女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第13章 女上司・麻奈美【9】

陽太は、潤滑クリームを美幸に差し出した。せめてクリームでも使ってもらわなければ、せっかく治りかけている麻奈美の肛門が、また痛んでしまう。

「本来、奴隷にこんなものは贅沢だとは思うんだけど、麻奈美は会社の備品だものね。壊したら怒られちゃうか」

美幸はブツブツ言いながら、クリームを麻奈美の窄まりに塗りつけていく。数日前に北畠の巨大なペニスで蹂躙されたとは思えないほど、そこは可憐な佇まいを見せていた。

美幸は指の先端を少し沈めたり抜いたりと微妙な動きで窄まりを刺激した。

「あっ、あっ……」

麻奈美は思わず声を漏らす。麻奈美はすでに調教によってその部分を性感帯として開発されているのだ。

しかし、女たちは残酷に責め立てる。

「やだ、なに変な声出してるのよ」
「まさか、こんなとこで感じてるの?」
「お尻の穴で感じるなんて、やっぱり麻奈美って変態なのね。本当は奴隷になれて、喜んでるんじゃないの?」
「そうなの、麻奈美? なんとか言いなさいよ」

美幸は指先を思い切り中へと突き刺した。いくら潤滑クリームが塗られているとはいえ、それは麻奈美に苦痛をもたらした。

「ひっ!」
「ここが気持ちいいの? ねぇ?」

美幸は指先を折り曲げて、腸内をグリグリとかき混ぜる。

「あっ、あっ、すいません。麻奈美は、お尻の穴で感じる、へ、変態なんです。あっ、ですから、許して……」
「おかしいわね、お尻の穴で感じるなら、これだって気持ちいいんじゃないの?」
「で、でも、そんなに強くされたら……」
「まったくいちいちうるさい奴隷ね」

美幸は指を勢いよく引っこ抜く。その痛みに麻奈美はまた呻き声を漏らす。

「やだ、なに、これ、汚い!」

美幸の指先が微かに汚れていた。女たちは騒ぎ出す。

「きゃあ、汚い」
「やだぁ、こっちこないでよ」
「信じられなーい」

そんな言葉に麻奈美は顔を真っ赤にする。アナルプレイをする前には腸内を綺麗にしておく準備は必須なのだが、それをしないでいきなり指を挿入すれば、汚れがつくのは当たり前だ。しかし、同性にそれを嘲笑されるのは、奴隷としての運命を受け入れた麻奈美でも、やはり辛かった。

美幸はティッシュペーパーで指を拭う。

「やぁねぇ。拭いても匂いが取れないわよ。もう、信じられないわ。奴隷の癖に」
「申し訳ありません」

理不尽でも、謝らなければならない。なぜなら、麻奈美は奴隷だからだ。

「こんな汚いものがついちゃうんじゃ、お前のお尻で思い切り遊べないじゃない。みんなどうしてるの?」
「あの、それは……」

麻奈美は言いよどむ。それを口にするのは、さすがに恥ずかしかった。

「綺麗にしていただいています」
「綺麗にって、どうやって? この中にブラシでも突っ込んで、掃除するの?」
「ははは、それも面白そうね。血だらけになっちゃいそうだけど」

麻奈美は震え上がり、そんなことをされるよりはと恥ずかしいお願いを口にする。

「か、浣腸を、していただいています」
「えーっ、浣腸?!」

女たちはわざとらしく驚いたような声をあげる。下品にゲラゲラと笑う。

「あなた、みんなに浣腸してもらってるの?」
「すごいわね。そんなこと、お願いするなんてまともな人間ならできないわ。あ、麻奈美は奴隷だから人間じゃないのか」
「ねぇ、ねぇ、浣腸ってどうやるの?」

陽太は苦々しく思いながらも、浣腸の支度をしてやる。女たちの目の前に大きなガラス製の浣腸器、そしてぬるま湯で割ったグリセリン溶液を満たした洗面器を並べる。

「ねぇねぇ、私たち、浣腸プレイなんて変態的なこと、やったことないからわからないだけど、どうするの?」
「……その浣腸器に、溶液を吸い上げて、あの……入れてください」
「どこに入れるの? ちゃんと教えて」
「はい。……私の、お尻の穴に、先を挿入して、溶液を注入して下さい」
「この液、ずいぶんあるけど、どれくらい入れていいの?」
「二本分くらいで、十分です」
「ふうん、じゃあ、やってみようかしら」

もともと、うつ伏せになって腰を高く掲げて、自らの手で尻肉を開いているという浣腸には最適のポーズを取らされているのだ。

まず、紗香が浣腸器を構えた。陽太の注意により嘴管にも潤滑クリームが塗られている。

「なんかドキドキするわね」

紗香はゆっくりと嘴管を窄まりの中央に当て、そして力を入れて沈めていった。

「ん、んん……」

麻奈美が苦しげな声を漏らすが、紗香は構わずに嘴管を根本まで挿入すると、シリンダーを押した。薬液が麻奈美の腸内へ注入されていく。

「ああ、いやぁ……」

もう何度も体験はしているのだが、決して慣れることのない不快な感触だった。麻奈美は歯を食いしばって必死に耐える。

続いて美幸が二本目を注入する。

「ふふふ、なかなか楽しいわね。男の人が中出しする時って、こんな感じなのかしら」
「やだぁ、美幸。あんたいつもナマでやらせてるの?」

女たちは残酷に笑いあう。

「二本でいいって言うけど、せっかくだから私たちもやらせてもらうわよ」
「漏らしたら承知しないからね」

続いて、総務の雛子が浣腸器を受け取る。

そして、五人全員の注入が終わった。麻奈美の腹部は妊娠でもしたかのように膨れ上がってしまった。

「さて、あなたに言われた通りに、浣腸してあげたわ。するとどうなるの?」
「べ、便意が催されます……」

すでに大量の浣腸液が麻奈美の腹部の奥で暴れまわっている。その鈍く重い苦痛と、麻奈美は戦っていた。

「つまり、うんちが出そうになるってことよね。まさか、みんなの目の前でするの?」
「それは……。あの、トイレに行かせてくださる方もいますし……、ここでさせる方もいらっしゃいます」
「えーっ、本当に人前でそんなことするの? いくら奴隷でも、それはないわよね」
「はい、できればトイレに行かせていただければ……、お見苦しいものを、お、お見せしないで済みますので……」

麻奈美は激しい便意に襲われ、もうしゃべるのも苦しいほどだった。一瞬でも力を抜いたら崩壊してしまう。

「私たちだって、そんな汚いもの見たくないわよね」
「では、トイレに行ってよろしいでしょうか?」
「そうねぇ、どうしようかしら」
「でも、浣腸っていっぱい我慢させたほうが効果があるっていうわ」
「あんた、なんでそんなこと、知ってるのよ。自分でもそういうことしてるの?」
「バカ。一般常識よ」

女たちは、呑気にふざけあっているが、麻奈美はもう限界だった。凄まじい苦痛が下腹部を襲い、肌には脂汗がにじむ。

「お許し下さい。もう、もう限界なんです」

突き上げられた白い尻がブルブルと震えている。誰の目にも、麻奈美がもう数分と耐えられないことは明らかだった。

「ちょっと待ちなさいよ。でも、こんなところで漏らしたら承知しないわよ。全部、舐めさせて掃除させるからね」
「ははは、それも面白いかもね」
「あ、あ……、いや……」
「でも、もう、トイレまでもたないんじゃないの」

美幸の言う通りだった。もう、福利厚生室の奥の扉を開けて、さらにその奥のトイレにまで歩いていくのは不可能だった。もう、まともに立ち上がることすら出来ない。

もう限界だと判断した陽太は、用意してあるポータブル便器を麻奈美の股の間に置いた。

「あ、ありがとうございます……」

薄れ行く意識の中で、麻奈美はお礼の言葉を搾り出す。その上に腰を落とす。

「ちょっと待ってよ。あなた本当にここでそんなことする気?」

紗香がストップをかけた。

「ああ、もう、もう限界なんです。お許し下さい」
「ねぇ、私たちの前でうんちするの? 恥ずかしくないの?」
「恥ずかしいです。死ぬほど恥ずかしいです。でも、もう……。ああ、もう許して下さい」
「じゃあ、ちゃんとお願いしなさいよ」
「そうよ。これから麻奈美は汚いうんちをしますけど、見てくださいって」
「うんちするところを見られるのが好きっていうのも言って欲しいわね」
「だって変態だもんね」

それがどんなに屈辱的な言葉であろうと、もはや麻奈美には選択権はない。一秒でも早く、お許しを得るしかないのだ。

「ま、麻奈美は他人に、うんちをするところを見られるのが好きな変態奴隷です。これから汚いものを、お見せします。不愉快でございましょうが、どうか、よく見て下さい……。あ、ああ、もうだめですっ!」

屈辱の口上を言い終えるか終わらないかというところで、麻奈美は限界を迎えてしまった。可憐な窄まりがブルッと震え、そして口を開くと強烈な勢いの水流が噴き出し、ポータブル便器の底を叩いた。

「うわっ、すごいっ!」
「いやぁぁぁぁぁ、見ないで下さいっ!」

便器の上にしゃがみ込む姿勢で跨った麻奈美は手で顔を覆っていた。同性の目の前で排泄させられるのは初めての経験だった。そしてそれは、これまでに体験した強制排泄よりも、ずっと恥ずかしく、屈辱的だった。

「きったないわねぇ。そんなに勢いよくひり出すから、飛び散ってるわよ」
「うわぁ、いくらなんでも、人前でこんなことできるなんて、同じ女として信じられないわ。さすが奴隷は違うのねぇ」
「でも、この人がちょっと前までは社内の憧れだったのよね。まさか、人前でうんちするのが好きな変態だったなんてねぇ」

女たちの残酷さは、男たちの比ではなかった。その言葉のひとつひとつが、麻奈美を傷つけた。

長い長い排泄が終わり、麻奈美は泣きじゃくった顔のままで、自らが汚した便器と床を片付けさせられた。

「ほら、そっちも汚れてるわよ」
「ちゃんと拭きなさいよ」

四つん這いになって、雑巾で床を拭く。その度に白くむっちりした尻がプリプリと揺れる。ついさっき、あれだけの惨劇を見せつけた部分とは思えないほどに、それはエロティックなフォルムだった。

その美しさが女たちの嫉妬をかきたてる。麻奈美が自分たちよりも美しい肉体を持っているということが許せないのだ。

さぁ、どうやって、麻奈美を汚してやろう。女たちがそう考えている時だった。

ドアがノックされた。陽太がドアを小さく開ける。

「すいません、第三開発の大原ですが、木村チーフに緊急の連絡がありまして……」

ドアの隙間から顔を見せたのは大原剛士だった。陽太と同じ新入社員だ。

「なんだ、剛士か」
「ああ、木村さん、いる?」
「いるけど。ちょっと待って」

陽太が美幸を呼びに行っている間、剛士はドアの隙間から、四つん這いになって床を拭いている麻奈美の裸身を覗き見していた。その目は、牝を見る雄のそれだった。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女」発売!!


『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』

監督: 小林電人
発売: 2011年8月25日
定価: 5.250円(税込)
品番: Dj-008
メーカー: 小林電人

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

官能小説家・小林電人、最新監督AV『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』の魅力を語る!

官能小説家・小林電人、最新監督AV『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか 』の魅力を語る!

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 | 
11.12.12更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |