女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑Iさんに「苦手なら写真は撮らなくても大丈夫ですよ」と言ってもらったにもかかわらず、デジカメ持参で記者会見に赴いたマエストロ。だって、トップAV女優の写真をたんまり自分のデジカメに収める機会なんてそうそうないんですもの。ああ、ここみんの可愛さよ、小室友里さんの美しさよ、ゆまちんのはじける笑顔よ! 緊張のあまり写真に指が入っちゃってるのは御愛嬌(やっぱり写真ヘタだな、私……)。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
皆さんご存知かもしれませんが、グラビアアイドルだのAV女優だのといった可愛い女の子が、そこらへんのカメラ小僧に負けないくらい大好きな私。でも、実を言うとそういった女の子を取材したことはほとんどありません。なぜなら自信がないから。
いつもテレビの画面で観てる女優さんを目の前にすると、緊張して的外れなこと言っちゃいそうな気がするんですよね。おお嫌だ、いい年こいてなんという中二イズムでありましょう。これくらいの年齢の娘がいたっておかしくないのに……。
すっごい好きなのにすっごい苦手。自分の中の矛盾に悩むオナニーマエストロ遠藤です。
 | 
でも、そりゃあできることなら彼女たちをナマで観たい。できれば望遠レンズがなくても平気なくらいの至近距離で……。
なんてことを日々思っていたところ、先日、編集部Iさんから、
「遠藤さん、安田理央さんが監修してる『AV30』ってAVプロジェクトの記者発表会に行きませんか?」
との連絡が。
ま、まじっすか。出演者を確認したら、麻美ゆまちゃんにオグナナに笠木忍タンに……
おお、カンパニー松尾監督まで! 行きます行きます、行かせてください。女優さんたちをナマで堂々と見られる機会なんてこれを逃したらもうありませんよ。親が死んでも行く!!
その日、田舎から上京してくることになっていた老母に「のっぴきならない仕事があるから」とバスの時間を遅らせてもらい、会場へ向かったわけなんですが……。

いやあぁぁぁぁ、いいですねええぇぇぇぇ。
わずか数メートル先にゆまちんやここみんが!(すみません、麻美ゆまちゃんと成瀬ここみちゃんのことです)
かわいい〜、目がでかい〜、足細い〜!! 
笠木忍タンてロリだから小さく思われがちだけど、実物見ると意外に背が高いのよねえ。あ、オグナナったらいつのまにこんな小麦色に! はあぁ、しやわせ。
いつも思うんですけど、DVDやグラビアに出るような女の子ってただ痩せてるだけじゃなくて“キュッ”としてるんですよね。顔もウエストも足も一般人より華奢で小さくて、全身が80%縮小って感じ。毛穴とかもありません(ていうか、あるのかもしれないけど私には見えない)。


↑ゆまちん、忍タン、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! そして小室友里さんの美しさよ。現役時代よりイケてるんじゃないか。これで36歳とがスゲー。


なんというか、アイドル女優見てるときってよくできたミニチュア家具を見てるときのような感動があるんですよねえ。ああ、足首細い。まつ毛長い。爪も歯も小さい。もっと見てたい、あと2時間くらい……(気持ち悪いですか、すみません)。あ、もちろんぽわーんとしつつも取材記事は書きました。ちなみにこちら

感動のあまり、帰りの地下鉄では何度も乗り過ごしてしまったマエストロ。日が沈む頃ようやく高速バスの停留所に着いたら、暗い中、大きな荷物を下げた老母がちんまり待っていました。ごめんよ母ちゃん、こんな娘で。


さて、そうこうしつつも前回の続きです。
AV女優見たさに還暦過ぎた親を待たせ、自宅では“トーイDIY”を使って真っ昼間からチンコ制作に余念のないマエストロ(やばい、死にたくなってきた)。
悪戦苦闘しつつもようやく及第点をつけられそうなチンコができたので、いよいよその挿れ心地を試してみることにしました。


↑前回作った試作品第2号“あんた、あたいとレズらない?”。Gスポットを意識したカリ太具合と、上反りのフォルムがポイントです。双頭バイブにも使えるスグレモノ。


AV流しっぱなし、しかもパンツ一丁で作業しているので気軽にお試しできますね!
床に敷いたバスタオルの上に座り、パンツをちょいとずらして……よいしょっと。

おお、これは思ったよりもイイ感じ。
感触がプラスチックっぽいというか、いつも使ってるバイブ(ゴム素材?)よりもちょっと硬いので「痛くてうまく入らないんじゃないか」と思ってたんですけど、そんなことはまったくなくスルッと入る。マエストロ的にはローションつけなくても全然イケます。手加減して細めに作ったのも良かった模様。
何より、自分で丹精こめて作ったものだと思うと、情がわくのか市販のバイブより気持ちよく感じます。適度な硬さもグッジョブ。正直、わたしのつたないマンコ力だと柔らかめのカリはあんまり認識できないんですが、これでゆっくり出し入れしてみると、カリの部分がちゃんとわかる。
あと、細かいことなんですけど、なんとなく双頭バイブの形にしてみたのが案外使いやすさに一役買っております。ほら、普通のバイブって持ち手がそんなに長くないじゃないですか。特にタマがついてるタイプのディルドだったりすると、持つ場所がなくて出し入れが難しかったりするんですよ。


↑こういうやつですね。騎乗位とか、壁にくっつけてセルフ立ちバックをするにはいいんですが……。


でも、この形だとチンコ自体のリーチが長いので、私みたいに腕の短いオナニストでも出し入れが簡単。これ、ちょっと発明じゃないですか? エログッズメーカーの方、どうでしょう。
そして、実際にマンコに入れてみたことで新しいひらめきが生まれたマエストロ。
さっき感じたカリの感触を倍増させるべく、“あんた、あたいとレズらない?”にちょいと細工を施してみることに。
煮えたぎった鍋の中に“トーイDIY”を数枚追加投入し、柔らかくなったところでカリを追加します。よいしょ、よいしょ。こうすればワンストロークで何回もカリの感触が楽しめるはず。
そして出来上がったのがこちら。


↑試作品第3号。タイトルは“伊勢エビ”。


おお、なかなかじゃないですか。こんなにカリばっかりのチンコなんて現実にはありえませんよ。まさにドリームチンコ!
ちなみにカリ部分制作にかかった時間は2分ほど。形を作って冷めたらすぐに試せるところ、そして思うところがあったらすぐにカスタムできるところが新感覚です。
以前、自分の好みに削ってカスタムできるっていうバイブを使ったことがあるけれど、それは削ったら元に戻せない。でも、これは削るも足すも短時間で想いのまま。濡れたマンコが乾く前によりかゆいところに手が届く形に変えることもできるわけです。うーん、ナイス!
早速試してみると……、おお、さっきよりも数倍激しくゴリゴリします。
「いやぁん、カリがひっかかるぅ……」なんてつぶやきながら出し入れすると、一気に臨場感が高まりますね!(母ちゃんごめん)

固まるのが待てないときは、氷水の入ったボウルにドカッと浸けると早く固まります。でも、まだ余熱が残ったくらいの人肌の状態で使うのもよろしいかと。

いやあしかし、さっきまで何を作ったらいいか見当もつかなかったのに“案ずるより産むが易し”とはよく言ったもんですな。工作しているうちに“トーイDIY”の特徴がよくわかってきました。

まず1つは、前回も言ったようにわりと一気に固まるということ。熱くて触れるようになるまでにも少し時間がかかるので、作りたいものを決めて手早く作るのがベター。
そしてもう1つは、思ったよりも硬いということ。
整形が自由と聞くと「粘土みたいな感じ?」と思いがちですが、それよりはずっと硬いです。完全に固まってしまえば、市販のバイブよりも全然硬い。これけっこう重要!
なぜかといいますと、ローターやバイブをカスタムするときはある程度硬さがあったほうが振動がうまく伝わるんですよ。
柔らかいと、せっかくのバイブレーションが吸収されてしまうんですね。せっかくのクリバイブもまわりにぶよぶよしたイボとかついてるとほとんど振動しなくなっちゃう。マエストロは物理とか力学とか全然わかんないんですけど、これまでのオナニー歴(20年)からすると間違いなくそう。
ということは、“トーイDIY”でのカスタムは最初に用意したローターやバイブとの相性もいいはず! うおー、テンションあがってきた!

というわけで、俄然調子の出てきたマエストロ(でもパンツ一丁)。
お次は振動系グッズのカスタムに挑戦することにしました。本体にするのは“フェアリーポケットミニ”。
普段は普通の2股バイブを中イキ用に使ってるんですけど「もうちょっと強くブルブルしてくれれば……」と思うこともしばしば。そこで、電マの強力な振動をGスポット&クリトリスの同時刺激に使えれば最強だろうと目論んだわけです。これがうまくハマれば、私の中イキライフにも新しい波がやってくるんじゃないかしら。うふふ、あったまいー。
サイズや形は、いつも使っている中イキバイブに似せて作ればそう難しくはないはず。
名残惜しいけど、伊勢エビくんにはもう一度熱湯の中に行ってもらって工作開始。
隣にバイブを並べて、よいしょ、よいしょ。


↑フェアリーポケットミニの頭の部分にオルガスター形のバイブをくっつけていきます。


おお、なかなかイイ感じ。新しい〜。
え? 「それって電マのアタッチメントと同じじゃないのか」ですって?
……いいの! アタッチメントに似てるけど、手作りだから! 心がこもってるから!
手編みのセーターを編む女みたいになりながら、次回に続きます。

(続く)

関連リンク

アダルトビデオ30周年記念プロジェクト AV30

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.11.12更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |