ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Erotical Parade Japan
フランス人ジャーナリストのエロティック比較文化論
気鋭の女性フランス人カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアールが、「奇妙で豊穣な性文化」について日本の様々な文化的側面から掘り下げていくユニークな比較文化論。今回は京都観光でよく知られている大原の歴史ある寺々を訪ね、その景観や佇まいの中にある「音」と「声」にじっと耳を澄ませます。
 | 
本日、私たちは大原の6つの寺を訪ねた。京都の東北部にある美しいところで、まるで気まぐれな水の流れにも聞こえる、眠りを誘うかのような仏教の歌「声明(しょうみょう)」で有名だ。
声明にはメロディーがまったく、音だけがある。
形式もなく、音の流れだけがある。
その名によって神を呼ぶことが声明の役割とされている。
つまり、声の力によって神に触れようとする行為だ。
こちらでその音声を聞くことができるので参照してみて欲しい。




声明を歌うためには臍(へそ)の下の「丹田」という部位を使わなければならない。
そこは気(エネルギー)の中心となっている。
日本人の友人、上田氏は「女性の体で言えばそれは神聖な洞窟、岩戸だ。
男性では……ええーっと、同じことですね」と言う。





天台声明のための基礎的な道場として寂源(じゃくげん)によって1013年に造られた勝林院(しょうりんいん)には、手から2本の綱が垂らされた阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)という有名な仏像がある。
そのうちの五色の綱は神とつながっていたいと願う生きている人のためのもの。
白い綱のほうは死んだ人だけのためにある。
それらの糸は丹田のそばに位置する仏陀の手に付けられている。
赤糸に触れると、それはまるで仏陀の陰茎に触れているかのよう。
人生のエネルギーがワイヤーを走る電気のように流れ込んでくる気がしないだろうか。





伝説では、大原問答(※注1)の間にこの仏陀の手から光が出始めた、と言われている。
仏陀はランプ、丹田は電力、そして声明の声と歌を神とつながるための綱と考えるのはどうだろうか。

私たちは大原で來迎院(らいごういん)も訪ねた。それはとても重要な寺院だ。
仏教の天台宗では良忍(りょうにん:1072−1132)が中国より伝来した声明の教本を標準化し、來迎院に最初の声明学校を作った。
今、この寺には自然と墓以外には何もないけれど。





私たちは木や風、水の音を聞きたいと思っていた。しかし、そこには落ち葉を掃除するためのとてもうるさい機械を使っている庭師がいたため、静寂は得られなかった。我々は足早に立ち去るしかなかったのだが、寺の女性が「ごめんなさい」を12回も言いながら料金を返してくれ、私はとても混乱した。

静寂を得るために、我々は来迎院から100メートル離れた「音無の滝」に向かった。伝説ではこの小滝は僧侶に歌を歌わせるために音を出すのをやめた、と言われている。しかしこの小滝は全く静かではなかったので、少し可笑しく思った。それはとても美しい音色だった。
この音色はこちらで聞くことができる。





それから、私たちは夜の照明を見に宝泉院(ほうせんいん)まで出かけた。
宝仙院では映画館のように移り行く四季を眺めたり、水琴窟(すいきんくつ:※注2)の音を聞くことが出来る。
大原では音は全てだ。季節は移り変わり、自然は変化する。
しかし音は残る。そして声も。

文=アニエス・ジアール
翻訳=栗田直紀

※注1 大原問答  1186年(文治2)ころ、浄土宗の開祖法然(ほうねん)が、のちに天台の座主(ざす)となる顕真(けんしん)の要請により、京都大原の勝林院における各宗の学匠の集会で、その独自の浄土念仏の教理を説き、談論したこと。大原談義ともいう。
※注2 水琴窟 日本庭園の装飾の一つで、空洞に水滴を落下させ音を反響させる仕掛け。



Ohara and song of prayers

Today, we visited 6 temples in 大原 Ohara, a nice place near Kyoto, very famous for SHOMYO, buddhist hypnotic song looking like the flow of capricious water : there is no melody, only sound. There is no form, only flow.
Shomyo means : calling God by his name.
It's a way to get in touch with God, though the power of voice.
http://www.youtube.com/watch?v=B2rZNsqS-aw&feature=channel

To sing shomyo, you must use your "tanden", below the heso.
It's the center of ki (energy)
A japanese friend, Ueda-san, said : "In the women's body, it's the sacred cavern, the iwato. In the men, eeeeeeeeh, it's the same".

In Shorin-in temple - founded in 1013 by Jakugen as a fundamental training hall for Tendai Buddhist chant - there is a famous statue of Amida Nyorai zazo with the hands linked by 2 ropes.
One rope (five-colored) is for living people, who want to get connected to God.
The white rope is for dead people only.
The ropes are attached on the hands of the Buddha, situated close to tanden.
When you touch the red string, it's like touching Buddha's penis !
It's like electricity : energy of life goes through the wire.

A legend says that during the "Ohara mondo", light started going out from this Buddha's hands.
Buddha is a lamp. Tanden is electric power. Voice and song of Shomyo are strings to get linked with divinity...
... maybe ?

In Ohara, we also went to Raigo-in.
It's a very important temple.
In the Tendai school of Buddhism, Ryonin (1072-1132) standardized the shomyo texts that had been introduced from China and built the original shomyo seminary at Raigoin.
There is nothing in this temple, except nature and a tomb.

We wanted to hear the sound of water, wind and trees...
But there was a gardener using a very noisy machine to get the leaves away.
It was impossible to get peace.
So we went away very fast.
The woman from the temple gave us our money back saying "Gomen nasai" 12 times. I was really confused.

To get peace, we went 100 meters from Raigo-In to 音無ノ滝 Otonashi no taki.
The legend says this cascad stopped making noise, in order to let a monk sing.
It's funny because this cascad is not silent at all. It has a very beautiful voice.
Listen : http://ieva.bandcamp.com/track/cascade-silencieuse-ohara
Ne ?

Then, we went to Hosen-in, for night illuminations.
In Hosen-in, like in movie theater, you can watch shiki, seasons passing by, and hear the sound of Suikinkutsu.
In Ohara, noise is everything. Seasons pass by. Nature changes. But the sound remains. And the voices.

text=AGNES GIARD

関連記事

欧米フェティッシュ・ジャーナル Fetish Journal

nurekiplof.jpg
アニエス・ジアール - AGNES GIARD - 1969年生まれ。仏リベラシオン紙のジャーナリストであり、主にカウンターカルチャーや性に関する記事の専門家。日本のエロティシズムについて言及した著作 『エロティック・ジャポン』(仮)、『図解 ビザール・セックス全書』(仮)がそれぞれ河出書房新社と作品社より近日刊行予定。現在は京都の関西日仏交流会館ヴィラ九条山に滞在しており、日本における様々な恋愛物語についての本を準備中。
 |