ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2015.5.22 Fri~5.31Sun at Tokyo Metropolitan Theatre
2015年5月22日(金)~31日(日)東京芸術劇場シアターイーストにて
女性の視点から容赦なく描き出される女の世界......アダルト業界に身を置く女たちの実態を描いて好評を博した舞台「女のみち 2012」が、脚本に加筆・修正が加えられ、よりパワーアップした形で再演に。5月、東京芸術劇場での上演です。
 | 
すべての賞味期限切れ女に捧ぐ―― AV 女優を描いたブス会*の代表作、初の再演。第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』

ぺヤンヌマキが2010年に立ち上げた演劇ユニット「ブス会*」は、これまで様々なアプローチで女の生態・実態を描いてきました。2012年下北沢ザ・スズナリで上演した『女のみち 2012』では、AV女優達の控室を舞台に、嫉妬や確執で渦巻く女社会の中で、年齢を重ね様々な悩みを抱えながらも逞しく生きていく女たちの姿を描き、大変ご好評をいただきました。その『女のみち 2012』の再演が、この度、東京芸術劇場にて決定致しましたので、ご案内申し上げます。キャストは、初演メンバーが全員集結! 脚本には加筆・修正を加え、よりパワーアップした2015年度版の「女のみち」を上演致します。

【あらすじ】
舞台はとあるAV撮影現場の控室。6年ぶりに復帰することになったかつての人気AV女優カスミ(30)。しかし、旬を過ぎた彼女にはもはやサブの熟女枠のひとりという地味な出番しかなかった。そして、かつての仕事仲間であるカリスマレズ女優三代目橘リカコ(37)はシングルマザーとなってもなお女優を続けていた。人気巨乳女優ルミ(33)、リカコが経営するSMクラブで働くバイセクシャルのカエデ(33)、そしてかつてのカスミのポジションであるこの日のメイン女優、元芸能人単体マリナ(27)。様々な事情を抱えた女ちが集まる撮影現場は、あることをきっかけに混乱していく......。

いつまでも若くはいられない女たちの、"それでも生きていくんだよ"

アダルト業界に身を置いた女たちが、年齢を重ねても仕事を続けるということは過酷です。女優としても女としても賞味期限が近づいていることに、彼女たちはどう立ち向かうのか。そして、結婚しているのかしてないのか、子供がいるのかいないのか、仕事しているのかいないのか......立場の違いによってすぐに嫉妬や確執が生まれるのが女の社会。
AV女優を描いた『女のみち』シリーズは、2006年にポツドール番外公演として上演した『女のみち』に始まり、登場人物たちの6年後を描いた作品が『女のみち 2012』です。2006年度版『女のみち』よりも年齢を重ねた女たちが、その年齢ならではの背景や悩みを背負いつつも、なんだかんだで前向きに逞しく生きていく姿を描きました
このシリーズは私のライフワークとして数年おきに物語を更新して上演していきたいなと秘かに思っていたのですが、この度、東京芸術劇場で再演が決定し嬉しい限りです。ベースはあくまで『女のみち 2012』となりますが、3年経った現在の状況なども盛り込みつつ、2015年度版として生まれ変わらせたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。(ブス会*主宰ペヤンヌマキ)

■ペヤンヌマキ プロフィール
1976年生まれ、長崎県出身。ブス会*主宰/脚本・演出家/AV監督(ぺヤングマキ名義)。早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。2004年よりぺヤングマキ名義でフリーのAV監督として活動する傍ら、劇団ポツドール番外公演"女"シリーズの脚本・演出を担当。2010年、演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、以降全ての作品の脚本・演出を担当。第4回ブス会*「男たらし」が第59回岸田國士戯曲賞最終候補作にノミネートされる。著書に、エロの現場で働く自らの経験をもとにコンプレックス活用法を探る半自伝的エッセイ『たたかえ!ブス魂~コンプレックスとかエロとか三十路とか』(KKベストセラーズ)がある。現在、週刊SPA!などでコラム連載中。

以上、プレスリリースより

第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』

■公演日程=2015年5月22日(金)~31日(日)
■脚本・演出=ペヤンヌマキ
■出演=安藤玉恵、内田慈、もたい陽子、高野ゆらこ、松本まりか/尾倉ケント、仗桐安

■タイムテーブル=
5月22日(金)19時30分
5月23日(土)14時30分/18時30分
5月24日(日)14時30分
5月25日(月)19時30分
5月26日(火)休演日
5月27日(水)19時30分
5月28日(木)19時30分
5月29日(金)19時30分
5月30日(土)14時30分/18時30分
5月31日(日)14時30分
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前

■チケット(税込)=
ブスシート(指定席・最前列・ポスター付)/当日・前売4000円
一般シート(指定席)/当日・前売 4000円
※ 10歳未満の方の入場はご遠慮ください。
※ 障害をお持ちの方は、一般チケットの10%割引(3,600円)にてご観劇いただけます。 お付添の方は1名様まで無料です。東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売のみ取扱い。
※チケット一般発売日:4月11日(土)

■チケット取り扱い=
・ブス会*公式HP http://busukai.com/
・東京芸術劇場ボックスオフィス 電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
・ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:36626)
0570-000-407(オペレーター)
http://l-tike.com/busukai
ローソン・ミニストップ店内Loppi
・イープラス
http://eplus.jp

■会場
東京芸術劇場シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
電話 03-5391-2111

■問い合せ先=
ブス会* 電話 080-7945-3567/info@busukai.com

関連リンク

「ブス会*」公式サイト

「東京芸術劇場」公式サイト

 | 
15.03.24更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
WEB SNIPER編集部 |