女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
salon de succubus vol.2 2007.8.29Wed AOYAMA Velours
salon de succubus vol.2
イベントレポート

サロンド・サキュバス Vol.2
-夢魔の舞う夜の社交界-

文=早川舞

←ショーが終わってすがすがしい顔で戻るモデルたち。 ※撮影:早川舞
セクシーなフェティッシュ・ファッションブランド「succubus」が送る、サロン形式のファッション系イベント「salon de succubus」。去る8月29日に行なわれた第2回の模様を、WEBスナイパー初登場の早川舞さんがレポート!
 | 

幻想的なファッションショーの1シーン。
撮影:KUBOKI
小道具にもいろんな工夫が凝らされていた。
撮影:KUBOKI
華やかなドラァグクィーンは会場の目を釘付けに。
撮影:KUBOKI
満員御礼状態の会場!うごけないよ〜!(笑)。
撮影:早川舞
REIKOさんのポールダンス! セクシー&パワフル!
撮影:KUBOKI
ショーに出演したM・ディードリッヒさん。
撮影:早川舞
主催者にしてデザイナーのBambi氏。
撮影:早川舞
フェティッシュファッションでの来場者もたくさん。
撮影:早川舞
このサイトをご覧になっている方なら、“サキュバス”というモンスターをご存知の方も多いと思う。美女の姿で、男性が寝ている間に誘惑して、精気を吸い取ると言われている存在だ。

そんなセクシーな魅力を持った魔物の名前を冠するフェティッシュ・ファッションブランド「succubus」が主催する2度目のパーティが8月29日(水)に青山の「Velours」で行なわれた。

前回はSM色の強いものだったこのパーティだが、今回はファッション・ショーやポールダンス、ダンスショーなどをメインにし、SM色は強く打ち出さないとのことで、フェティッシュ系イベント、というよりはフェティッシュなサロン形式を目指しているとのこと。ドレスコードも特に設定していないので「ちょっと興味があるんだけど……」といった向きにも気軽に入れるのが特徴だ。

ではまず、イベントレポートの前に、簡単にではあるが、ファッションブランド「succubus」についてご説明させていただきたい。

「succubus」は2005年12月にBambi氏が立ち上げたファッションブランド。元々は別のブランドのデザインをしていた彼女が、自分が好きだったコルセットやフェティッシュ系ファッションをやりたくて、企画を練って社長にプレゼンしたというのが始まりだという。デザイナーであった彼女の元には、フェティッシュ系のブランドが日本にはあまりないために仕方なく海外製のものを買ったところ、サイズが合わないと嘆く声が頻繁に届いており、そういったSOSも彼女のやる気に火をつけたようだ。

過激すぎない品のよいデザインは今までフェティッシュファッションを纏ったことがないという人たちにも好評で、それはBambi氏が望むことでもある。現在は実店舗はなく、オンラインショップでのみの販売となっているが、いずれはお客様と直接対面して会話することのできるショップも考えているという。

今回会場に選ばれた「Velours」は、卓越したデザインやインテリアを誇り、青山ではちょっとした話題になっているラウンジ。ただ美しくオシャレなだけではない、どこかしらエロティックで重厚な雰囲気は、フェティッシュピープルにも支持者が多い。Bambi氏はここの雰囲気が自身のイメージする「succubus」のイメージにぴったりだと感じ、この場所を選んだのだそうだ。

その日、私が会場に到着したのは22時30分を回ったころ。この手のイベントにしては早く着きすぎてしまったかな、と思いきや、会場はすでに表にも熱気が伝わるほどの満員状態で、入り口には列が出来上がっていた。

中に入ると意外にもフェティッシュ系のファッションで身を固めた人たちは少なく、カジュアルな装いの人が目立つ。だが、どちらにしても浮くということはなく、きれいに調和しているように思えたのは、「Velours」のセンスあってのものだと思えた。

まずは冷えたビールを飲もうと(笑)カウンターに並ぶと、またここも長蛇の列。会場のキャパシティは200人だと聞いていたが、すでにこの時点でそのぐらいの人数は入っていたのではないだろうか。それと、青山という土地柄ゆえか外国人が多い。装いを見たり、話すことなどを聞いていると、いつもの行きつけの場所として「Velours」に来たところ、フェティッシュなパーティをやっていたという人たちも多少はいたようだ。

しかし、それはそれで“あなたたちラッキーです”と言いたい(笑)。日本のフェティッシュというトンガったカルチャーの、今もっともトンガっている部分のひとつを期せずして見られるなんて、お国に帰ったら自慢してもいいぐらいだ。

しばらく待っていると、スタッフがフロアの廊下になっている部分を空けるようにと、来場者に呼びかけ始めた。いよいよ今回のパーティのメインイベントであるファッションショーが始まるらしい。

会場が暗くなってしばらくすると、幻想的な音楽が流れてきた。その音楽に合わせて軽やかなステップを踏みながら、可憐な女性モデルが登場する。肩で風を切って歩き、ステージへ向かう様に、オーディエンスの目はいきなり釘付けになる。あちこちでカメラや携帯のフラッシュが焚かれた。

彼女を皮切りに、さまざまな趣向を凝らしたファッションやメイクのモデルたちが次々と登場する。ある人はお高くまとまったマダム風、ある人はちょっと不良じみた良家のお嬢様風、ある人はお宝を狙うアマゾネス風。正統派のドラァグクィーンも登場し、ファニーなパフォーマンスで見る人たちの目を楽しませていた。

最後にはデザイナーであるBambi氏が登場。たった2年余りでこれだけの衣装をデザインしたとは思えないほどの華奢で小柄な女性だったが、ステージに立つ姿は自信に満ち溢れ、実際よりもひとまわりもふたまわりも大きく見えた。

ファッションショーが終わるとしばしの歓談タイム。先ほどのファッションショーをきっかけに周囲と話が盛り上がり、お酒も進む。個人的な意見だが、話の輪の中心となっている華やかなフェティッシュピープルと、その周りを囲むフツーの服装の人たちを見ていると、やはりこういう場所にはそこにあった服装をしてくるべきだと思った。特に趣向の凝らされたファッションショーを見た後だと強くそう思う。

しばらく待っていると、今度はポールダンスショーが始まった。メガネをかけ、白いワイシャツにタイトスカートと女教師風のお堅い雰囲気になったダンサーのREIKOさんが、一転、セクシーな黒のビキニ姿になって、ポールダンスを披露する。タテになったりヨコになったり、その姿はど素人の私からすればまさに“縦横無尽”とでも呼びたいところ。セクシーさに鼻の下を伸ばすよりも、ダイナミックさに度肝を抜かれた、と言ったら失礼になるのだろうか……。

ポールダンスも終わると早くも夜中の3時に届こうという時間。平日ゆえに、お客さんもちらほらと会場を後にし始める。私もそんな中に混じって、興奮さめやらぬままに「Velours」を去った。

可能なら年内にもう一度パーティを開きたいというBambi氏。その際にはまた是非遊びに行きたいと思った。

文=早川舞



** Salon de Succubus vol.2 **

日時:2007年8月29日(水)
場所:青山Velours(ベロア)
料金: Door¥1,500 / with flyer¥1,000


関連リンク

Fetish Fashion ** Succubus

東京・青山ラウンジ 「Velours」



早川舞 Reverse Dead Run
http://blog.livedoor.jp/mai_key_eng

we are SEXLESS!!
http://blog.livedoor.jp/blog_sexless
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
 | 
07.09.19更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報