女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.6.1 Mon - 6.13 Sat
at vanilla gallery
画=平野剛

田亀源五郎=監修
伊藤文学コレクション〜薔薇族周辺のゲイ・エロティックアート

6月1日(月)〜6月13日(土)
東京・銀座「ヴァニラ画廊」にて開催
 | 

『薔薇族』周辺のゲイ・エロティック・アート

1971年、本邦初の商業ゲイ雑誌『薔薇族』の創刊によって、日本のゲイ・エロティック・アート史は大きな転機を迎えた。
日本において、ゲイ・エロティック・アートは『薔薇族』創刊以前にも存在していた。しかし、それらが見られるのは、会員制の同人誌(『アドニス』『薔薇』等)や、総合<変態性欲>誌(『風俗奇譚』等)の片隅といった、極めて限られた場のみであった。
そういった助走を経て、『薔薇族』という日本初の「ゲイのためだけの商業メディア」が誕生した。
これは、自分の作品を世に出したいと願う作家にとって、また、それを愛好するファンにとって、どれだけ大きな意味があったことか。残念ながら筆者は、それにリアルタイムで立ち会っていた世代ではないが、想像するにその感覚は、大げさに例えれば、少数民族が独立国家を得たようなものであったのかもしれない。
かくして『薔薇族』には、綺羅星の如くアーティストたちが集結した。
画=大川辰次
出展作家では、大川辰次・三島剛・船山三四は、会員誌や総合<変態性欲>誌時代から活躍し、後に発表の場を『薔薇族』に移した作家である。
平野剛も同様であるが、前述の三者とは異なり、その才能が本格的に花開くのは、『薔薇族』に描くようになってからである。前述した前時代からの継続組と、後述する生え抜き作家たちとの、いわば中間地点にいる作家である。
それとは逆に、小田利美は、総合<変態性欲>誌のみで活躍し、ゲイ雑誌に登場することはなかった作家である。厳密に言えば「『薔薇族』周辺」とは言い難いのだが、ゲイ雑誌が誕生する以前のゲイ・エロティック・アートの一例として、また、前述の継続組と比較する意味合いも兼ねて出展することにした。
遠山実・木村べん・児夢(GYM)・長谷川サダオは、『薔薇族』創刊以降に登場した、ゲイ雑誌生え抜きの作家たちである。稲垣征次・三上風太も同様ではあるが、ゲイ雑誌生え抜き組からも薫陶を受けているという点で、世代としては一つ後に分類すべきであろう。筆者もまた、この世代に相当する。
『薔薇族』の成功は、その後追い雑誌の誕生という形で、更に日本のゲイ・エロティック・アート文化の拡大を招く。
創刊にあたって『薔薇族』から三島剛を迎え入れた『さぶ』、創刊した人物がそもそも『薔薇族』の関係者であった『アドン』といった、今はなき二誌はもとより、現在刊行が続いている『サムソン』や『バディ』や『ジーメン』といった雑誌も、そこに寄稿した作家を見れば、何らかの形で『薔薇族』との繋がりを発見することができる。
こうして振り返ってみると、『薔薇族』というのは、日本のゲイ・エロティック・アート史において、未開の地を開墾して造られた、最初の畑のようなものだったのかもしれない。
それまでは、路傍で小さな花を咲かせるのが精一杯だった「種」たちが、最初の畑に飛んできて根付き、また、そこから新たな種子が、新たな畑を目指して旅立つ。畑は増え、作物の種類も豊富になっていく。それが、日本のゲイ・エロティック・アートの歴史となった。
そして、その最初の畑の開墾者こそが、伊藤文學氏なのである。

田亀源五郎


田亀源五郎=監修
ヴァニラ画廊 伊藤文学コレクション〜薔薇族周辺のゲイ・エロティックアート
画=遠山実

開催日時=6月1日(月)〜6月13日(土)
平日12時〜19時
土曜12時〜17時(日曜休廊)

特別展示入場料=500円

6月7日(日)15時〜、伊藤文學氏・田亀源五郎氏による特別トークショー
※入場料1,500円(1ドリンク付)

出展作家=田亀源五郎 三島剛 船山三四 小田利美 遠山実 児夢(GYM) 長谷川サダオ、木村べん、平野剛、大川辰次、稲垣征次、三上風太

出展協力=田亀源五郎 城平海 荻崎正広 

監修=田亀源五郎
企画・プロデュース=Malpu Design 清水良洋

会場・問い合わせ先=
東京・銀座『ヴァニラ画廊』
〒104-0061
中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビル4階
電話 03-5568-1233


関連記事

六本木Fetish Bar 『PINK・HAZARD』アニバーサリーパーティー開催
 | 
09.06.03更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
WEB SNIPER編集部 |