ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
大肛門大学 第9講 大型スポイト製作【3】
 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第9講 大型スポイト製作【3】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
忙しい世の中、「ゆとり」をとり戻すために余暇をもっと楽しもうというのが現代の世界の風潮です。かといって不景気の最近ですから、金のかからぬ余暇の楽しみ方が一番ですね。「浣腸」こそがお尻派の皆様にとって最高の余暇の楽しみ方です。
前回に戻る 目次に戻る
 | 

第三課 ビデノンの化け物

この形、昭和三十年代に出現した、太陽医療器具製の「ビデノン」という名の携帯用膣洗滌器と全く同じ、つまり大型スポイトになるのです。

昭和四十年頃、女性の生理処理と避妊のための洗滌用のこのビデノンのアメリカ版ともいうべき化け物が海を渡って来日しました。

それは従来の国産品の細い嘴管や常識的なかわいい大きさと違って、何とまあ怒張したあちらの男性そのものの、つまり日本では猛ちゃんこと私のもののイキリ立った時のと同じくらいの太くて長く、その上深く反った嘴管が付いた巨大なもので、東京は銀座の、今、イエナという洋書店のあるビルの一階の、西側道路に面したショウウインドウに鎮座して、当時週刊誌にも大きく紹介されて、大変な話題になったものです。

これの愛用者としての肯定派の某女史は、この器具を激賞し、

「これを使えば膣内を完全に清潔に洗えるので、非常に衛生的に優れたもので、さすがは先進国欧米の女性の器具だ、欧米では未婚の処女もこれで生理の処理をしているからとても清潔だ、自分もアメリカ滞在中にこれを使う習慣をつけたが、もう重宝していて、今ではこれ無しではいられない、日本の全女性におすすめします」

と言っていました。
これに対して、別の某女性評論家は、

「こんな巨大な、日本男性の平均値よりはるかに長大な筒を、未婚の女性にも使えと言うのは狂気の沙汰だ、欧米人女性がビデをよく使うのは、湿度の高い日本と違って、空気が乾燥した土地柄、毎日入浴する習慣が無いので、性器を清潔にするためにビデ(浣滌器)が必要なのであり、毎日入俗する日本人には、そんなものはあえて必要では無い、その上、あまり過度に洗滌すると、膣内に生息する有用菌まで流し出してしまうので、自浄作用が損われることによって、健康のためのバランスが崩れるから、体のためには良くない」

と言っていました(私はこちらを正論だと思います)。

それにしてもバナナみたいに太くて長くて反りのある筒に、メロンくらいの大きなゴム球(袋)の着いた凄物です。
あんなのを未婚女性が使ったら大変です。
それでゴム球を押したらザブザブガボガボのダラダラで大洪水となり子宮までとび出してしまいます。

大事のオメさんが蟇口みたいにバクンバクンになったら何とするんでしょう。
某女史はきっとアメリカで男に相手にされなくて毎日これを自分で突っ込んでガバガバの太平洋になってしまっているのではないでしょうか。

あるいは在米中、公衆便所のようにあちらの男に毎晩散々に抜かれて、そのための避妊用に重宝したのかも知れません。
そうであれば彼女こそは誠に立脈な日米友好の天使で、今流行りのイエローキャブの元祖ということになりましょう。

開明的で発展的な世界人の彼女です。
きっとあの洗滌器をケッツの穴にも愛用していることと思われます。

暗殺されたあの国の故K大統領夫人は、そのハンドバッグの中にいつもワセリンのチュウブ入りを常備していることがよく知られ、未亡人となった彼女が、妊娠の心配を全く考えなくて、充分に性のエクスタシーを味わいつくすために、肛門での男性との交合を愛好し、盛んに発展していたことは、日米両国の週刊誌やマスコミに一時大きく取り上げられたことがありましたが、三和出版の『カルテ通信』に、在米経験のある女性が投稿していましたが、欧米の女性は少女でもすでに膣が広大で、そのため男の物が充分硬くなくても挿入が可能で、男性の方からするとそれでは摩擦が少ないので快感が得られにくく、肛門に挿入すると、そちらの方がよく締まっているので、自然に肛門の方に興味が行くのだそうで、あちらの女性の肛門が丁度日本女性の膣と同じくらいの広さだということです。

某女史も初めは狭くよく締まるので、沢山の男にやられたのでしょうが、休みなしでガバガバになったら、ひっくり返してケッツの穴を串刺しにされたであろうことは間違いありません。
ケッツの穴の奥へ射精されたのは妊娠の心配はありませんから、より大胆にエクスタシーにひたれますから。
先の某未亡人も避妊と快楽の両徳を考えて盛んに男にケッツの穴を犯させたのです。

直腸から吸収される精液には、女を色っぽくさせるフェロモンという物質が含まれているそうですから(若妻が美しいのはそのフェロモンの作用によることが知られています。

前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.12.09更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校