女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

2010.08.02 Mon at porepore higashinakano
8月2日 ポレポレ東中野 「エロバリ」先行上映会!!
“障害のある人たちが、エロティックな映画を映画館で楽しめ、体感できる環境を作る”というスローガンの下、女性による副音声と日本語字幕を付けたバリアフリー仕様の映画を製作し、上映するプロジェクト、「エロティック・バリアフリー・ムービー」略して「エロバリ」。そのお楽しみポイントを探るべく、先日行なわれた先行上映会の模様をターHELL穴トミアさんにレポートしてもらいます!!
 | 
耳が聞こえない人の為に字幕が、そして目が見えない人の為に音声解説が付いたピンク映画。「エロティック・バリアフリー・ムービー」と銘打った、字幕・副音声付きのピンク映画がこの夏公開される。監督は70年代から日活ロマンポルノ、ATG(アートシアターギルド)で活躍し、裸の緑魔子に魅かれて観てみたら観念的な内容でかなり煙に巻かれた「やさしいにっぽん人」も印象深かった東ヨーイチ監督(東洋一)。この秋には漫画家西原理恵子と、その元夫との生活を描いた映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の公開も控えているベテラン監督だ。
3Dを超えた、3WAY上映で「画面が飛び出すんじゃなくて障害者のチンポが飛び出せ!(女性なら乳首が飛び出せ!)」というようなものを想像しつつ、8月2日ポレポレ東中野で行なわれた先行上映に行ってきた。

東ヨーイチ監督作品『ナース夏子の熱い夏』フライヤー

東ヨーイチ監督作品『私の調教日記』フライヤー

公開されるのは『ナース夏子の熱い夏』と『私の調教日記』の2本。その内今回は『ナース夏子の熱い夏』を、女優の速水今日子さんによる副音声「生朗読」上映で観ることができた。生! 生はいい! スクリーン横の小さな机の前に座り、「シグロ」「レジェンドピクチャーズ」など最初のクレジットを朗読する部分から期待感が高まる。声のトーンが落ち着き、まるでNHKのラジオドラマを聞いてるような錯覚に陥るが、これはピンク映画なのだ! これから起きるはずの展開、それを生で解説……、と考えるとその落ち着いた声音を聞けば聞くほどドキドキしてくる。

映画のストーリーは、出版社勤務の主人公が、妻が事故で入院したのを機に、入院先の看護婦と不倫関係に陥ってしまうというもの。セックス自体はオーソドックスかつ生活感溢れるもので、特に変態的ではなかった。妻が帰ってくれば、普通の映画ではついそのまま次の日になるところ、ここではちゃんとセックス。浮気しそうでしない?というところでばっちり浮気してそのままセックス。セックスしなければポルノは始まらないのだが、それにしてもセックスばっかしている主人公一樹には、観ている内にだんだんむかついてきてしまった。
大体、ナース夏子こと愛奏は、不倫する一樹にとってかなり都合のいい女に見えるし、一樹はこれ以外にも不倫の前歴があるようだし、ペラペラ夏子を解説してみせる一樹を前にして、「こいつがもっとヒドい目に会えばいいのに!」と観ていてひがみを超えて怒りがうずまいてくるのだが、まあいいだろう(彼のおかげでセックスシーンが観れるんだし……)。妻役の里見瑤子の不倫に気づいてるんだか、気づいてないんだかという不穏な演技が凄く怖くてよかったので、この後、妻の陰惨な復讐が始まると想像しておこう。
ただ監督の思いとしてはむしろ、主人公は一樹ではなく、題名にもなっている都合のいい女、夏子なのかもしれない。そう考えると、妻と夏子の間で一樹をボールのようにやり取りする映画と言えるのかもしれず、最後の意味深なシーンもどう利いてくるのか? その辺は実際観に行って判断して欲しい。


↑『ナース夏子の熱い夏』より


さて、バリアフリーの字幕、副音声だが、字幕はほぼ意識に上ってこないのに比べ、副音声はもう映画の一部となって頭に飛び込んでくる。監督自らが書いたという副音声の原稿は、ただ役者の動きや場面をなぞるだけでなく、その奥にある演出意図まで踏み込んでいた。
例えば、主人公の妻が夜遅く帰って来て、台所で水を飲むシーン。「帰って来て、水を飲む和代。酔っぱらっているのでしょうか」と副音声が入るのだが、それで、「ああ、水を飲んだのは、酔っぱらって喉が渇いてたからか」と気づかされる、という具合だ。
ぼーっと観ていると、所々で解説のようなものがさらっと入って来るので、その度にハッとして、かなりアシストされて映画を観ている気分になってくる。ここら辺は、解答をあらかじめ全て示されるような、窮屈な感じを受けるか、それとも分かりやすくていいと感じるか、感じ方が別れるところかもしれない。視覚障害の人にとってはそこで物語世界の奥行きが決まる訳で、「どこまで解説するのか」バリアフリーの難しさを感じる。


↑『私の調教日記』より


エロに関しては、これは全く難しさはなかった。(聴覚!)衣擦れの音。(聴覚!)漏れる声。(視覚!)愛奏ちゃんのぼよよんおっぱい。(解説!)「前戯が長いのがいいよね」というような副音声から、東監督のセックス観も透けて見える。館内には、緊張した空気が張りつめ、健常者も障害者も勃起していたに違いない。この瞬間新しい3D映画=「3タイプの視聴覚方法を持つ人がDOKI!DOKI!映画」が誕生していたのは間違いないだろう。

8月21日からの上映期間中にも何度か「生朗読付き上映」が行なわれる予定だそうだ(それ以外の時は通常の副音声付上映)。皆さんも「朝からポルノで3タイプのDOKI!DOKI!」という新世紀の3D体験に身を投じに行ってみてはいかがだろうか。

文=ターHELL穴トミア

関連記事

58年の歴史に幕を閉じる「上野オークラ劇場」が新館をオープン 旧館・新館それぞれで特別イベントを開催!!

第3回「爆音映画祭」開催中 この映画祭のバカさは世界レベルだ!

関連リンク

「エロバリ」公式サイト

ポレポレ東中野

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 | 
10.08.13更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
文=ターHELL穴トミヤ |