ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
ギャルリー志門 三宅玄朗展「鈍黒の夢想」開催!!
特選AVレビュー『濡れ続けた一日 気持ちはあの頃...性欲なう 其の二 あきこ32歳(仮)』(マーキュリー)
特選AVレビュー『街中突然くすぐり』(ラハイナ東海)
特選AVレビュー『トライブレイバー Vol.01 シルエスターブライブルー』(GIGA)
特選AVレビュー『金蹴りスペシャル3』(パナシアプロダクション)
特選AVレビュー『湯けむり天獄~縄情の宿~八 天縄月あかり 編 新村あかり』(ヴァンアソシエイツ)
非道徳を極め禁忌を孕む最上の破戒エロス「鬼」シリーズ始動! 桃咲ゆり菜主演『鬼兄~家族の肉奴隷に落ちた清純妹~』発売!!
特選AVレビュー『汗・唾液・潮・失禁...【恥汁】滴りっぱなしじっとり密室SEX12時間 小泉ひなた』(ソフト・オン・デマンド)
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第4回 鶯谷「鶯谷まいぷりんせす」薫ママさん【1】
2ページまんが 酒場の女【30】
特選AVレビュー『キミ、10代、恋の予感 里見千春』(Spice Visual)
私がちょこっと出ているから言うわけではないが、なかなかいい映画だし、私がちょこっと出ているということを今ここでもう一度申し上げたい 映画『阿吽』公開中!!
特選AVレビュー『初めての夫婦交換[二]』(GOGOS)
アクセスアップ
新刊情報
囀る鳥は羽ばたかない 4(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.8(大洋図書)
点つなぎパーク&ファミリー 若葉特別号(大洋図書)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.31(ワイレア出版)
人妻絶叫アクメDX(大洋図書)
よろめき 2019年6月号(大洋図書)
egg2019 令和(大洋図書)
灰かぶりコンプレックス 2(大洋図書)
囀る鳥は羽ばたかない 6(大洋図書)
囀る鳥は羽ばたかない 4(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dogma01.jpg 鬼才TOHJIRO率いるAVメーカー『ドグマ』がこの4月で6周年を迎える。「青い性欲」シリーズの衝撃的なスタートから始まり、業界が騒然とした『D-1クライマックス』や、2005年12月にはTOHJIRO渾身のSMレーベル「CORE」がスタート。そして今年迎える6周年は、記念イベントはもちろんのこと、4月8日には公式サイトのリニューアルを行なうという。また同日『ドグマSM研究所』なるデジタル写真集サイトもオープン。新たな動きを見せるAVメーカー「ドグマ」に迫る!
 | 

思えば、筆者がTOHJIRO(以下TJ)監督を意識したのは、ビデ倫メーカー「MAX A」から2001年7月に発売された「Peach Street」という神田もも主演の作品からだ。ドラマものと思いきやドラマが終わった後、加藤鷹とのガチンコファック。そこには現在「ドグマ」が誇る人気シリーズ「拘束椅子」の原型があったように思う。もちろん、それ以前にも彼がそうしたギミックを使って作品を作っていたことはあったのだろう。だが私が観たものはそれが最初だった。

分娩椅子のようなものにM字開脚で座り、目隠しをされている神田もも(足は縛られていない)。そこにローションでの全身愛撫、電マ、ローターと矢継ぎ早の責めを繰り出す加藤鷹。彼女が全身を震わせて潮を吹きながら絶頂に達したとき、こぼれ落ちる涙。その後も幾度か絶頂に達するのだが、挿入中にみずから腰を振る姿がおそろしくエロティックだったことを今でも鮮明に覚えている。

行為の後、まだ呼吸も整わない彼女にTJ監督は問う。「もも、お前にとってAVは何だ?」彼女は答える。「自分の全部を表現できる場所」だと。

その作品を見てからというものの、TJ監督は一貫して女優の本質を暴き出すことに専念していると思えた。また2005年の12月にスタートしたSMレーベル「CORE」では拘束椅子を使わずに、SMという関係性の中での新たな挑戦が感じられる。

そんなTJ監督率いる「ドグマ」が、デジタルSM写真集のサイトを始めるという。しかもTJ監督が撮影も行なうというのだから驚きである。だが実は、今までも彼は自分の作品のパッケージ等をすでに撮影しているのだという。『ドグマSM研究所』のプレオープンページでは、彼の写真に対する想いが綴られている。


dogma03.jpg

「(前略)はっきり言って俺はカメラは素人だ!! だけどエロチィズムを見る目と、M女を見抜く目は、どんな一流写真家にも負けるつもりはない!!(中略)19年間エロスの世界でつちかってきた変態の眼差しで、日本の情念の女達のM性を縄の世界で定着したいと思っている(後略)」

またTJ監督のほかには、すでに参加が決定しているのは公華写。一般ユーザーにはおそらく馴染みのない方だがAV業界ではクオリティの高い写真を撮ることで知られる作家だ。そんな二人の写真作家を軸にして、新たな作家の参加も予定しているという。


dogma04.jpg


緊縛写真の大家といえば、荒木経惟であり、また杉浦則夫であり、田中欣一である。そうした明らかに高い壁をはたして彼らは乗り越えることができるだろうか。ともあれ、「ドグマ」の新しい挑戦を、私はいち緊縛写真ファンとしても、そしてTOHJIRO作品のファンととしても非常に楽しみにしているのだ。

文=編集部

続きを読む>>>



関連リンク

ドグマ公式サイト・DogmaxWebへようこそ!=http://www.dogma.co.jp/

ドグマSM研究所・Dogma SM Laboratory=http://www.sm-labo.com/
 | 
07.03.23更新 | WEBスナイパー  >  AV情報