本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2014.3.3 Mon -3.15 Sat at vanilla gallery
2014年3月3日(月)~3月15日(土)
東京・銀座「ヴァニラ画廊 展示室B」にて開催
ダッチワイフを中心とする「模造人体」を被写体にして、独自の世界観を表現し続ける写真家・兵頭喜貴がいざなうもう一つの現実。シリーズ第5弾となる今回は、2013年に脳腫瘍を患った苦しみや痛みを、自身の「妻」「娘たち」であり被写体でもあるラブドールと共に表現します。
 | 
兵頭喜貴死す。
そしてハルナたちの新たなる旅立ちが始まる

2013年8月5日未明、それまで感じたことのない激しい頭痛で目覚めた直後に嘔吐し、大学病院に救急搬送されました。検査の結果、下垂体と呼ばれる頭のど真ん中でホルモンの分泌を制御している豆粒ほどの脳ミソが、腫瘍に圧迫され出血していたことが判明しました。脳自体が壊れると、頭の中は痛みと苦しみだけで満たされ、理性も欲望も完全に消滅し、咽の渇きさえ感じなくなってしまうのです。今、思い出しても恐ろしい体験でした。

その後の1カ月間に渡る入院生活は苦難の連続で、死を想起させる頭痛に目の異変が重なり、一時は人生の終わりを覚悟しましたが、何とか回復することが出来ました。しかし、本当に辛かったのは、むしろこの後でした。大量の画像診断、負荷試験と呼ばれる過酷な"人体実験"の結果、もう10年以上も前から下垂体の機能障害が起きていたことに加え、今回の出血でさらに異常が拡大し、ホルモンの分泌が完全に狂ってしまっているので、脳の外科手術を行なうか、死ぬまで薬物治療を受けなければならないと告げられたのです。


事実、程なくして、下垂体の機能障害及び薬物治療による体質の変化は、急速に実体化していきました。古い皮がぼろぼろ剥落し、視力が下がった反面、味覚と嗅覚は鋭敏になり、睡眠障害が解消された一方、生殖機能は壊滅し、あらゆる意欲も低下......厄介なことに、この病気は、人間の根本的な体質に加え、五感や感情面にも少なからぬ影響を及ぼすのです。脳が壊れ、その果たす機能が変化すると、全てが変ってしまうのですね。これには本当に驚きました。

残念ながら、今の医療技術では一旦壊れた脳は再生しません。現在、薬物治療でホルモンの分泌バランスを調えようとしていますが、やれることには限界があり、元に戻ることは永遠にありません。だったら、もういっそのこと兵頭喜貴は死んで、新しい身体に生まれ変わった。そう考えることにしました。その方がよっぽど清々します。

と言うわけで、古い自分とは、もうおさらばしました。しかし、「さらば」の後には「新たなる旅立ち」があり、以後「永遠に」「完結編」「復活篇」「2199」......と連綿とハルナ達との旅は続いて行きます。ですから、「さらば」とは、決別であると同時に新たな決意表明でもあるのです。

【兵頭喜貴プロフィール】
写真家・模造人体愛好家 1973年、愛媛県生まれ。2003年3月、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻終了。 現在は、一労務者として社会に貢献しつつ、自らの活動の充実と、19世紀の視覚文化に漂うように存在する未分化の視線の検証・再生に、 その精力の大半を傾ける。
以上、プレスリリースより

ヴァニラ画廊【展示室B】 兵頭喜貴 写真展 模造人体シリーズ第5弾「さらば金剛寺ハルナとその姉妹-愛の玩具たち」


開催日時=3月3日(月)~3月15日(土)
平日12:00~19:00
金曜12:00~20:00
土曜・日曜・祝日12:00~17:00
※入場料500円(同時開催のぴんから体操作品展もご覧いただけます)

会場・問い合わせ先=
東京・銀座 『ヴァニラ画廊』 展示室B
〒104-0061
東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
電話 03-5568-1233
 | 
14.02.18更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
WEB SNIPER編集部 |