本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

2018.3.20 Tue -3.25 Sun at BALLOND'ESSAI
2015年3月20日(火)~3月25日(日)
東京・下北沢 バロンデッセにて開催
WEBスナイパーでは「Kinoko Hajime rope artwork」などでもお馴染みの緊縛師・Hajime Kinoko氏。写真家でもある氏がモデルの身体に残った「縄痕」をテーマに作品展を開催します。
 | 

アンダーグラウンドな愛好者たちの加虐と被虐の悦楽の世界でひっそりと行われてきた日本の「緊縛」は、今世紀に入って、荒木経惟の写真によって欧米で認知されるようになった。そして2010年代に、縛る側と縛られる側の関係性に新たな感性を持ち込んだ「縛り」で、ワールドワイドな活動を担い始めた新世代の緊縛師が、はじめきのこである。
彼の「縛り」はとにかく美しい。それは、縛られる側の感覚を自分のこととして受け止めるような縛りから生まれる。身体に縄をまとわらせて結んでいく一つ一つの営みの中から、縛られる側の痛みが縛る側の痛みとして溢れ出てくるのだ。そして、両者がその時間の中で共有した感情が、かすかに身体に縄痕として残る。
はじめきのこにとって縄痕は、縛り縛られる者の間に流れたいつくしむべき痕跡なのだろう。彼がその縄痕を写真に留めることによって、私たちは、彼らの営みの美しく繊細で複雑な感情の流れを想像することになるのだ。

Japanese 'Kinbaku' which used to be kept among underground lovers as a secret sanctuary in the world of pleasure of sadism
and masochism. Since the turn of the century, it has gained recognition with the photographies of Araki Nobuyoshi in America
and Europe. Then in 2010s, with a style of 'Shibari' that brought up the new idea of relationship between the rigger and the
model, the new generation of masters has been world-widely introduced, who is Hajime Kinoko.
His 'Shibari' is beautiful no matter what. It comes from a tie which could make you feel as it would be if it were the feeling of the
other person who is bound in rope. The pain the model takes overflows from every single moves of handwork wrapping around
the body with rope. And then, the emotions two parties have shared in that time remain dimly as rope marks on skin.
For Hajime Kinoko, rope marks would be an afterimage of the time that the two cherished and spent together. Looking through
his photographies capturing the marks, we can sense the beautiful, delicate and complicated flow of their emotions in the
process of rope works.

宮本和英(元芸術新潮編集長)




肌についた縄痕は、たいてい10日ほどで消える。慣れるにつれて痕がつきにくい身体になり、痕の残る期間は7日、5日、3日と縮まっていく。当展示では、縛り手であるHajime Kinokoが世界の女性を相手に縛り、ほどき、その「縄痕」を撮り溜めた作品を多数発表。展示会と同時に発売される写真集『縄痕』も販売予定です。

●豪華特典
物販購入者は、縄痕しおりをプレゼント!
●在廊情報
全日程、すべての時間在廊予定。
※変更の可能性もあるので事前にHajime Kinokoのツイッターにて確認をお勧め致します。なお、モデルの在廊状況もご案内いたします。
●入場無料!?
SNSにてHajime Kinokoの記事を拡散または、自身で記事を書いて頂くと入場無料になります。受付にて記事をお見せください。
●お問い合わせ
info@shibari.jp

Rope marks on your skin usually disappear in about 10 days. Over time as a woman gets used to being tied the marks will last for less and less time. From 7 to 5 to 3 days and eventually she has a body which will show no marks. In this exhibition, Hajime Kinko, as rope artist, has tied women all over the world, not only have works been made from the rope but after untied and released numerous works have been made of the marks that were left behind. "NASA Ato", a photo book of this work will be released at the exhibition. If you make any purchase of goods at the exhibition then you will receive a complementary limited edition bookmark.

Kinko will be present at the exhibition Since there is also possibility of change, I recommend you to check with Hajime Kinko's Twitter in advance. We will also inform you about the status of the model.
● Free entry
If you spread the article of Hajime Kinko on social media or you write an article by yourself, it will be free entry. Please show me the article at the reception desk.
● Inquiries
info@shibari.jp

以上、プレスリリースより

Hajime Kinoko展『縄痕』開催-Exhibition "Rope Marks"

開催日時=2018年3月20日(火)~25日(日)
15:00-22:00

入場500円
※SNSで縄痕展について拡散又は、記事を書いてくれた方は、無料! エントランスで携帯でそれがわかる画面を開いてお見せください。

会場=
東京・下北沢『バロンデッセ』
〒101-0051
東京都世田谷区北沢2丁目30-11 2F

2018/3/20Tue-3/25Sun
15:00-22:00
Admission 500 yen
※ For free entry please share the article on social media. On entrance you will be asked to show the screen where you shared it.

BALLOND'ESSAI at shimokitazawa in Tokyo
Adress 東京都世田谷区北沢2丁目30-11 バロンデッセ
Ballondessai 2-30-11 Kitazawa Setagayaku Tokyo Japan

関連記事

Kinoko Hajime rope artwork
Kinoko Hajime rope artwork
【1】Violet
【2】Plumeria
【3】Linaria
【4】Camellia
【5】Orchid
【6】Casa Blanca
【7】Lotus
【8】mandragora
【9】おしいれの少女
【10】コントロール
【11】ハルジオン
【12】夏休み
【13】エルトベーアトルテ
【14】風の手触り
【15】みんなは学校
 | 
18.03.19更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
WEB SNIPER編集部 |