ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

2017.2.24 Fri -3.2 Thu at OLYMPUS Gallery Osaka
2017年2月24日(金)~3月2日(木)
オリンパスギャラリー大阪にて開催
かつてはストリップ劇場の興行主であり、現在は写真家である川上譲治氏が撮った、釜ヶ先=あいりん地区。「我もこうありたい」という願いを込めて題された写真展が、オリンパスギャラリー大阪で開催されます。
 | 
この5年間、大阪市西成区の一角に住み込んで撮った写真を、釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】と題してまとめた。
釜ヶ崎はあいりん地区とも呼ばれる。日雇い労働者が職を求めて集まる地だ。「ドヤ」と通称されてきた簡易宿所に泊まり、日々、路上を行き交う人々とすれ違う一瞬に、すりとるようにシャッターを切る。
宿所の窓を開けると、この街独特のにおいを感じる。そんな時、長く興行師として過ごしたすとりっぷ劇場を思い出す。伝説の踊り子、一条さゆりが晩年を過ごしたのもこの地だった。私にはこの街も「劇場」に思えて仕方ないのである。人生の光と影、表と裏の凝縮したような「舞台」。たとえ福祉という衣装をまとっていても、むき出しの生の緊張感がある。
もし、路上で不用意に人々へカメラを向けると、「仲間を撮るな」とすごまれる。「撮り逃げ」は許さない。
「吾亦紅」は、バラ科・ワレモコウ属の植物である。一説によると、「我もこうありたい」と、はかない思いをこめて名付けられたという。その由来から作品の画題を命名しました。

出展作品数:モノクロ 約40点

【作者略歴】 川上讓治(かわかみ じょうじ)
1950年 島根県浜田市に生まれる。
1976年 大阪芸術大学写真学科4回生後期中途退学。
2005年 大阪芸術大学大学院写真制作専攻社会人入学。
2006年 写真集「俺達のストリップ物語」(データハウス)出版。
2007年 大阪芸術大学大学院博士課程前期課程修了。
2015年 著書「すとりっぷ小屋に愛をこめて」(人間社文庫)出版。

以上、プレスリリースより

川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」


開催日時=2017年2月24日(金)~3月2日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館
※入場無料

会場・問い合わせ先=
オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビ
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274

関連記事

カフェ百日紅 Fetish & Bondage Photo Shin3. 写真展 「Sylvan (Small Box Ⅵll)」開催!!
 | 
17.02.11更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
WEB SNIPER編集部 |