本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
2ページまんが 酒場の女【28】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年2月号
特選AVレビュー『中出しスキャンダル 青の夕陽 蓮美なお』(HMJM)
特選AVレビュー 『スーパーヒロイン裏コード 華翔戦隊クリスタルファイブ』(GIGA)
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.71(ワイレア出版)
激エロ×激かわいい(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.6(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.39(大洋図書)
アップル写真館特別編集 変態熟女ナマ投稿(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.25(大洋図書)
平成生まれの浮気ママ(ワイレア出版)
漫画奥様のエロス Vol.20(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這いEX(大洋図書)
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
老舗SMメーカー情報第2弾!
SMの王道を歩き続けるために 【6】

おんな犬の啼く夜s.jpg
こちらもシネマジックが誇る名作「おんな犬の啼く夜」。出演は石原めぐみ。昨今DVD作品として復刻された。
インタビュー・文=安田理央

老舗が誇る「シネマジック」クオリティの秘密に迫る!

トップブランド「シネマジック」の社長兼
名匠・吉村彰一氏ロングインタビュー!!

「シネマジック」のビデオがSMとの出会いだったと語るマニアは少なくない。特に80年代終わりから90年代前半にかけて、従来の暗く陰湿だったSMのイメージを払拭して登場した「シネマジック」の美麗なパッケージの数々。レンタルビデオの店頭で思わず手を伸ばした読者の方も多いのではないだろうか。SMビデオの王道とも言えるスタイルを貫き通し、マニアの人気を「アートビデオ」と二分する業界トップブランドの秘密に迫る!
 | 

監督を俺がやるというとダメになっちゃうんだよね。
300本撮っててもダメなんだよな。


映画監督になりたかったという吉村彰一だけあって、映画界とのつながりも深く、「シネマジック」は映画畑のスタッフが多い。

吉:「『シネマジック』も最初は俺一人で全部撮っていたんだけど、リリース本数が増えてくると、とても一人じゃ無理だってことで監督を引っ張ってきた。雄プロの廣木隆一が知り合いだったから相談したら、石川欣(均)や高原秀和、望月六郎を紹介してくれたんだ」


(C)2002およう製作委員会


『不貞の季節』


厳密には「シネマジック」ではないのだが、吉村氏の製作によって生まれた映画作品が『不貞の季節』、そして『およう』。『不貞の季節』に大杉漣、そして『およう』に熊川哲也を起用。どちらも脇を固めるキャスティングが充実しており、SMの世界を描いた一般映画としては『花と蛇』に比べて知名度は低いものの、小気味良い佳作として評価されている。


「シネマジック」の看板監督とも言える川村慎一監督もピンク映画出身だったし、現在は一般映画で活躍している監督が変名で「シネマジック」で撮影していたという例も多い。

そして2000年に、「シネマジック」は一般映画制作に乗り出す。廣木隆一監督による『不貞の季節』である。SM小説の巨匠・団鬼六の私小説的な短編を、個性派俳優・大杉漣主演で撮影されたこの作品は、高い評価を得て、今でも数多くの海外の映画祭で上映されているという。

そして吉村氏も、また映画監督になる夢は捨てていない。

吉:「映画は金がかかるから、メジャーなところに話を持って行くんだけど、監督を俺がやるというとダメになっちゃうんだよね。実績がないって。AVを300本撮っててもダメなんだよな。まぁ伊丹十三が51歳で監督デビューしてるから、それまでになれればいいやって思ってた。今は津川雅彦が65歳でデビューしてるから、それまでにって(笑)」

吉村氏自身は現在は映画方面に力を入れているため、監督として撮るのは年に1〜2本となっている。SMファンとしては少し寂しいところではある。



※次回はアートビデオの峰一也監督が登場です!

※この記事はS&Mスナイパー2006年12月号に掲載された記事の再掲です。
また記事中の画像の著作権は、全て株式会社シネマジックに帰属します。



関連リンク

シネマジック公式サイト=http://www.cinemagic.co.jp/

yasuda_face.jpg

安田理央の恥ずかしいblog
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/

新刊「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798111082

安田理央 気がつけば、今年で40代を迎えるエロ系ライター。今年はボーッとしてると大変ヤバイことになってしまいそうなので、色々と新しい行動を起こすぞと考えたり考えなかったりしております。「エロの敵」に続くアダルトメディアルポも構想中。  

 | 
07.04.19更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー