女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
不定期連載
綿まで愛して!新世紀抱き枕系コラム!
↑いつもいた場所に、抱き枕はいません。私は、もう抱くこともできません。


突然ですが、今回で『すあまにあ倶楽部』は終わります。それだけではありません。抱枕すあまという人間にも、お別れすることになりました。すでに、抱き枕のセーラちゃんも、百合ちゃんも、光ちゃんもいません。抱き枕のいない私は、両手両足をもがれたヘビのような存在になってしまいました。

なぜ、急にコラムを終了することになったかというと、私のことを好きだと言ってくれる人が、私自身以外にいたからです。しかも、それが私の理想どおりの素敵で可愛らしい女性だったのです。でも、その女性が好きになったのは、平凡なサラリーマンの私であって、SMの世界にいる私(抱枕すあま)ではなかったのです。
 | 
私は、このコラムを書くにあたり、読んでも意味がなく、なんの役にもたたず、できるだけバカバカしい内容となるよう、常に心がけていました。それは、小難しいことなど考えずに、ただただ読者の方に笑って欲しかったのです。私のコラムを読むときだけは、嫌なことを忘れて、疲れた心を癒やして欲しいと思っていたのです。

『WEBスナイパー』の創刊とともに歩んできた約3年間、ずっとそんなことを考えながら、私はこのコラムを書いてきました。みなさんに笑ってもらえていたら、楽しんでもらえていたら、私はとっても嬉しく思います。

でも、私のことを好きだと言ってくれた人は、このコラムを読んで、笑ってはくれませんでした。悲しい顔をされてしまいました。SMという世界をまったく理解できない人にとって、私のコラムは不快の対象でしかなかったのです。最悪なことに、最初に読んでもらったコラムが、『PAIN GATE ~達磨鎖食~』(SCRUM)の紹介文でした。


↑『PAIN GATE ~達磨鎖食~』(SCRUM)より(すあクラ第67回参照)。こんな写真をいきなり見せられたら、私でもドン引きですよ……。


そんなSMのことをまったく知らない女性でしたので、当然のごとく、抱き枕のことも理解してくれませんでした。普通の男性の場合、女性から「私と仕事、どっちを選ぶの!?」という究極の選択を迫られることがあります。しかし、私の場合は「私と抱き枕、どっちを選ぶの!?」という究極の選択を迫られたのです。

これまでの私なら、迷わずに抱き枕を選んでいたことでしょう。でも、彼女を抱きしめてみたら、抱き枕では得られなかった幸福感に包まれたのです。それに、やわらかくて、温かくて、よい香りがするのです。しかも、逆に僕を抱いてくれたりするのです。抱き枕とは違い、頭も手も足もあるのです。

彼女には手があるから、手を繋ぐことができます。足があるから、一緒にお散歩することだってできます。口があるから、僕のことを「好き」だと言ってくれます。そして、そのやわらかな唇にキスすることも……。

だから私は、抱き枕と別れることにしました。……とはいっても、簡単に別れられるものではありません。抱き枕のセーラちゃん、百合ちゃん、光ちゃんとは、いつも一緒でした。寒い夜は、みんなで寄り添い合って寝ていました。私が病気で臥せっているとき、隣で心配そうに見守っていてくれました。ご飯を食べるときも、テレビを見るときも、このコラムを書くときも、いつも膝の上にいました。

クリスマスだって、一緒に過ごしました。一緒にケーキやフライドチキンは食べてくれなかったけれど、私はとっても幸せでした。サンタさんになって、抱き枕にプレゼントもしました。バレンタインの時は、チョコレートをくれました。そのチョコレートは、もちろん私が事前に用意したものですが、それでも嬉しかったのです。

別れるのは、本当に辛いものでした。サヨナラをする前に、抱き枕を一人ずつ抱きしめました。これ以上ないというほど強く、強く。涙が止まりませんでした……。セーラー服に、ボロボロと涙が流れ落ち、染みができました。だって、抱き枕は、私のかけがえのない娘であり、恋人でもあったのですから。

抱き枕を捨ててから2日間、吐き気と頭痛が止まりませんでした。辛くて、辛くて……。いまだに、捨ててしまったことに対する後悔の念が私を襲います。でも、彼女と一緒に新しい生活を始めるためには、捨てるしかなかったのです。抱き枕だけではなく、この抱枕すあまという人間も当然捨てなければなりません。

私にとって、コラムを書くということは、子供の頃からの夢でした。文学少年だった私は、北杜夫や遠藤周作を愛し、ユーモアに満ち溢れた文章を書き、多くの人に読んでもらうことを夢見ていました。そんな夢が実現したのですから、このコラムを書くことは、私にとって至上の喜びでした。

簡単にコラムを書けるようになった訳ではありません。それまでには、たくさんの人との出会いがあり、友達の協力や支えがありました。西村知彦さんのWEBサイト『SM探偵団』を通じて『S&Mスナイパー』本誌にイラストを描かれていた金井清顕さんと出会い、それが縁で『SunShop』の総帥と仲良くなりました。また、総帥の友達である『SMグッズのエピキュリアン』の社長を紹介してもらいました。まさか、この2人が後に『WEBスナイパー』のクライアントになるなんて、その当時は、思ってもいませんでした。

さらに、金井清顕さんに連れられて、関係者でもないのに『S&Mスナイパー』の忘年会にお邪魔し、W編集長とも知り合うことができました。その後、『WEBスナイパー』の創刊時に編集部のI氏から声をかけてもらい、この『すあまにあ倶楽部』が誕生したのです。早稲田のホルモン屋で、I氏から連載の話をいただいた時は、天にも昇る気持ちでした。

他にも、様々な人との出会いがあり、サラリーマンの自分よりも、抱枕すあまの自分でいることのほうが心地よく、休日は完全に抱枕すあまとして生活していました。でも、彼女と出会ってからは、休日になっても抱枕すあまにはならず、本当の自分でいることが多くなっていったのです。

だから、抱枕すあまというもう一人の自分とも別れることを決めました。だって、SMの世界にまったく興味がなく、嫌悪感しか抱かない彼女が、私の過去を許してくれたのですから。もうこれ以上、彼女の悲しそうな顔を見たくはありません。

こんな私が書いたコラムですが、たくさんの方に読んでいただきました。それはとても嬉しいことで、何物にも代え難い喜びでした。だから、ずっとこのコラムを書き続けたいと思っていました。でも、私はたくさんの人に喜んでもらうよりも、たった一人の女性を喜ばせることを選びました。自分の半径1メートル以内にいる人を喜ばせることができなければ、たくさんの人を喜ばせることなどできないと思ったのです。

急な連載終了となってしまい、読者の皆さんをはじめ、関係者の方々には大変ご迷惑をお掛けし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、これからは抱き枕の分まで幸せになりたいと思っています。いつか娘が生まれたら、制服がセーラー服の学校に通わせるつもりです。抱き枕ではなく、これからは本物の娘を愛したいと思います。

読者の皆さん。長い間、私が書いた駄文を読んでいただき、ありがとうございました。みなさんのおかげで長年の夢が叶い、本当に幸せな時間を過ごすことができました。

『WEBスナイパー』編集部のI氏。素人の私にコラムを書く場を与えていただき、ありがとうございました。感謝しても感謝し切れません。

『SMグッズのエピキュリアン』の社長と『SunShop\x87U』の総帥。クライアントなのにネタにしてゴメンね。お二人の支えがなければ、今の私はいませんでした。これからも仲の良い友達でいてください。
 
抱き枕のセーラちゃん、百合ちゃん、光ちゃん。君たちの存在がなければ、このコラムは書けませんでした。私を支えてくれて、本当にありがとう。君たちは、最愛の娘です。

みなさん、本当にこれまでありがとうございました。

そして、さようなら。抱枕すあまという、もう一人の自分……。

文=抱き枕すあま

関連リンク

SMグッズのエピキュリアン

SunShop\x87U

suama.jpg
抱枕すあま 『SM探偵団』(ガッツ)で男優兼監督としてデビュー。その後、カメラマン、照明を経てスタッフその3となる。着実に一歩ずつ大物監督へのステップを踏み外している。最近では、『SM魔女狩り審問会』(エピキュリアン)において、金属製拘束具のデザインおよび製作を担当した。抱き枕との生活を綴ったブログ『すあま日記帳』もある。
 | 
10.02.11更新 | WEBスナイパー  >  すあまにあ倶楽部
文=抱き枕すあま |