Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー

『昭和哀歌 ―背徳の契り―(アタッカーズ)


文=安田理央


「結婚を約束したはじめさんが、病に伏せて半年が経ちました。原因は分からず、意識の混濁状態が続いています。治療にははじめさんの友人のお医者様があたっています。でも、はじめさんの容態は一向に良くなりませんでした……」。昭和初期を思わせる和風&耽美なドラマ作品!
 | 
















婚約者のはじめが病に伏せってから半年。原因もわからず、意識も混濁状態が 続いているが、りりあは健気に寄り添って看病を続けていた。はじめの友人であ る田渕医師の治療も甲斐無く、回復の兆しは見えない。

ある時、珍しく意識がはっきりしていたはじめが、りりあに告げたのは、恐ろ しい言葉だった。彼は、りりあに、田渕医師に責められて、自分をおとしめるよ うにと命じたのだ…。

昭和初期を思わせる耽美的なムードの作品です。姫咲りりあって、こんな顔し てたっけ? と思うほど、和服が似合っています。どこか陰のある健気な女とい う役柄にぴったりの和風の顔立ちだったんですねぇ。

この作品の素晴らしいところは、姫咲りりあの息づかいです。最初に和服の上 から縛られるところから、ずっと息を荒げっぱなしなんですよ。過呼吸になっ ちゃったるんじゃないかと思うくらい。そして、責めがエスカレートしていくに つれ、息づかいは喘ぎ声ともうめき声ともつかないものへと変化していきます。 常に半べそをかいているような表情もいいですね。

Sゴコロがある男なら、どんどん責めていきたくなる反応なんですね。いい なー、姫咲ゆり。前に他の作品を見た時も、泣き顔がいいなぁと思いましたけ ど、責めれば責めるほど輝きを増すタイプですね。

奈加あきら氏による緊縛もたっぷり披露されるわけですが、これまたよく似 合ってるんですよね。もともとナイスバディの姫咲ゆりあなので、縄が似合うの は当然なのですが、和風の被虐的なムードと荒い息づかいが、なんともエロ ティック。縛られているシーンだけで、こんなに興奮させてくれる女優は、なか なかいないですよ。

後半には浣腸やムチのシーンもアリ。当然、こちらの反応も悪いわけがありま せん。ムチを打たれる時に上がる悲鳴、浣腸液を注入される時の切ない喘ぎ声。 どちらも大変Sゴコロを刺激してくれます。浣腸液を噴出する時の泣きじゃくる 表情もいいんですが、肝心の浣腸液が、ピュ、ピュ、ピュ、とちょっとずつしか 出なくて迫力に欠けたのは少し残念でしたが。

設定と女優のルックス、反応が見事にマッチした快作だと言えましょう。こう いう姫咲ゆりあの和風耽美SM、もっと見たいですね。

文=安田理央


『昭和哀歌 ―背徳の契り―(アタッカーズ)


出演:姫咲りりあ
監督:斉藤竜一
発売日:2009年04月07日
品番:JBD-129
収録時間:120分
価格:3,990円 (税込)
メーカー:アタッカーズ
レーベル:蛇縛

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】 『夫の目の前で犯されて(アタッカーズ)』

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
09.04.21更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |