理央


その顔の可愛さからは想像もできない程の魅力的な美巨尻をもつ東条かれん。ブルマ、ミニデニム、委員長、ビキニ、Tバックと様々なコスチュームに身を包み、男たちの精液を搾り取る! ラストの大量顔射セックスまで出し惜しみ無しの勃起中枢直撃型極上巨尻フェチ映像!
サンプルムービー公開!
 | 


















尻にこだわったフェチ精神溢れる作品作りでマニアから熱い支持を受けている実録出版の人気シリーズ「尻伝説」。

もうタイトルからして「尻」全開。主演女優が後ろ向きでしゃがんでいるパッケージも尻を強調。そして当然、内容も尻、尻、尻だ。

本作は、可愛い顔とはミスマッチなほどにお尻が大きく、その筋での人気が高い東城かれんが出演ということで前評判も高く、実際に大ヒットを記録しているようだ。

素朴な地方の美少女といった感じの東城かれん。冒頭のインタビューでも、受け答えがフワフワしていて、何となくつかみ所がないが、それが逆にお仕事お仕事したAV女優らしくなくて、いい。

デニムにミニスカをめくり上げると、むっちりと大きなお尻があらわれる。本人はコンプレックスを持っているようだが、なんとも魅力的な肉づきだ。このお尻の肉に顔を埋めてみたい、もしくは揉みまくりたい、あるいはペチペチと叩きたい、なんて思わない奴は男ではない。男なら、この尻を見たら、そう考えるはずだ。

ビキニやボディコンなど様々なコスプレを見せてくれるのだが、あどけない顔立ちなので、やはりブルマーやブレザー姿がよく似合っている。特にブルマーに包まれた大きなお尻の破壊力は凄まじい。こんなお尻をぷりぷりを振りながら、オヤジ男優にねっとりとキスをして痴女のごとく迫るのだ。

プレイ内容も、顔面騎乗や尻コキなど彼女の尻の魅力を最大限に引き出すものばかり。セックスも騎乗位がメイン。それをローアングルでネチネチと撮影。ああ、画面いっぱいに広がるかれんの尻肉!

実録出版の創始者である工藤澪監督は「実録出版の顔面騎乗はMプレイではなく、尻を愛でるためのものだ」と公言しているが、やはりM的なニュアンスはかなり強い。グリグリと大きなお尻で顔を押しつぶされたり、包茎の皮を引っ張られたりする男優の姿は、M男以外の何者でもないし、東城かれんも痴女的に迫ることが多い。尻に興味がなくても、ライトM男なら、かなりツボに来るのではないだろうか。

その一方、かれんにうつ伏せでお尻を突き出させて、尻肉を開いて観察したり、数えながら肛門をヒクヒクさせるといったプレイはS的なニュアンスもある。残念ながら本編では行なわれていないが、尻といえばスパンキングも欠かせないプレイだ。

女の大きな尻というのは、男にとってSM心をくすぐる存在なのだ。尻に押しつぶされたくなるならM、叩きたくなるならSというようなリトマス試験紙でもある。

さて、あなたはこの東城かれんの尻を見て、どちらをしてみたいと思うだろうか?

いや、しかし、それにしても、東城かれんの尻というか、下半身はいいな。他は細いのに腰から下だけムッチリしている。胸は小さめなのもいい。パッケージに書かれた「歴史に残る極上巨尻」というキャッチコピーも大袈裟ではない。

文=安田理央


歴史に残る極上巨尻!!
尻フェチ三昧で計8発射を絞り出す巨尻天使降臨!!



『尻伝説 東条かれん(実録出版)


発売:2009/2/26
出演:東条かれん
監督:宮本小次郎
収録時間:DVD 160分
価格:5,040円(税込)
品番:ZSD-52
メーカー:実録出版

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『猟奇の檻49(アートビデオ)』

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
09.03.28更新 | WEBスナイパー  >  AV情報