本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
超A感覚読本
大肛門狂綺談 第25回 お尻の学校【1】 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!


大肛門狂綺談

文 横田猛雄
絵 伊集院貴子

第25回 お尻の学校【1】


「ええもん見せたるで」というお姉さんの言葉に誘われてお姉さんの家へ行った猛ちゃん。家を覗くとそこにはびっくりするような光景が待っていました。何とお腹の大きな若いお嫁さんがお姉さんの指でお尻の穴を……。これは猛ちゃんも参加しない訳にはいきません。
 | 

吠えてきたがや

私の足元に正座した酒屋のお姉さんは、両方の掌に私のチンチンを捧げるように包み込んで、

「ほんまに見事なもんやなあ、『お局はたった四五寸不足なり」

て昔の川柳にあるけど、日本人の男の大人のチンボの大きさは大体四寸から五寸くらいやでいうことやで、うちの主人のは十三センチ六ミリやで昔でいったら四寸五分やでまあ平均くらいやと思うとったけど、この子のは桁が違うわ、二十センチはあるのやないの?惚れ惚れする立派なチンボやんか、世の中にこんな凄いもんがあるで、話では聞くけど冗談やとばっかり思うとったけど、えらいもんやなあ、ほんまにあったんや……、それもこんな身近な所に……」

と感慨を込めて言いました。
お姉さん達に両側からこうやってチンチンをさわられたり見られたりするのは、とても気持ちがいいのですが、今日はいつもと違って真っ昼間で、こんなことをしている時に不意に誰かがやってきたら……と思うと、私は気が気でありません。

「お姉さん人が来たらかなんが、どうしよう?」

と言うと、お姉さんは落ち着いたもので、

「猛ちゃんそんな事心配せんでもええ、そのために今日はお姉ちゃんはちゃんと服着たままおるから、人か来たらあんたらは物言わんと静かにしとったらええのや、お客さん来ても入リロで早う帰ってもらうようにしたるさかい……」

と言うのです。
さすが頭のいいお姉さんです。
これなら安心です。
安心と分かれば現金なもので、私のチンチンはほぼ水平に捧げられた酒屋のお姉さんの手の上で、生きのいい鯉がはねるように、ピクンピクンと四十五度斜め上にはねるように首を振り、先端部が紅味を増し、そこの縦の割れ目からトローリトローリと透明な涎を垂らし始めました。
もっとも障子の外から覗いていた時から涎は出ていたのですが、それは一滴でパンツを濡らしてヌルヌルしていたのですが、今こうやってお姉さん達の掌の上でもてあそばれることによって確かな反応を示し始めたのです。
このあたりでは男のチンボかピンピンに立って脈打ってくることを、

「吠える」

とか

「吠えてきた」

と言いますが、正に今私のそれは吠えてきたのです。
お姉さんたちも

「わあ、吠えてきた……」

と歓声を挙げました。

※後になって大学生時代に読んだ澁澤龍彦訳のマルキ・ド・サドの一連の著作で、澁澤はペニスのエレクトした様を、『おえる』とか『おえ立つ』と表現しています。

トマトのように紅のさした、艶光りする大きな先端の小さなロからトロー、トローと湧く涎を掌に受けたお姉さんは、

「猛ちゃんは手で触ったると、涎一杯出すでクリーム要らへんよ、これ塗るとよう滑るで……」

と言ってその掌を背後から酒屋のお姉さんのお尻の間に、まるで花畑の土に差し込む小さなスコップのように差し入れ、手首をひねりながらお尻の溝を擦り始めたのです。

(続く)

横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.09.15更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校