Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」管理人・ゼロマスター氏インタビュー&撮影現場直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『エッチな女子校生に尻責めされるM男』(シネマジック)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年6月号
特選AVレビュー『お兄ちゃん、教えてフラフープ!妹まこはドM爆乳フラフープ!』(チェリーズれぼ)
今年も始まるフランス映画祭!カトリーヌ・ドヌーヴに、ヴァーホーヴェンに、ドワイヨンに......と大物ぞろいの中、意外とトラン・アン・ユン監督がよかった「フランス映画祭2017」直前レビュー!!
ひとりの男の光と影 Photo book『哀しき熱帯 奈加あきらの靑 Tristes Tropiques: Akira Naka's Blue』発売中!!
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第56回
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】後編
特選AVレビュー『保険屋グラマラス 西園さくや』(HMJM)
大人の女の羞恥トークイベント「艶声春画~第二回 露出と窃視~」開催!!
特選AVレビュー『極縄 桃瀬ゆり×奈加あきら』(バミューダ)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【3】
特選AVレビュー『超 やりたい放題1 藤井有彩』(PRESTIGE)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【2】
特選AVレビュー『夫の留守中に巨根に欲情する人妻 - 松うらら』(ドグマ)
熟練AV男優・佐川銀次がイクッ! 第3回 東京・新宿「ロボットデリヘル」ナナセさん【1】
特選AVレビュー『接吻のち、孕ませ。 あべみかこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『これマジ!?女体に【憑依】できる男は実在した!』(ソフト・オン・デマンド)
あなたのアイディアが新規店の運営に活かされる!?「秋葉原過激☆コスプレクラブ ぴっくるす2」夢のお店構想、大募集!!
絵を描く人々 第14回 色についてのいろいろな悩み
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 Vol.41(ワイレア出版)
LOVE LADY 2017年7月号(大洋図書)
働くレディ お貸しします Vol.35(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年7月号(ミリオン出版)
ドスケベお尻妻(ミリオン出版)
お気に召すまま仰せのまま(大洋図書)
きみはまだ恋を知らない(大洋図書)
ihr HertZ 2017年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年7月号(ミリオン出版)
まちがいさがしファミリー 2017年7月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
番外編 愛子の公開羞恥刑

もうすぐ11時です。僕はこっそりとベッドから起き上がりました。ドアの隙間から覗くと、もうリビングの電気は消えていました。今夜はなかなか親が寝ないので、やきもきしていたんです。飲食店を経営している我が家は朝が早いため、いつもはみんな10時には寝ているのです。だから、11時からの放送を僕は毎晩こっそりと観ることが出来ました。クラスの遠藤なんかは、自分の部屋にテレビがあるというし、清志は親にバレないようにビデオで録画しています。僕も最初の数回分は山崎の家でその録画したビデオで観せてもらったのです。でも、やっぱりリアルタイムで観たい。それに、一人で観たいんです。

僕は、リビングは暗いままにしておきます。そしてテレビにすっぽりと毛布をかぶせます。音と光が漏れないための工夫です。毛布のテントの中、テレビのスイッチを入れます。いつものように、面白くもなんともないニュースが流れていました。どこで誰が逮捕されたとか、鈴木将軍がなんかの賞を取ったとか、僕らにとってはどうでもいい話です。

僕は息を潜めてじっと待ちます。そして11時を迎えると画面に「特別放送」という文字が映りました。いよいよお待ちかねの番組が始まるのです。

「18歳未満の方はこの番組を見ることができません」

そんな注意事項が流れますが、そんなことを言われて見るのを諦める18歳未満の男子がいるはずがありません。

昨夜の放送はほんとうにすごかった。僕は今朝、なかなか起きれなかったほど、オナニーに耽ってしまいました。女の人があんなになるだなんて、思ってもみなかった。あの綺麗な愛子が、あんな声をあげるなんて。ちょっと怖かったけど、それはたまらなくいやらしいと思いました。

清志に見せてもらった最初の回も衝撃でした。だって、女の人の裸を全部見たのはあれが初めてだったから。

台の上に大の字で縛り付けられた愛子の服を、周りにいる兵隊さんが少しずつ切り裂いて裸にしていったんです。最初はキッと兵隊さんやカメラを睨んでいた愛子も、下着だけの姿になると顔を真っ赤にして泣き叫んでいました。やっぱりあんな勇ましい女闘士でも、裸を見られるのは嫌なんだなぁと思いました。

でも、兵隊さんは構わずにブラジャーを切り落としました。愛子のおっぱいは、意外に大きくてびっくりしました。よくニュースで見る迷彩服姿だと全然胸がないみたいだったのに。そして、ついに最後の一枚に兵隊さんのナイフがかかります。愛子は、さっきにも増して泣き叫んでいました。

そしてパンティも切り落とされました。あそこにモジャモジャの毛が生えているので驚きました。そりゃあ、お母さんとお風呂に入ったことがあるわけだから、大人の女の人のアソコに毛が生えていることは知っていましたが、ヌードグラビアとか漫画に出てくる裸だとアソコはツルツルだから、若い女の子には生えてないもんだと思ってたんです。

「すげえ、生えてるよな」

清志が得意気に言っていました。

「でもこの後、もっとすごいんだぜ」

清志が言ったように、この後に、カメラは愛子の股の間に入って、股間を映しだしたんです。そこを映されるとわかると愛子は気が狂ったみたいに絶叫していました。

画面いっぱいに愛子のあそこが映されました。毛が生えてるのは上のほうだけで、なんか唇を縦にしたみたいなのがありました。ああ、これが女のまんこなんだなと思うと、ちんちんが固くなって仕方ありませんでした。オナニーしたかったけど、清志がいるので出来ません。しっかり頭に焼き付けて家に帰ったらカキまくろうと思いました。その後に、兵隊さんが指でまんこを広げたのもすごかったです。中のピンク色のところがパックリと丸見えになってしまいました。女の人のあそこには穴が開いてるということは知っていたのですが、穴だかなんだかよくわからない感じでした。でも、それでも見ていると、ちんちんがムズムズして来てたまりませんでした。

その後、愛子は兵隊さんにまんこをいじくりまわされて、すごい声をあげていました。それで一回目は終わり。そして次の日には、兵隊さんのちんちんをそこに入れられていました。セックスというものを初めて見ましたが、なんか痛そうでした。

そうやって、愛子の放送は毎晩続きました。愛子はどんどん色んなことをされていました。変な道具をあそこに入れられたりもしてました。そして昨日は、マッサージ機みたいなものをあそこに当てられて、狂ったみたいになっていました。ずっと叫びっぱなしで、突然動かなくなって、またしばらくすると叫び出したりしています。気持ちいいのか、痛いのか見てるとよくわかりませんでした。でも、なんかすごいなって思いました。

そして今日の放送が始まりました。今日の愛子は、大の上でお尻を突き出した形で縛られていました。カメラは後ろから愛子のお尻をアップで写します。兵隊さんがお尻の肉を左右に開きました。すると、お尻の穴と、まんこが丸出しになります。愛子のまんこは、もう何度も見てるのですが、お尻の穴をちゃんと見るのは初めてです。お尻の穴は男とは違うのかなとも思ったのですが、まぁ、男のお尻の穴もじっと見たことはないからわからないですね。でも、綺麗なピンク色をしていて、ツルンとしていて可愛い感じでした。うんこが出る穴だとしか思ってませんでしたが、こうやって、まんこと並んで見ていると、そこもいやらしい穴みたいな気がして来ます。

いつものように、司会みたいな人が難しいことをいっぱい言っていましたが、僕の耳には入って来ません。ただじっと愛子の二つの穴を見つめていました。もうちんちんはすっかり固くなっていて、強くしごいたらすぐにイッテしまいそうなので、ゆっくりと動かすくらいにしておきます。

兵隊さんがガラスで出来た大きな注射器みたいなものを愛子に見せました。すると、愛子は驚いた顔をして、悲鳴をあげました。いつもよりも激しい悲鳴です。あんなに大きな注射をされるなら、僕でも悲鳴をあげてしまいそうです。

兵隊さんが愛子のお尻の穴にクリームのようなものを塗りました。お尻の穴に指が触ると、愛子はまた悲鳴を上げました。指は穴を揉みほぐすようにして、それからズボっと突き刺さりました。兵隊さんの太い指がお尻の穴に入っていきます。そんなところに指を入れるのかと思って、僕はびっくりしました。

兵隊さんは指を何度もズボズボと出し入れしました。その度に愛子は悲鳴を上げます。でも、何回もやっているうちに、ちょっと声の感じが変わってきました。
そうして、兵隊さんは指を抜いた後に、さっきの注射器をお尻の穴にあてがいました。注射器かと思ったら、先が針ではなく太いままです。その先っちょを愛子のお尻の穴に挿しました。兵隊さんがシリンダーを押すと、注射みたいに中に入っていた液体がどんどん愛子の身体の中に吸い込まれていきます。

「あ、ああん……」

愛子が変な声を上げました。全部注入すると、兵隊さんはまた液体を吸い上げて、それを愛子のお尻の穴に入れました。

「もう、止めてっ、許してっ」

愛子は泣き叫んでいましたが、兵隊さんは何度も何度もそれを繰り返しました。
愛子はお腹に薬を入れられて苦しいのか、汗びっしょりになって震えていました。呻き声も漏らしています。カメラは愛子の苦しげな顔を震えるお尻の穴を交互に映しています。

なんだかわからないけれど、僕もすごく興奮してしまいました。ちょっとでも動かすと出てしまいそうなので、もう握っているだけなんですが、それでもちんちんの先から汁がにじんでいます。

しばらくして、兵隊さんが愛子を縛り付けているベルトを外し、左右から腕をつかむと、他の部屋へと連れて行きました。もちろんカメラもそれを追います。
広い部屋に愛子は連れていかれます。その周りにはたくさんの人がいました。共和国で一番偉い鈴木将軍もいました。

部屋の真ん中には、変なものがありました。大きなガラスの箱で中には階段があります。愛子はそのガラスの箱の中に入れられました。しばらく愛子はそこで呆然としていましたが、やがて、階段を上り始めました。腕を背中の後で縛られているので、上るのにバランスを崩しそうでした。その時、愛子のお腹が大きく膨れてるのに気づきました。液がいっぱいお腹の中に入っているからです。そのせいで、愛子はお腹が苦しいのでしょう。脚もブルブルと震えています。

階段を上り終えて、その頂上で愛子は困った顔をしながらつっ立っていました。そこにはガラスでできた便器がありました。女トイレとか、男がうんちをする個室にある便器です。それも座るタイプじゃなくて、しゃがんで股を開くタイプ。

その時に、僕は愛子はうんちを我慢しているのだと初めてわかりました。お尻に液を注射されて、うんちがしたくてたまらなくなっているのです。

そして、ここが愛子のトイレ。つまり、愛子はこれからたくさんの人が見ている前で、全国中継されながら、うんちをしなければならないのです。

女の人が、うんちをするところなんて、見たことがありません。男だろうと女だろうと、そんな汚いところを人に見せるなんてことは、ありえないはずです。

でも、僕はその時、この綺麗な女の人が、どんな風にうんちをするんだろうと、すごく興味を持ってしまいました。

そしてすごく恥ずかしいだろうなぁ、と愛子の気持ちになりました。

愛子はしばらくそこでつっ立っていましたが、やがて決心したような顔になって、便器をまたいでしゃがみ込みました。カメラは下からも撮っているので、愛子のまんこが丸見えになりました。さらに後ろからのカメラは、ブルブルと震えている愛子のお尻の穴をアップで映しだしています。それはとても可愛らしい窄まりで、とてもそこから汚いうんちが出てくるなんて考えられません。

やっぱり恥ずかしいのでしょう。愛子はそこにしゃがみ込んでからも我慢していたみたいです。震えながらも、苦しそうな顔で耐えています。

「ああっ、いやぁっ、見ないで、見ないでっ!」

そう叫ぶと同時に、愛子のお尻の穴がバッと口を開きました。そしてすごいおならの音と共に勢いよく水が噴き出しました。オシッコよりも、すごい勢いです。そして、その水はだんだん汚い色になっていって、それから、またすごい音がして、今度は大きなうんちが飛び出しました。

「見ないで、見ないで!」

愛子はそう叫びながら泣きじゃくっていました。頭をぶんぶん振っています。

それからドボドボと音を立てて、いっぱい出ました。汚いと思いつつ、僕は画面から目を離すことが出来ませんでした。

それはいつまでも続いたような気がします。全部出し終わったらしい愛子は、便器の上でガクッと倒れてしまいました。ガラスの箱を取り囲んでいる観客たちは大笑いしています。鈴木将軍も拍手をしていました。


翌日の学校では、愛子のうんちのことで持ちきりでした。

「きったねぇよなぁ。おれ、チャンネル変えちゃったよ」
「もう愛子なんて見られないよ、うんこ女だよな。ばっちいよ」
「だよな、おれもそう思う」

愛子が出した時、しごかないのに、射精してしまったことは内緒にしました。

その後も番組は続きましたが、あの日を境に、愛子はなんだかおとなしくなり、どんどんいやらしくなっていきました。喜んで兵隊さんのちんちんを咥えたり、自分からセックスしてくれと言ったりしてました。

最後のほうは、なんか頭のおかしい人みたいになって、「ちんぽちんぽ」とか言うようになって、怖くなったので僕は観なくなりました。

「北村愛子って、鈴木将軍に逆らった悪い奴だから、ああやっておしおきされてたんだぜ。でも、もう狂っちゃったから、中継するの止めたらしいぜ」

清志が得意気にそんなことを言っていましたが、その頃はもう僕は変態女の愛子よりも、隣のクラスの詩織ちゃんのほうが気になっていました。でも、詩織ちゃんも、愛子みたいなことするのかな……。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女」発売!!


『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』

監督: 小林電人
発売: 2011年8月25日
定価: 5.250円(税込)
品番: Dj-008
メーカー: 小林電人

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

官能小説家・小林電人、最新監督AV『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』の魅力を語る!

官能小説家・小林電人、最新監督AV『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか 』の魅力を語る!

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 | 
11.12.26更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |