本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第11章 学級奴隷・真弓【9】

「ほら、これ、奴隷を調教するための一式セットよ。親戚のうちで奴隷を飼っていたことがあったから借りてきたんだ」

葵さんは、大きなアタッシュケースを開くと、その中に並んだ恐ろしげな道具を山岸君に見せました。拘束するための道具やムチ、そして何に使うかはわからないような器具がたくさん入っていました。

「へえ、すごいな。じゃあ、とりあえずこれを使ってみようか」

山岸君は、私の両腕を捻り上げると背中へ回し、手首をベルトのようなもので固定してしまいました。

「あ、いや……」

私は手で体を隠すことが出来なくなりました。山岸君の視線が裸の私の体を舐めまわします。私は恥ずかしくて、しゃがみ込んで体を隠そうとしました。すると葵さんが平たい道具で私のお尻を思い切り叩きました。

「体をまっすぐにしなさい!」

それは皮で出来た大きなシャモジのような道具でした。ピシっと、鋭い音があがり、お尻に熱い痛みが走りました。叩くための道具のようでした。

「は、はい……」

私は仕方なく、体をまっすぐにして立ちます。

「へえ……。真弓、こんなにおっぱいが大きかったんだ。それにアソコがモジャモジャじゃないか。可愛い顔してるのに、体はこんなに大人だったんだ……」
「いや、見ないで……」

私が恥ずかしさに身をよじると、葵さんがまたお尻を叩きました。私は慌てて姿勢を正します。

「こんないい体してるくせに、じらしやがって……。お前、本当に処女なのか?」
「それは本当みたいよ。学校でみんなで処女膜検査したからね。でも、きっとひとりでオナニーばっかりしてたんじゃないの? そうじゃなかったら、こんなにいやらしい体になるわけないわ」
「そうだよな。葵なんて、オナニーしてないから、おっぱい小さいんだもんな」
「山岸君!」

山岸君の冗談に葵さんは本当に怒ったみたいでした。

「悪い、悪い。冗談だよ」
「私をこんないやらしい子といっしょにしないでよ」

そう言って、葵さんは私の乳首を思い切りつねりました。その激痛に私は悲鳴を上げます。

「い、痛いっ、葵さん止めてっ」
「ご主人様でしょ。奴隷のくせに」
「あっ、申し訳ありません、ご主人様」

ようやく葵さんは乳首から手を離してくれましたが、強く摘まれたそこはジンジンと熱く疼いています。

「ねぇ、山岸君。真弓ちゃんがどんなにいやらしい女か、ちょっと試してみようよ」
「お、それは面白いね」

私はベッドの腰掛けさせられました。腕は後ろで拘束されたままです。そして脚を大きく広げるように命令されました。恥ずかしくて、最初は開くことができませんでしたが、また葵さんに乳首をつねられ、その痛さに負けて仕方なく命令に従いました。

「ほら、もっと思い切り広げろよ。もっと腰も前にしてさ。……うわぁ、すげえ。ぱっくり開いてる……」
「モジャモジャの毛の中で、アソコが開いてると、なんだかグロテスクね」

二人は私の股間を覗き込むようにして、そんなことを言い合います。私は恥ずかしくて恥ずかしくて体が熱くなってしまいます。

「あ、なんか濡れてきたわよ」
「本当だ。こいつ、見られて感じてるんだ。確かにいやらしいな。変態じゃないか」
「ち、ちがいます……」
「そんなこと言ったって、どんどん濡れてきてるわよ。うわぁ、すごい」

感じているのかどうかは自分でもわからないのですが、恥ずかしい思うと自然にそこが濡れてしまうのです。それは奴隷になって初めて知った自分の体の生理です。

「ねぇ、これ使ってみようよ」

葵さんはケースから、奇妙な形の器具を二つ取り出しました。それはクリップのような形状でそこからコードが伸びています。

「何、それ?」
「こうやるみたいよ」

葵さんは、そのクリップで私の乳首を挟みました。バネの力が強くて、乳首をきつく締め付けます。私は思わず悲鳴を上げますが、葵さんは構わずにもう片方の乳首にもクリップを挟みました。両方の乳首を挟まれて、私は苦痛に呻きます。

「そして、このスイッチを入れると……」

葵さんはコードの先についている小さな箱のスイッチを入れました。

「あっ、いやっ」

乳首を挟んだクリップがブルブルと振動し始めました。

「どう? 痛くて気持ちいいでしょ? マゾの変態奴隷の真弓ちゃんにはたまらないと思うんだけど」
「あっ、ああっ」

葵さんの言う通り、クリップの振動が私の乳首に与える苦痛と快感は、私の体をどんどん熱くしていきます。切ない気持ちになって、自然に腰がモジモジしてしまいます。

「お、すげえ。また濡れが激しくなってきたぞ。こいつ、感じてるんだ」

山岸君が私の股間を覗き込み、そしてそーっと指を伸ばしてきました。

「あっ、そこは、だめです」

山岸君の指先が、私のびしょびしょになった割れ目に触れました。ぬるりと指先が中に滑りこんでいきます。

「ねぇ、処女膜破ったら、犯罪になっちゃうんだからね。気をつけてよ、山岸君」
「大丈夫、大丈夫。指一本くらいなら問題ないって聞いてるから」

山岸君の指はゆっくりと内側に入っていきます。今まで、クラスの男子にそこはずいぶんいじられましたが、処女膜破るのが怖いのか、中に指を入れてきた人はいませんでした。私は、初めての感覚に身を捩ります。

「あ、ああん……」
「すげえな。あったかくてヌルヌルしてる……」

指先が中でいやらしく動きます。それは私にとんでもない快感をもたらしました。

「ああ……。そこは……」
「ここが気持ちいいのか? へへへ、こっちか?」

山岸君は嬉しそうに指を動かします。夢中になっている山岸君が面白くないのか、葵さんがムッとした顔で、腕をひっぱります。指が抜けました。

「もう、いやらしいんだから、山岸君は」
「ははは、ごめんごめん。あんまり反応がいいもんだから、面白くなっちゃって」
「ねぇ、いいこと思いついたの」

葵さんが山岸君に何やら耳打ちをします。山岸君はニヤニヤ笑いながら頷いています。

山岸君の指が抜かれても、私は両方の乳首をクリップの振動で愛撫されていて、快感に痺れたままです。途中で指を抜かれてしまったのが中途半端な感じでした。もっと指でかき回して欲しかったのです。そんなことは、恥ずかしくて、とても言えるわけがありませんけれど。

山岸君と葵さんは、丸いプラスティックのカプセルのような器具をそれぞれ手にして、私に近づきます。そこからもコードが伸びています。

「今度はこのローターでで可愛がってあげるね。でも、真弓ちゃんはいつも男子にもっと強力な奴でやられてるから、物足りないかもしれないけどね」

葵さんがローターと呼んだそのカプセルは細かく振動を始めました。今、私の乳首を挟んでいるクリップのように、刺激を与えるための道具のようです。二人は私の股の付根の辺りにそれを押し当てました。

「あっ……」

振動がジンジンと体の奥へと伝わってきます。葵さんの言うように、榎本君たちの「電気責め」で使われる電動マッサージ機ほどのパワーはないのですが、その刺激は十分に私の体を熱くしてしまいます。腰が勝手にむずむずと動きます。

二人は、私の股間にローターを這わせます。しかし、一番敏感な部分や、割れ目には決して触れさせずに、その付近ばかりを刺激してくるのです。ギリギリまで近づけては、スッと避ける。そんなことを繰り返すのです。

それは、まるで生殺しのようでした。

「あ、あっ……」
「あら、真弓ちゃん、腰が動いて、ローターを欲しがってるみたいよ」
「ん? どうして欲しいんだ、真弓?」

二人はそう言って、笑っています。

ローターによって快感がどんどん高まっていくのですが、一番敏感な部分には触れないので、それが絶頂にまで達しないのです。榎本君たちの電気責めを繰り返されているうちに、私の体はすぐイキやすくなってしまっているのですが、その分、なかなかイカせてもらえないというのは、つらいものでした。私は、知らず知らずのうちに腰を動かして、自分でローターをクリトリスに当てようとしていたのです。でも、それを葵さんたちに指摘されて笑われると、恥ずかしくてしょうがありません。

自分が、本当にいやらしい奴隷なのだと、認めたくなかったのです。それも、親友だと思っていた子と、恋人だった人の前では。

でも、もう我慢の限界でした。体が熱く燃え上がるようでした。いやらしい液がどんどん溢れ出しているのが自分でもわかります。もう、イカせて欲しい。そんな思いで、頭がいっぱいになっていました。

「ああ、もう、意地悪しないで、下さい、ご主人様……」
「何が意地悪なんだい? おれたち、真弓を気持ちよくさせてあげてるだろ?」
「でも、でも……、ああ」
「どうして欲しいのか、ちゃんと言わないとわかないわよ」

私は、もう我慢できませんでした。恥ずかしいけれど、その言葉を口にしました。

「もう、イカせてください、ご主人様」

でも葵さんたちは残酷です。私にさらに辛い言葉を言わせようとするのです。

「イキたいの? どうすればイクのかしら。教えてよ」
「どこをどうすればいいのかな、ここかな?」

山岸君は、わざとローターを私のお尻の穴に当てたりします。

「そ、そこじゃありません、お願い、もう意地悪しないで下さい」
「じゃあ、どこに当てて欲しいのか、ちゃんと言ってごらん」
「く、クリトリスと、おまんこに、当てて下さい……」

私が死ぬ思いでその言葉を口にすると、二人は大笑いします。

「いやあね、女の子がそんなこと言うなんて、最低よ」
「そうか、真弓はクリトリスとおまんこが感じるのか。あははは」

そして葵さんは、私の顔を覗き込んで、こう言いました。

「真弓ちゃんは本当にいやらしい子なのね。変態マゾなんでしょ?」

私は、もうイカせてもらうことしか、考えられなくなっていました。

「はい、私は変態マゾです……」
「本当はエッチしたくてしょうがなかったのに、意地悪で山岸君を焦らしてたんでしょ?」
「は、はい……。そうです。だから、早くお願いします、ご主人様」
「あーあ、真弓がこんなにいやらしい女だとは思わなかったよ。がっかりだな」

山岸君がわざとらしく肩をすくめます。私はみじめな気持ちになりましたが、それよりもイカせてもらいたい欲望の方が強かったのです。

「ごめんなさい、山岸様。私が悪いことをしました。反省しています。だから、だから、早く……。ああ、もう……」
「しょうがないな。じゃあ、もう一度ちゃんと言ってごらん。変態マゾ奴隷の真弓は、クリトリスとおまんこにローターを当ててイカせて欲しいって」

私は、素直にその言葉を繰り返します。

「へ、変態マゾ奴隷の真弓は、クリトリスとおまんこにローターを当ててイカせて欲しいですっ。お願いします!」
「しょうがないわね」

そして二人のローターが私のクリトリスと割れ目の中へと押し当てられました。
目の前が真っ白になり、私はあっという間に絶頂へ達してしまいました。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「巨乳女子大生羞恥撮影 あすか」発売!!


『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか』

監督: 小林電人
発売: 2011年6月25日
定価: 5.250円
ASIN: B005490ZKM
販売元:小林電人

内容:羞恥心の強い純情女子大生の全身余すところなく露出させる身体検査と強制オナニー。脂ぎった中年男優との激しいセックス。大の字拘束で性感帯を刺激する筆責め。肛門舐めの奉仕までさせる調教ハメ撮り。言葉嬲りや強制淫語など、羞恥責めにひたすらこだわった作品。肛門無修正。


関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
11.07.25更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |