本家三行広告 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
注目の大型官能小説連載 毎週木曜日更新!
ニュースタイル・平安エロティカル曼荼羅
New Style Heian Erotical Mandara [Kouchu no hitoya]
艶めかしき人外の化生に魅せられた侍が堕ちていく魔的なエクスタシーの奈落――。今昔物語の一編を題材にとり、深き闇の中で紡がれる妖と美の競演を描くニュースタイル・平安エロティカル曼荼羅。期待の新人作家・上諏訪カヤハと絵師・大往生ジダラクのカップリングで贈る会心のアブノーマル・ノベル!!
 | 
【6】人に知られざりし……

ある日、ついに吉丸はうっかり昼前まで寝過ごしてしまった。格子を上げて外を見てみると、すでに中天近くまで上った太陽が道を突き刺すように照りつけている。血の気が引いた。急いで屋敷に向かおうと慌てて小袖に腕を通す。何と言い訳したらいいのか考えると気が重くなった。

「そんなに焦らなくても、もういっそ、ずっとこちらにいらっしゃればよいではありませんか。ここにはここで、吉丸さまが生きていくすべはございますもの」

焦燥と消沈の間をせわしなく行き来しながら身支度を整える吉丸に、一緒に目を覚ました阿夜はあくびをしながら暢気な声を掛けた。多少の遠慮はしているが、しいてかみ殺す気もなさそうなあくびである。吉丸はいつも早朝には家を出るが、阿夜は昼頃まで寝て、午後になってやっと動き出すのだと本人が言っていたことがあった。彼女にとってはこれがいつもの起床時間なのだろう。

「生きていく、すべ?」

吉丸は袴の紐を結ぶ手を思わず止めて問い返した。今の勤めが嫌なわけではないが、ここで阿夜と暮らしていく方法があるというのなら、どんなことなのか知りたい。

「まぁ、まずは朝餉に致しましょう」

阿夜は吉丸とは対照的に、あくまでものんびりとしていた。すべというのが気になった吉丸は仕方なく残ることにした。彼は気もそぞろに、運ばれてきた粥を口にした。

だが、食事を始めても阿夜がそれについて何かを話し出す様子はなかった。ついにいてもたってもいられなくなった吉丸は、強い口調で質問を投げかけた。

「申し上げる前に、いろいろと準備がいるのです。もう少しお待ちいただけませんか」
「準備だと? 仕事の内容を言うだけなのに、いったいどんな準備が必要だというのだ」

吉丸には阿夜が言っていることの意味がまったくわからなかった。しかし、埒があかないと腹を立ててここを飛び出すことをしない以上は、黙ってそれを待つしかない。好奇心に抗うことができず、吉丸はとうとう今日は屋敷には戻らない腹を決めた。どうせすでに半日は潰してしまったのだ。

食事が終わると以前のように女房や下男が部屋に入ってきて膳を片付け、丁寧に掃除をし、また出て行った。阿夜は去っていく女房を呼び止めて何かそっと囁いたが、何と言っているかまではわからなかった。

そのまま、時がゆるゆると過ぎていった。阿夜はずっと磨き上げられた紫檀の脇息(きょうそく)に肘をもたせかけてうとうととしている。準備とやらが進んでいるのか気になって仕方がない吉丸は何度も声を掛けたが、阿夜は生返事をするばかりでとても話にならなかった。

ついに表の日差しが傾き始めてきた。道々を優しく撫でるような穏やかな斜陽が煙った後、風景は徐々に黄昏の中に溶け込んでいった。吉丸はすっかり退屈して、いつしか自分もまどろみの淵を浮きつ沈みつしていたが、ふと目を覚ますと隣にいたはずの阿夜がいない。

「阿夜」

いつの間にか部屋はずいぶん暗くなっていた。ひと刷毛ひと刷毛墨が重ね塗られていくように、闇が濃さを増していく。名を呼んでも返事のない静寂に、吉丸は子供時代、昼寝から覚めて近くに母がいなかった時のことを思い出した。寂しいという気持ちといとしいという気持ちは近いところにあるのかもしれないと、吉丸はふと思った。

板敷きを軋ませて、誰かがこちらにやってくる音がした。近くに無造作に置いたままにしていた太刀を素早く手に取り、目釘を唾で湿らせてすぐに抜けるようにする。気構えすぎかとも思ったが、昼から夜の間、この家で何が起こっているのか吉丸は何も知らない。用心するに越したことはないと思ってしまうのは侍の性(さが)だ。

足音は部屋の手前で止み、同時に遣戸がさっと開いた。そこには、烏帽子をかぶった男の影があった。小柄でほっそりとした背格好をしている。少年だろうか。吉丸は太刀の柄から手を離さずに男の影を睨みつけた。肌がたいそう白いらしく、衣服に包まれていない部分が薄闇にほのかに浮いていた。が、夜陰が深まりつつある上に燈台も灯っていないので、どんな顔かたちの何者なのかまでは識別することができない。わかるのは、どうやら柿渋色らしい水干を着ているようだということ程度だった。

柄を握る指に力を込めると、影は急に、聞き覚えのある鈴を鳴らしたような声で笑い出した。吉丸は呆気にとられて目を丸く見開いた。

「阿夜……なのか?」

影は笑いながら吉丸のほうにゆっくりと近づいてきた。次第に輪郭がはっきりしてきて、数秒も経たないうちに、それは阿夜の姿になった。

だが、普段目にしている阿夜とは、だいぶ様子が違う。

「なぜ男の形(なり)などしているのだ」

阿夜は完璧に男装していた。安堵と驚き、どちらにも振り切れない心情が吉丸の声を上ずらせる。

「好きなんです、こういうのが」

にっこり、とだけいうには含むところがありすぎるように見える阿夜の笑顔が薄暗がりの中に映えた。男装ながらも口に紅だけは塗っており、喋ると、真紅の牡丹が夜霧に霞みながら開くかのように悩ましげだった。

「そんな答えがあるか。わけがわからんぞ」

吉丸は太刀の柄から手を放し、決まりが悪そうに頭をぼりぼり掻きながら不貞腐れたように言った。相手が阿夜だとわかって落ち着くと、先ほど必要以上に警戒を見せたことが急に気恥ずかしくなった。

「それ以外に理由なんてないんですから、仕方ありますまい」

阿夜は引き締まった瞳孔で、吉丸を一直線に見つめていた。

「お前はそういう変わった業の元に生まれたのであろうと、あるお坊様に言われたことがあります」

阿夜がそう言い添えると、二人の間は、何か消化の悪いような沈黙で満たされた。

どこからか牛飼童が牛を叱咤する高い声が届いてきた。乗っている主も童も、すっかり暗くなってしまう前に早く帰りたいのだろう。それが過ぎると、もう往来からは何も聞こえなくなった。

「俺がお前と出会ってしまったのも、きっと業なのだろうなぁ」

沈黙に居心地の悪さを感じ始めて、吉丸は自嘲まじりの溜息を吐き出した。業といったら大袈裟かもしれないが、阿夜には目には見えない蜘蛛の糸のような細いもので、これまでの価値観だとか嗜好だとかいうものを巧妙に絡め取られてしまったような気がずっとしていた。

「そう思っていただいているのでしたら、話が早いですわ」

阿夜はすかさず返した。

「なに?」
「私たちが浅からぬ仲になって、今、こうやって顔を突き合わせているのも、きっと前世から背負っている業でございましょう。私たちは、生きるも死ぬも、もう離れられないに違いありません」

何を世迷言をと笑い飛ばしたくなる気持ちはあったが、すっかり立ちこめた闇が息をするたびに喉元に粘っこく絡みつくようで、なぜかそれを言葉にすることはできなかった。かわりに、

「一蓮托生か」

そんな仏の言葉が、ふと口を突いて出た。

まだ上がったままの格子の外から今宵最初の夜風が忍び入ってきて、くちなしが清冽に香った。昼間は夏の日差しが地上をカラリと乾かすが、夜になると天界の下には湿気が溜まり、それとともに匂いや思いといった目には見えないものが充満していくように思えた。

阿夜はくるりと踵を返すと、

「こちらへ」

と、入ってきた遣戸に手を掛けた。

訝りながらも阿夜についていくと、小さな庭に離れがあった。入り口はすでに開け放されている。阿夜に続いて吉丸も中に入った。

畳四畳ぶんほどにも満たない部屋にはすでに燈台が灯っていた。古びてはいるが豪華な漆や金塗りの櫃や几帳、脇息や屏風などが、並べられて、というよりは押し込まれており、灯の揺らぎにほの明るくその姿を浮かび上がらせていた。

だが、吉丸が最初に目を奪われたのは、部屋の真ん中で不吉な黒ずみ方をして四方を睥睨するかのような存在感を放っている磔台だった。それもただ磔にするだけでなく、罪人の手足を括りつけ、背中や臀部を剥き出しにして苔(むち)や杖を打つためのものである。市で見せしめとしてこれに括りつけられ、罰を受ける罪人の姿を吉丸はこれまで何度も見てきた。

このようなものをなぜ置いているのか。そして、阿夜はなぜ自分をここに連れてきたのか。何だか悪い予感がした。何も考えず次々突っ込まれた感のある他の調度品に対して、磔台はどう見ても「使いやすそうな」位置に置かれている。

立ちすくんだ吉丸の後ろで、阿夜が錠を掛ける音がした。

「怖いですか」

阿夜は訊いた。何が、とは言わない。

怖いなどと答えられるわけがなかった。

「まさか」

短く返すと、阿夜は

「それでは」

と、吉丸の着物を脱がせ、あっという間に磔にしてしまった。髪は荒縄でまとめて留められた。

――おい、妙に慣れた手つきじゃないか。

怪しく思ったが、尋ねることはできなかった。阿夜はあらゆる「なぜ」を断固として拒否する空気を紗の薄衣のように纏っている。阿夜と二人で居続けるために何をしなければいけないのか今はわからないが、おそらくこれからも、何か暗鬱とした秘密の上に張られた細く脆い綱を、下の暗がりを見ぬふりして渡っていかねばならないことはあるのだろうと、吉丸は思った。

(続く)

上諏訪カヤハ フェティシズムと日本史と妖怪・人外と幻想文学をこよなく愛しすぎて、 全部足さずにはいられなくなった水瓶座・A型。 好きな歴史上の人物は世阿弥。
上諏訪カヤハ公式ブログ「上諏訪山→」
Twitter

大往生ジダラク 2010年より少しずつ活動開始した新米絵描きです。1988年生まれ。和モノ怪奇モノ大好物です、座右の銘は【いやらしければなんでもいいわ!】です、宜しくお願いいたします。
大往生ジダラク公式サイト=「大往生のジダラク生活」
 | 
10.08.12更新 | WEBスナイパー  >  口中の獄
文=上諏訪純 | 絵=常春 |